シェイクスピア劇の魅惑のヒロイン、無限に変化する女王クレオパトラ

【この記事のキーワード】
クレオパトラに扮したフランスの大女優、サラ・ベルナール

クレオパトラに扮したフランスの大女優、サラ・ベルナール

私が信用するのは私の決意とこの手だけ[。]
(ウィリアム・シェイクスピア『アントニーとクレオパトラ』、小田島雄志訳、白水社、2001、第4幕第15場51行目)

 前回は「読書会に理屈っぽい男は邪魔? 女性の連帯を強める読書会の歴史を探る」で性格批評、あるいはキャラクター批評と呼ばれている手法をご紹介しました。今回はウィリアム・シェイクスピア没後400周年記念の年である2016年最後の連載ですし、私が最も気に行っているシェイクスピアのキャラクターについて書いてみたいと思います。『アントニーとクレオパトラ』(Antony and Cleopatra)のヒロインである古代エジプトの女王、クレオパトラです。

異色のヒロイン

 『アントニーとクレオパトラ』は、エジプト女王クレオパトラとローマの三頭政治の一角であるマーク・アントニー(これは英語式で、ラテン語表記ではマルクス・アントニウス)の恋と政治的駆け引きを描いた悲劇です。2人は同じく三頭政治の一角オクテーヴィアス・シーザー(のちのアウグストゥス)との政治闘争に敗れ、自殺することになります。全体を彩る華麗で詩的な台詞が特徴の作品です。

 冒頭の引用からわかるように、この作品のクレオパトラは自分を信じて古代の政界をサバイバルしてきた極めてスケールの大きい女性です。政治家であり、恋する女であり、母でもあります。エジプト女王として国を治める一方、アントニーの前にはジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル)やポンペイ(ポンペイウス)など、権力も器も並外れたローマの男たちと愛し合ってきました。クレオパトラについて、アントニーの臣下であるイノバーバスは「年齢もその容色をむしばみえず、かさねる逢瀬も/その無限の変化を古びさせえぬ女」(第2幕第2場245–246行目)と言っていますが、この「無限の変化」(‘infinite variety’)はクレオパトラの性格を最もよく示す言葉であるとともに、シェイクスピアの作風自体をも一言で表す言葉として有名です。

クレオパトラはシェイクスピア劇の中では異色のヒロインです。以前連載で触れた『十二夜』のヴァイオラのように、シェイクスピア劇ではセクシーというよりは若々しくて若干少年っぽいヒロインが活躍しますが、クレオパトラはこうした乙女たちとは全く異なる成熟したセクシーな中年女性です。シェイクスピアの時代のイングランドでは婚前性交渉や婚外性交渉をした女性に対してひどい差別があり、夫以外の男性とセックスした女性は売春を職業にしているかどうかにかかわらず‘whore’(娼婦)と呼ばれて社会的に排撃されていました。正式に結婚していないアントニーと内縁関係を続け、当時のイングランド、及び劇中の古代ローマ世界においては性道徳の面で許しがたい行動をとっているにも関わらず、自信に満ちた人間味豊かな女性として描かれているクレオパトラは、シェイクスピア劇の中でも特異な女性です。イノバーバスは「どんな卑しいものも女王にあっては美しく見えるのだ。/聖職者も女王のふしだらには祝福せずにはいられまい」(第2幕第2場248–250行目)と言っていますが、女性に対するダブルスタンダードやお堅い性道徳を超越した規格外のヒロインがクレオパトラなのです。

政治ものの悪女から全裸美女へ

 クレオパトラは古代から文芸の主題として人気がありました。しかしながらアッピアノス『内乱記』などの古代文献で描かれるクレオパトラはあまり良い女性ではありません。アントニーとクレオパトラはローマに戦争を仕掛けたわけですから、クレオパトラに対するローマ人の印象は悪く、さらに政治の場で活躍する女性に対する偏見もあいまって、クレオパトラは残虐で淫乱、政治的野心満々の悪女というイメージが主流でした。シェイクスピアが種本にしたプルタルコス『英雄伝』などをはじめとする歴史書やホラティウス『歌章』第1巻第37歌などの詩では少々複雑なクレオパトラ像が描かれていますが、関心は主に政治的な文脈にあり、恋愛にはそこまで重点が置かれていません。

