誰もが一度は思う「小さな子を連れた友人と会うのが面倒」…子連れにならざるを得ない友人側の事情は?

【この記事のキーワード】

「私の中では、続きに書きました通り、しばらくは友人のみか下の子連れでの訪問を思い切ってお願いしたつもりでした。そしてそれを文面では了承してくれて、それ以後は始めの段階では『子供らを預けれるから◯日に遊ぼうよ!』と言って誘ってきてくれるようになったのですが、日時を決めてから当日までにさりげなく内容を二転三転させてどうにか上の子同伴にシフトしようとしてくる感じです。

ちなみに約束は平日で普段は保育園に行っていたり、さらに義両親が無理なく面倒をみてくれる環境にあるにも関わらず、敢えて、なんですよね…。

友人宅に行くのは、更に下の子(1歳)がセットになるし落ち着いて床に赤ちゃんを寝かさせてもらう場所すらなさそうで、遠慮願いますね。

お外でランチもやんわり断られるし。

なぜ、そこまでして連れて来たいのか、彼女自身(息子がしんどいと本人も愚痴っているのに)たまには息抜きしたくないのか、謎です…」

  トピ主の提案や申し出を一旦了承しておきながら、話を二転三転させ、最終的に子連れで来る……これはもう確信犯だろう。しかも、保育園に行っているうえに、義両親が面倒を見てくれる環境にあるのだという。それなのになぜ子連れで押しかけようとするのか? また外ランチは嫌なのか? ママ友づきあいにおいて自分や相手の子が手のかかる時期だからちょっと敬遠したい、という感情は、互いの子の成長度合いによって多くの女性が直面するものだと思うのだが、このAさんの言動はちょっと変わっている気がする。で、こんなコメントがついた。

「そこまで根回ししてるのに、最終的に上の子を連れてくる。なんだか敢えてわざとやってるかも? と感じました。
そこには、子供なんてこんなもんよ! 子育てなめんな! 慣れておきなさいよ! という斜め上の気持ち。親切心かマイナスな気持ちかはわかりません。
または嫉妬心。トピ主さんの事がどこかで羨ましい故に嫌がってるのをわかって連れてくる。
普通に友達なら、相手の家だし相手の意向に従うし、無理なら強行しません。なんだかその友人とやらにひっかかるというのが、私の印象です」

 私も~~! ひっかかる。斜め上のママもいるいる。男の子はこんなに大変なんだからね! と言いたげなママ。しかし一方で、Aさんにも事情があるのではないか? という考えも浮かぶ。

 義両親が面倒を見てくれる環境にあるというが、本当は義両親はそれほど面倒を見てくれないのかもしれない。上の子が手がかかるので、義両親も上の子を預かることを敬遠しているのかもしれない。それに、まず義両親と言っているからには夫もいるのだろうと思うが、トピ文からはAさん夫の影がまるっきり感じられない。せめて上の子だけでも夫が見てくれればいいのではないか。ひょっとして夫は全く育児に協力的でない上に、夫の圧力で「遊びに行くために子を義両親に預けることができない」環境にあるのかもしれない。

 「息子がしんどい」とAさん本人も言っているのに、息子と離れて一人になる時間を作ることが不可能な状況だとしたら。それは正直、Aさんに同情の気持ちもわく。どこか外の店に入れば上の子が騒ぐことに対して気を使わなきゃいけないし、昔からの友達の家で気兼ねなくゆっくりしたい……という本音を、Aさんは持っていたりするのではないか?

 トピ主レスの追加がないので、Aさんの状況や気持ちはわからないままだが、ともかくトピ主に伝えている状況と、実情が異なる可能性がある。育児は夫と二人三脚でやっていかないと、妻の自由など無いに等しい。根っから非常識なママというのもいるにはいるが、みんなそれぞれ事情があって、他人から「ちょっと変」に見える行動を取ってしまっている場合もある。今回の件はAさんが何らかのフラストレーションを抱えているがゆえの行動に取れるから、なんだかトピ主よりもAさんが心配になってしまうトピだった。

(ブログウォッチャー京子)

1 2

「誰もが一度は思う「小さな子を連れた友人と会うのが面倒」…子連れにならざるを得ない友人側の事情は?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。