エンタメ

美容整形で鼻を細く高く! レディエッセ注入レポ第二弾、いよいよ施術編

【この記事のキーワード】

いよいよレディエッセ注入へ。まずは鼻の付け根から打ちます。4秒くらいかけてレディエッセがゆっくりと皮膚の中に入っていく……。

鼻根部注入中

鼻根部注入中

 

ボトックスを額に打ったときと近い感触の、「骨を打たれてるかのような感覚」の痛みが来ます。
でも全然耐えられるレベルです。

注射針を抜いて、指で形を少し整えます。

ととのいました~

ととのいました~

 

またすぐ鼻の中心の骨が出てる所に近い箇所に打ちます。
およよ! こっちの方が骨に近い感触が強い!!
ボトックス額打ちのときも思ったけど骨に響く感触が苦手~~!
しかし我慢もつかの間、すぐ注入が終わったのでありがたや~~。

また形を少し整え、次の一打へ。

今度は鼻先に打ちます。稲見先生が鼻先をグッとつまんで、そこへチクッとIN。

鼻先にチューッと注入!

鼻先にチューッと注入!

 

鼻先だと、さっきの感触とはこれまた全然違う!
肉団子に打たれている気分です。骨に響く感はゼロ。鼻先は肉の塊なんですね~~~。

こちらの感覚は「おぉぉ、レディエッセ入ってるなぁ~(渋い顔)」という多少の痛みは感じるものの、痛さのレベルは先ほどよりも全然低いです。
しかもあっさり「はい、終わりましたよ~」と。え! 早い!! もう終わり!? 本当にたったの3打ちでした……あっという間。

ちなみに、どれぐらいの分量を打ったか聞いてみると「0.3ml」だそう。人によって打つ分量は違うそうですが、私の場合はこれ以上打つと「変」の領域になってしまうとの判断で、少なめにしてくださいました。中には0.6ml(私の2倍)を打つ方もいるそうです。ってことは、6打ちか!

このくらいの量だったわけです

このくらいの量だったわけです

 

でも0.3mlと教えてもらっても何の実感もなし(笑)。

起き上がって手鏡で見ると……まぁなんとも自然! だけど、ちゃんと高さが出ているのが自分では分かる~~!

鼻根部の高さが出ると顔の印象ちょっと変わるなぁ~と自分で思いました。顔がクリアーな印象になる感じ。
自分では真横から見れないので、横顔ショットを撮ってもらい確認。

before&after

before&after

真ん中が高くなってて鼻先に向かって下がっていた鼻が、添え木をしたかのように一本筋が通った鼻になっている!
もう波打ってない!

しかも、街で見かける「おぉ、この子プロテーゼがっつり入れてるなぁ!」みたいな主張感もなく、ごくごく自然な鼻筋。う、う、嬉しい~~~!

打った直後、もう痛みはありません。打ちたてで鼻にまだ赤みがありますが、段々とひいていくということなので今後の経過が楽しみです。

▼動画もどうぞ

▼唇へのヒアルロン酸注射レポはこちら

▼エラとおでこへのボトックス注射レポはこちら

▼涙袋へのヒアルロン酸注射レポはこちら

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。