働く女性の、共働き婚を応援する画期的な婚活サービス『キャリ婚』/川崎貴子・金沢悦子インタビュー

【この記事のキーワード】

なぜ「女性が選ぶ」方式なのか

キャリ婚

価値観のマッチする相手と出会いたいですよね/キャリ婚

――女性側の登録も始まって。

金沢 まずはベータ版の段階で、女性は100人限定の会員募集だったのですが、数日で埋まりましたね。

――ということは、男性の方が人数が多いんですね。

金沢 女性からお金をいただくサイトなので、女性に手厚くはなっています。

――女性はベータ版で7560円/2カ月。その他の費用は?

川崎 正式版リリースの際には入会金が発生します。ただベータ版に限っては入会金は発生しません。また、成婚時にお金をいただくということもありません。

――なぜ、「女性が選ぶ」方式に?

川崎 私たちは、女性が選んだ方が良いマッチングが生まれると思ってるんですよ。女性がプロフィールだけで「モテよう」と思ったら、男ウケすることなんていくらでも書けちゃうじゃないですか。「料理が趣味です、生け花習ってます、28歳普通のOLです」とか書くと、普通の婚活サイトでは男性から初回デートの申し込みが殺到します。セグメント的には、最大公約数の男性にウケることを女性が書けばわーっと群がられるので、女性の承認欲求は満たされるんですよ。私モテてる、みたいに錯覚できる。
でも、自分のパートナーはどういう人がいいのか、どういう結婚をしたいのか、どういう人と一緒にいると幸せになれるのか、っていうことを考えないで、「モテてる!」って錯覚に振り回されちゃうことも多い。女性の直感的な視点を侮らないで研ぎ澄ませて欲しいんです。
もうひとつ、男の人って「可愛い女性がいい」とか言いますけど、でも、「顔はタイプじゃないけどオッパイが大きくていいな」とか「理想より太っているけどカワイイな」とか、“女性の好み”にある程度、多様性があるというか。でも女の人って、男性が10人並んでいたらそのうち8名くらいは「生理的に無理」と瞬間的に判断する。逆に、男性は10名の女性がいたら8人くらいは「生理的に無理とは思わない」。許容範囲がそもそも違う。だから先に女性が選んだほうが、一気に対象を絞ることが出来てマッチング率が上がると思っています。

金沢 だから男性は無料、女性は有料。女性会員には、恋愛相談や質問を受け付けてその回答コラムをメルマガ配信するなどのサービスもおこないます。

川崎 恋愛を学ぶというか、自分の感覚を研ぎ澄ませて自分から意中の相手に向かっていくっていうことを、女性がちゃんと出来るようになってほしいので。いわゆる、頭が良くて仕事ができて常識のある素直な女性でも、恋愛ではしくじっちゃったり、挙動不審になっちゃったりっていう方が大勢いらっしゃって、それは非常に勿体ないなと、サバトをやっていて思うんです。女性には「キャリ婚」を使うことによって、能動的に動いて自分からアクションを起こすようになってほしいですね。お誘い待ちの姿勢じゃなくて。もちろん最初の目的は、女性たちにとって安全な婚活場を作りたいっていうものですけど、その裏には、自己開示も含めて、自分の幸せは自分で見つけるんだよっていう、独身女性へのメッセージがあります。
積極的に口説いてもらったからとか、スペックが高い人に言い寄られたから結婚……ってふうに人生流されるんじゃなくて、この人と私は本当に相性がいいのか、夫として一緒に幸せを作っていってくれる人かどうかを見る目を、女性は自分で責任持って養わなければなりません。「キャリ婚」は、そういう場であってほしいと思っています。

――口説かれ待ちの女性は、身の回りでも多い印象があります。

川崎 「彼がなかなかプロポーズしてくれない」とか。

――「してくれない」っていう言い方がもう、おかしいと思うんですよね。

川崎 ね、いいんですよ、結婚したいって思った方が結婚しようって言えば。私も現夫には自分からプロポーズしてますからね。ダイヤのピアスを贈ってね。でも、それもうちの夫が「ちゃんとしてほしい」って言ったからですよ。私はどっちかというと扶養家族が増えるし、バツ2になるのもいやだし、同棲して家事育児を担当してもらえるこのままの関係が都合がいいなぁと思ってたんですけど(苦笑)、「そろそろちゃんとしてほしい」って言ったから、そりゃそうですよねぇって。

――川崎さんのケースは、妻が収入面の大黒柱で夫が家庭内のことをやられる。しかしそんなに稼げる女性も多くはありません。「キャリ婚」は、そんなに年収が高くない女性でもいいんですか? あるいは非正規社員でも。

川崎・金沢 もちろんです。

――先ほど高収入の男性たちが登録しているという話があったので、それに吊り合うような立派なキャリアで多く稼ぐ女性じゃないとうまくいかないのかな……みたいな気持ちになってしまう普通の働く独身女性もいらっしゃるかなと。

川崎 思いのほか高年収帯男性も多かったな、っていうだけなので、あまり構えずに。中間層の男性はまだ登録が増えていくと思いますし。それに彼らはパートナー女性について、「派遣社員でも契約社員でもいいんです。とにかく自分の仕事に誇りを持っている人は尊敬できる」って、口を揃えて言います。

金沢 「バリキャリ女性じゃなきゃイヤです」っていうことではなくて、何なら仕事でなくても、ボランティアでも、何か夢や目標に向かって努力している女性に惹かれるという男性登録者は本当に多いですね。

川崎 ただ、女性会員についても、フリーランスだろうと自営業だろうと何でもいいんですけど、定職に就いていることを登録基準にはしています。

1 2 3 4

「働く女性の、共働き婚を応援する画期的な婚活サービス『キャリ婚』/川崎貴子・金沢悦子インタビュー」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。