 一方、中世に入るとクレオパトラはすっかり恋物語のヒロインとなっていきます。チョーサーの『善女物語』(The Legend of Good Women)第1歌に登場するクレオパトラは恋に殉じる情熱の女です。「全裸で」(696行目)毒蛇のもとに向かうなどやたら性的な描写がある一方、あまり政治には関心が払われていません。この恋する美女という描写は初期近代、シェイクスピアの同時代の作家にも共有されており、例えば女性作家であるメアリ・シドニーはロベール・ガルニエが1578年に発表したフランス語の戯曲『マルク・アントワーヌ』の英訳を1592年に出版していますが、この作品のクレオパトラは「あまりに麗しい我がかんばせ(顔)のせいで私の境遇は惨めになってしまった」(第2幕437行目)と「美人すぎて困っちゃう」みたいな発言をし、最後は愛するアントニーを追って死んでゆく愛の女です。

 こんな中で登場した『アントニーとクレオパトラ』のクレオパトラは、古代の政治的文脈とルネサンスの恋愛指向を統合したような重層的なキャラクターです。シェイクスピアのクレオパトラは、自分は「女王」(第1幕第1場30行目、第1幕第3場25行目)なのだから、と常に口にしており、政治家らしく振る舞います。アントニーにはローマの使者に会うようすすめますし(第1幕第1場48行目)、戦争には自ら出陣し(第3幕第7場)、使者を通じてオクテーヴィアスと交渉を試み(第3幕第13場)、敗戦後もエジプトを存続させようと精一杯努力します(第5幕第2場18-21行目)。結局は敗北してしまいますが、それでもクレオパトラはある種の偉大さと有能さを持った政治家です。美貌と魅力については自信満々で、他の作品のクレオパトラのように美ゆえの不幸を嘆くどころか、最後まで完璧に美しい姿で死のうと決意しています。アントニーに対する愛の真摯さ、情熱については演出によって表現が変わりますが、自殺する前のクレオパトラが亡きアントニーを「大海原」「世界の頂を飾る虹」「天井の音楽」などにたとえ、「あの人の楽しむさまは、水を切る/イルカのように、水のなかに生きながら、歓楽の波間に/姿を没し去ることはなかった」(第5幕第2場81–89行目)と在りし日の激しくかつ高貴な恋の歓びを語る追悼の辞は、この戯曲の中でも最も劇的なセリフのひとつです。

クレオパトラ再評価

 ところが、こんな複雑な女性であるはずのクレオパトラは、批評の歴史においてはずいぶん色眼鏡で見られてきました。1664年に初めて本格的なシェイクスピア批評と言えるものを刊行した有名な作家・哲学者で女性であるマーガレット・キャヴェンディシュはクレオパトラがお気に入りで、「シェイクスピアは男から女に変身していたのではと思うほどです。というのも、シェイクスピアが描いたよりもクレオパトラを上手く描写できる人なんているでしょうか?」(Sociable Letters, Letter 123)とべた褒めしています。ところがその後の雲行きは怪しく、シェイクスピアのクレオパトラは「永遠の女性」 (スウィンバーン、p. 188–189)などと呼ばれて政治家的側面を剥奪されつつやたら理想化されたり、逆に男性を誘惑する野心的なファム・ファタルとしてケチをつけられたりしていました。

 しかしながら1977年にリンダ・T・フィッツは「エジプト女王と男性批評家-『アントニーとクレオパトラ』批評における性差別的態度」(‘Egyptian Queens and Male Reviewers: Sexist Attitudes in “Antony and Cleopatra” Criticism’)というそのものずばりのタイトルの論文を発表し、批評家がアントニーに比べてクレオパトラにずいぶん不公平な態度でのぞんでおり、とくに政治と性についてダブルスタンダードな解釈をしている例が多数あることを指摘しました。この論文は影響力があり、これ以降『アントニーとクレオパトラ』におけるクレオパトラ像に対する評価は以前より深いものになってきていると思います。

