連載

年末年始帰省がきっかけか? 『家族か妻か』の選択を求められる男性たち

【この記事のキーワード】

「妻は日頃から私の両親に母の日父の日のプレゼントをしてくれたり、結婚祝いを貰ったお返しにと料亭へ招待したり、旅行券をプレゼントしたり色々としてくれています。私は仕事が多忙なため、結婚式の準備の時も私の家に両親と弟家族を招いた時も殆ど妻が準備をしてくれました。

私が多忙で、また、気が利かないという事は両親も弟もよく分かっていて、妻がいつも色々と手配や準備をしてくれているという事も知っています。

それなのに、何故、両親(特に母)が妻にデリカシーのない言葉を言い、弟の奥さんばかりほめるのか私にはよく分かりません。妻は妻で頑張ってくれているのに、苦手な事にばかり関心を持ち、妻が色々とやってくれている事をほめる事は殆どありません(中略)両親が妻にデリカシーのない言葉を浴びせている時に反論したいのですが、私は産まれつき片耳があまり聞こえず、どうしても反応が周りの人より遅くなってしまい、言おうとした時にはもう他の話題になっていて言うタイミングがなかなかありません」

 空気読まなくていいからタイミングずれても言った方がいいんじゃないの!? また、トピ主母は、以前、引越しの手伝いに来ると言い出し、断ったら「すごい勢いで怒り、その後、電話も無視する状態に」なったのだという。今回トピ主が動くことで一波乱どころか絶縁もあり得そうだ。

 さて、トピ主は厳しいコメントにさらされたせいか、少しシャキッと……してくれるかと思いきや、なんと妻を泣かせてしまったのだという。それも両親のことで喧嘩になった際、妻に「両親は悪意や嫌味を込めて言っているわけではない。そうオーバーにとらえるのは妻の性格上の問題もあるんじゃないか?」と言ってしまったというのだ。もぉ~~。マジでやる気あんのか!?

 最終的には「このままでは不妊治療にも影響しそうなので、次に実家に行く時に一人で行き、不妊治療の件と妻への態度を改める様に言おうと思います。暫く妻を実家にも連れて行きません。育ててくれた親と縁を切る事はできません。実家へは車で1時間程の距離です。年に2回、日帰りで親の顔を見に行く位はしたいです。私一人で暫くは実家に顔を出そうと思います」と決断したトピ主だが、上手くいくのだろうか。

自分が生涯の伴侶として選んだ女性を両親がいじめる……という事態になっても、多くの男性は妻に我慢してもらいつつ自分の両親との仲も継続したいと思うようだが、そもそも女性は結婚の際、苗字も変え、自分が生まれ育った家から離れるのであるから、夫はせめて妻の味方についたほうが円満にいくのではないだろうか。結局なし崩しにならないことだけを祈ってます。

1 2 3 4

あなたにオススメ

「年末年始帰省がきっかけか? 『家族か妻か』の選択を求められる男性たち」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。