年金はヤバくない? 「年金なんて払わなくていい」はサイテーな大人の意見

【この記事のキーワード】

お金がないから国民年金をブッチするのは、おバカ過ぎ!

 お母さんの「お金もないんだし」という発言については、それぞれの事情もありますし、本当に苦しいときもあるでしょうからとがめられません。しかしその場合でも、なにもせずただただ「未納」のままでいるのは絶対にNGです。かならず「猶予」「免除」の手続きをしてください。お金がないという事情が認められれば、払っている人たちと同じグループに入ることができます。

 同じように国民年金保険料を支払っていなくても、ブッチ(未納)と猶予・免除では意味が大きく違います。払っている人たちと同じグループに入ることがとても大事なのです。このグループに入ると、たとえ国民年金保険料を払っていなくても老後に年金を受給できる可能性に繋がります。

 また、もしものときの保険の可能性にも繋がります。年金というと、老後の年金だけをイメージしがちですが、病気やケガで障害状態になった場合の障害年金、自分が死んでしまった時の家族への遺族年金といった保険の側面もあります。実際に障害年金や遺族年金で助けられている人もたくさんいます。自分だって、お世話にならない保障はありません。そして、猶予・免除の手続きをしていれば、これらを受給できる可能性が出てくるのです。

 年金には、老後だけでなく、障害、死亡のときの保険の要素も含まれています。積立貯蓄のように元を取る/取れないの議論がやはり無意味であることがお分かりいただけるかと思います。

 もし国民年金保険料を支払えないという方は、年金関係のハガキに書いてある連絡先に電話等で確認してから「猶予」や「免除」手続きに出向きましょう。郵送でできる場合もあります。面倒くさいと思うかもしれません。でもその少しの面倒を乗り越えることで得られる価値はとても大きいのです。

1 2 3

「年金はヤバくない? 「年金なんて払わなくていい」はサイテーな大人の意見」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。