「生理分は優しい男じゃないと結婚したくない」とプロポーズ拒否。自分勝手な男たちの惨めなトピ

【この記事のキーワード】

「会社オーナー、でも、働いてない妻」

 トピ主(男性・年齢不明)は妻と子供の3人暮らし。「投稿に関しては妻と相談の上、内容も2人で共有する予定です」という相談だから、おそらく夫婦で何か口論になり、『じゃあ小町でどっちが正しいか確かめよう!』となったのではないか。

 トピ主の妻は小さな会社を経営しており、トピ主は15年ほど前から妻の会社で働いている。結婚当時は会社員だったのだが、リストラされ、自営を試みるも上手くいかず、妻の会社で働く事になったのだという。妻は結婚当時、専業主婦で本人もそれを望んでいた。しかし当時はまだ子どもがいなかったので時間をもてあますから、とトピ主が自営業を始めた頃に妻も別の仕事を立ち上げたという経緯があるそうだ。

 妊娠時は出産後のことを考え、妻は自分の仕事を他の従業員へ振り分けた。トピ主は妻が出産後に復帰するのかと思いきや、最低限の社長職(週4~5時間位?)を果たすのみで、最近はボランティアに邁進する日々なのだという。

「元々は専業主婦をするという結婚前の約束であったにも関わらず、(結婚当初はパンは全て手作り、家事も手抜きなし)最近は、パンは買ってくる、私や子ども達の弁当にも冷凍食品が入っている始末です。洗濯物も皿洗いも私が手伝わないと終わりません」

 そんな妻の言い分は……。

「はっきり言いたくなかったが、仕事を始めたのはトピ主のリストラ等で将来が不安だったから。トピ主がもう少し安定した仕事を続けていれば私も起業しなくて良かった。ようやくトピ主が最後にリストラされた時の年収に追いついたのだから文句を言わないで欲しい」

 ちなみに年収は夫婦合わせて900~1000万。明細上の給与は、トピ主が600万で妻が300万。

 対するトピ主の言い分は「妻のボランティアは仕事ではなく社長職も名ばかりで働いているとは言えない。専業主婦と変わらないのだから、家事レベルも(専業主婦時代と)同じであるべき」

 さて、どちらの言い分が正しいか? という相談だ。

 まぁ……リストラ後に夫婦揃って別々に自営になったが、ビジネスの才覚があったのは奥さんの方だったのだろう。トピ主の仕事ぶりがどうなのかはわからないが、パンを手作りして欲しいならもう少し妻に尊敬されなければならないのかもしれない。てかトピ主が手作りすればいいんじゃない? 給与明細もおそらく男だからと妻の計らいでトピ主の方が多いのではないかと想像するが。

 コメントはやっぱり、奥さん優勢だった。

「(給与は)奥様の配慮だとおもいますよ。本来でしたら社長職バリバリやりたいでしょう。でもそれではプライドの高い夫の立つ瀬が無いと思って、実務上は一線を引いているように見せているのです。そんなことも解らない?ダメ男だな。じゃあ言いますけど、奥様の事業が無かったらトピ主様は600万の収入をえられるようになっていたの?」(女性の意見)
「トピ主は会社というものを理解してない。働いたらお金が貰える、のは会社員だけです。社長は、他人に働かせてお金を稼ぐ、のが仕事です。経営者の給与は『労働の対価』ではないのよ。奥さんは正しい。間違っているのはトピ主。文句は自分の事業を成功させてから言え」(男性からの意見)
「世間一般の専業主婦がパンを毎回焼いているとは思いません」
「どのような業種なのか分かりませんが、ボランティアをする事により会社のイメージがあがるのではありませんか? 何より、社長なのにそれだけしか給料を貰ってないなんて…もっと貰って家事なんて外注してしまえばいいと思いますが、トピ主を立てるためにトピ主の給料アップさせてるのでしょうね」

 どっちもどっち、という意見もある。

「専業主婦が約束というのは、専業主婦でいられる状態であることが大前提ですよ?奥様を専業主婦でいられる状態に出来なくしたのは、あなた自身であり、先に約束を破ったのもあなたです。リストラされたとは言え、その後の自営も上手く行かず、結局は奥様の立ち上げた会社に雇われる始末。結婚前の約束が…なんて、言えないのではありませんか。
ただ、奥様も奥様です。どのようなボランティアなのか知りませんが、家庭や夫婦仲に影響を及ぼすほど熱心になるのは本末転倒だと思いますし、また、社員にしても、いくら社長の役割は果たしているとしても、給与額を抑えているとしても、週数時間しか出社せず放置状態では、社員の士気にも関わると思いますし、会社が傾くのなんてあっという間ですよ」

 トピ主は「びっくり」投票の多さにおののきながらまだこんなレスを投下した。

「ボランティア以前に、家事をきちんと行うのは妻の務めではないでしょうか?」

 妻の務め!!! そんなことを言ってしまうと『専業主婦できるだけの収入を得ることが夫の務め』と言われてしまうぞ。性別による役割を必死こいて定義しない方が良いのではないか。

 またトピ主はレスで妻のボランティアについてこう明かす。

「介護系のボランティアをしているのですが、私の両親が理由だと言うのです。私の両親はかなり遠方に2人で住んでおり、高齢ですが、元気に過ごしています。私は一人っ子ですが、両親とも『自分達は介護施設に入居する、お前の世話にはなるつもりはない』と言っています。
それにも関わらず、妻は『あなたの親は息子に格好をつけ過ぎる。今は世話にならないと言っても、いざとなったら頼ってくるかもしれないから、その時の為の準備だ』と言うのです。あなたが面倒を見ることになるのだから、その時は自分があなたの仕事をカバーして、介護に専念できる様にと考えていると。世話にならないと言っているのに、物事を悪く悪く考えて、不必要なボランティアをしている訳です」

  なんだか男を立てる精神を忘れない妻だなぁ……。で、トピ主はかなりフルボッコにされているにもかかわらず、やはり、まだ、家事にこだわっている。

「家事をする時間があるにも関わらず、それを意味のないボランティアに費やすと言う事に関してわたしが不満を感じているわけです。妻の起業や社長としての手腕を疑問視しているわけではありません。夫婦はお互い助け合うべきですよね? だから私も、洗濯や皿洗いを手伝っているのです。ただこれが、妻が会社経営が忙しくて時間がないと言うのなら喜んで手伝います。時間があるのに家事を手抜きする事は問題なのではないか、と言いたいのです」

 トピ主レスには、妻はFXでの収入もあるとあった。効率よく稼ぎ時間を作っているのだとしたらそこに文句を言わなくてもよいのではないか? てか、不満があるのはパンが手作りではなくなったことと、冷凍食品が使われるようになったこと、とトピ文にあるが、それぐらいはどの家庭でも一般的なのでは。トピ主は妻に多くを求めすぎだし、この奥さんじゃないと捨てられてそう。まだ追加レスがつきそうで、年末年始も小町ウォッチが楽しみだ。

1 2 3

あなたにオススメ

「「生理分は優しい男じゃないと結婚したくない」とプロポーズ拒否。自分勝手な男たちの惨めなトピ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。