連載

年末年始帰省がきっかけか? 『家族か妻か』の選択を求められる男性たち

【この記事のキーワード】

「実家より妻を選ぶということ」

 珍しいといいつつ、もうひとつ、似たような傾向のトピがあがっていた。いや本当に珍しいんですって。トピ主(30歳男性・会社員)には同い年の妻がいるが、ふたりの育った環境と実家とがあまりに違い、妻はもうトピ主の実家に行きたくないと言っている。

 2人のプロフィールはこちら。

■トピ主

地方大卒、5人兄弟の四男。奨学金で大学を卒業後、メーカー勤務
両親・兄弟全員高卒で兄弟はフリーターが多く、喫煙者多数
父親は10年前に他界し、母親は遺族年金で生活(健康体だが働かず)
母親が軽い精神障害を患っている
実家は飛行機の距離

■妻

有名国立大卒、長女。有名企業の総合職で勤務しており、今後子供ができても続ける意向
両親・兄弟全員大卒で有名企業勤務
実家は近所

 妻がトピ主の家族に対して持っている不満は、3つ。

・母親が父親の死後、一度も働かずに国のお世話(生活保護?)になり続けていること。そのせいで昔、兄弟が生活に苦労していたこと
・母親含め兄弟も楽観的なその日暮らしタイプで将来を真剣に考えていないこと(貯金などしていないだろうし、家には無駄にものが多い)
・実家への帰省を要望してくる割に家が狭いため泊まる部屋はなく、往復飛行機代とホテル代、現地レンタカー代が私と妻の負担であること(遠方のため、二人で十数万円かかる)

 妻は「夫婦ふたりなら会っても良いが、教育上も健康上も(喫煙など)子どもにいい影響があるとは思えないため、出産後は会いたくない」と言っているという。トピ主は「妻の言い分はもっともだという思いもあり、一方で母には育ててもらった恩もあり、板挟み状態です」と悩んでいる。「どちらかをとるとしたら妻を選ぶことは確実」とはいうが、実家にはどう伝えたらよいか、という相談だ。

 生活保護なのか遺族年金で暮らしてきたのかわからないが、その日暮らしのフリーターや無職状態を問題視していない大人たちを子供に見せたくないという妻の気持ちに共感を寄せつつも、トピ主にとってはこれまで育ててくれた家族でもあるから葛藤はあって当然だ。コメントは先ほどと同じく手厳しいが、今回は「ひとりだけ帰省せよ」という声が多い。「断る理由に親の生活態度とかいちいち言うと大変なので、とにかく自分が多忙になってしまったとか給与下がっちゃったとか適当な理由でっち上げて疎遠にしとくのが一番です」うんうん、参考になるわぁ。

1 2 3 4

あなたにオススメ

「年末年始帰省がきっかけか? 『家族か妻か』の選択を求められる男性たち」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。