 もちろん、クレオパトラは完璧なロールモデルというわけではありません。欠点もあれば失敗もする女性です。BBCのこちらこちらの記事では、若い女性に見習って欲しいシェイクスピアのヒロインとしてクレオパトラがあげられていますが、さすがに十代の女性のロールモデルにするには、頭も色気も身分も財産もずば抜けていてたいていの男性より一枚上手、不倫や汚い政治的駆け引きもへっちゃらのクレオパトラはオトナすぎておすすめできないのでは……と思います。しかしながら、クレオパトラが飛び抜けて舞台で魅力的なヒロインであることにかわりはありません。機会があれば、是非アントニー(あまり触れられませんでしたが、アントニーも大変セクシーな中年男性キャラクターです!)とクレオパトラの世界を股にかけた不倫を舞台で楽しんで頂きたいと思います。

参考文献一覧

※この記事は著者の既刊の学術論文である「イギリス・ルネサンスにおける「クレオパトラ文学」-シェイクスピアのクレオパトラとその姉妹たち」『超域文化科学紀要』14(2009):
69–87、‘A Kiss as an Erotic Gift from Cleopatra: Gift-Giving in Antony and Cleopatra『武蔵大学人文学会雑誌』46 (2014): 358–427、 ‘The Good, the Bad and the Beautiful: Women Writers’ Difficult Relationships with the ‘Bad Woman’ Character in Antony and Cleopatra’, Cathleen Allyn Conway, ed., Lilith Rising: Perspectives on Evil and the Feminine (Inter-Disciplinary Press, 2016), 29–42をもとにしています。
『アントニーとクレオパトラ』の日本語訳は全てウィリアム・シェイクスピア『アントニーとクレオパトラ』小田島雄志訳(白水社、2001)からの引用であり、原典テクストはWilliam Shakespeare, Antony and Cleopatra, The Arden Shakespeare 3rd Series, John Wilders, ed. (London: Routledge, 1995)を参照しています。
Appian of Alexandria, An Auncient Historie and Exquisite Chronicles of the Romanes Warres, Both Civile and Foren, trans. W. B. (London, 1578).
Margaret Cavendish, Sociable Letters, ed. James Fitzmaurice (Peterborough: Broadview Press, 2004).
Geoffrey Chaucer, Riverside Chaucer, 3rd ed., ed. L. D. Benson (New York: Houghton Mifflin, 1987).
———, Love Visions, trans. B. Stone (London: Penguin, 1983).
Linda T. Fitz, ‘Egyptian Queens and Male Reviewers: Sexist Attitudes in “Antony and Cleopatra” Criticism’, Shakespeare Quarterly 28 (1977): 297–316.
Sarah Hatchuel, Shakespeare and the CleopatraCaesar Intertext: Sequel, Conflation, Remake (Lanham: Fairleigh Dickinson University Press, 2011).
Horace, Odes and Epodes, ed. N. Rudd (Cambridge: Cambridge University Press, 2004).
Lucy Hughes-Hallett, Cleopatra: Queen, Lover, Legend, 2nd ed. (London: Pimlico, 2006).
Pembroke, Mary Sidney Herbert, Countess of, Selected Works of Mary Sidney Herbert, Countess of Pembroke, ed. Margaret P. Hannay, Noel J. Kinnamon and Michael G. Brennan (Tempe: Arizona Center for Medieval and Renaissance Studies, 2005).
Plutarch, Plutarch’s Lives, vol.6. trans. Thomas North (London: Dent, 1898-99).
Algernon Charles Swinburne, A Study of Shakespeare (London: Chatto, 1895).
Marilyn L. Williamson, Infinite Variety: Antony and Cleopatra in Renaissance Drama and Earlier Tradition (Connecticut: Verry, 1974).
メアリー・ヘイマー『クレオパトラという記号―歴史、ポリティクス、表象』正岡和恵、 橋本恵訳(ありな書房、2003)。

「シェイクスピア劇の魅惑のヒロイン、無限に変化する女王クレオパトラ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。