連載

小倉優子は離婚したけれど…修復を選び不倫を許した妻たちの苦悩

【この記事のキーワード】

「主人の浮気、不倫。」

 トピ主(女性)には1年半付き合って結婚した夫がおり、結婚してからは1年が経つ。このたび夫の不倫が発覚した。相手の女性Aさんとトピ主の付き合っていた期間が完全にかぶっており、夫は二股を続け、トピ主を選んだという格好になる。そして結婚後、夫はAさんと一旦距離を置いていたが、関係を再開した。

 発覚したいきさつは、Aさんからの連絡だった。相手が告げたのはこのようなことだった。

・トピ主夫から結婚の事は聞かされていないので知らなかった。
・トピ主夫から連絡がきて関係再開したが、最近結婚している事実を知ってもう会わないと決めた。
・まだ関係を続けたいとトピ主夫がしつこいので、トピ主に知らせれば関係を終わらせられると思った。
・トピ主夫とは友達以上の関係だが、恋人になったことはない。
・トピ主とトピ主夫が付き合っていた事も知っていた。

 トピ主はとりあえず、離婚は考えていないという。だがこう嘆いている。

「今までずっと幸せな結婚をして、順風満帆で優しい主人が大好きでした。それなのにずっと二股、結婚してからも続いていたなんて、信じられません。主人は相手の事は好きではないと言いますが、好きでもないならなぜ? 私や結婚生活に不満は全くない。これでまた相手と会ったら法的措置を取るつもりです。
男性にとって、浮気相手と妻は分けて考えてられるものですか? 遊びなら今回限りは目をつぶるつもりです。家庭には安定を求め、不満はなくとも恋愛していたいのでしょうか?  子供が出来ればそんな暇はなくなるでしょうし、遊びの相手の事など考えなくなるでしょうか?」

 このトピ主夫はAさんのことをもともと完全にセフレとして扱っていたような雰囲気だしAさんもそういう認識だったのかもしれない。本命、というか結婚するにはトピ主だな、とトピ主夫は考えていたのだろう。しかしご都合主義の男である。「まだ関係を続けたい」ってお前なぁ。子供がいないなら別れた方がいいんじゃないの? って小町住人のようなアドバイスをしてしまいそうになる。コメントには様々な意見が並ぶ。

「結婚しようが子供が生まれようが浮気する男は必ず浮気するのです。不倫するのです。貴女に不満は無くても。ただ貴女への愛情が薄れた場合は本気の不倫に早変わりする可能性は大ですね。もう一点この種の男は妻以外の女性を妊娠させることに無頓着だと聞いたことがあります。貴女が心配する事はそこだけだと思いますよ。離婚しないそうですので『外に子供だけはつくらないでね』と念押しする事をお勧めします。浮気されたり不倫されたりする都度離婚していては身が持ちませんものね」

「子供が出来たら忙しくなるのは母親です。父親は妻が母になり忙しくなり、浮気癖がある人なら余計にそういう事を考えるでしょうね。。。妊娠中に浮気とか良くある話ですよね」

「子供ができたら浮気はやめる? そんな暇がなくなる? 貴女、浮気をする男の気持ちが分かってないですね。二股かけるほどの女好きですよ。貴女とも楽しみ、他の女とも楽しむ そんな男の気持ち分かりますか? 貴女がもし妊娠をし、夜の生活もままならなくなった時、我慢できる男だと思いますか? そこに昔二股かけた都合のよい女がいたら、どうなるか? 簡単に答えは出るでしょう」

「分けて考えられるから浮気するんです。分けられなかったら本気恋愛で離婚話になります。男性の場合は愛情が無くても関係はもてます。だからお金でお店のお世話にもなれるのです。実際に不倫している男性数人(友人や夫)から聞いたことがありますが、全員が妻に不満は無いと言ってました。妻の性格や生活に不満はないけど、ずっと一緒にいて異性という面では飽きているのは確か。遊び以外の面で総合力では妻、遊びでは愛人が都合が良い。お店に行くより安く、知っている相手だから安心で、気が合うから楽しく遊べ、都合がいいから簡単には手放せないのが愛人。なので愛人は好きでは無く結婚生活に不満は無いというご主人の言い分はそのまま信じていいと思います。ただしご主人のような精力旺盛なタイプは遊びをやめられない可能性が高いです」

「浮気できる人とできない人。浮気をする人は何度でもしますし、しない人は全くしません」

 最後の意見に同意である。この夫はまたやる気がする(偏見)。だって妻に不誠実なことを2年半も平気で続けて来たんだし……。

 さてトピ主レスだが、トピ主のAさんへの上から目線がすごい。「私は本命であり結婚を勝ち取った」と誇らしげなニオイがプンプンする。不倫されて気の毒ではあるが、あまりにもAさんを下に見るので、なんだかムカついてくるほどだ。ていうか今は、そうでもしないと心の置き場がないのだろうか。

「実際には相手とは、ずっと友達以上の深い関係性で繋がっていたところに私との出会いがあり、私は彼女に、相手はそのままの関係で並行していたようです。相手も彼女が出来たと知った時点で主人と離れれば良かったものの、ずるずると都合の良い相手でいたわけです。付き合えなくても一緒にいたい、と主人に惚れ込んでいたそう。時間をムダにした挙句、私とは結婚した訳ですから悔しかったのでしょうか。それで面白くなくなって私に暴露してきたのでしょう。
私から見れば都合良く扱われて相手はすごく可哀想ですが、遊び相手にしかなれない女性もいるものなのですね。結婚し、一生一緒にいたいのは私で、一方では、相手は何年も性的関係さえ提供してくれる存在であればそれでいいのですから」

「これまでは悪いと思いながらも数年続いた相手に情のようなものがあり関係を持ってしまった。それこそ相手女性も主人からのメールや電話全ての着信を拒否していればこんな事にならなかったのでは? 今更私に知らせてきて、こちらの家庭を壊したかったのでしょうが。都合の良い相手として自ら関係を続けていたにも関わらず、今回の行動には理解が出来ません」

 こんなことを言うので、コメント欄で諌められるのだが、それにもめげず続けるトピ主。

「相手女性はこれから誠実な男性に出会う可能性がある、それはそうかも知れません。でも彼女はこの数年を恋人という立場にもなれず結婚も出来ない、誰にも言えないような日陰の存在でしかなかったわけですよね? 自分の貴重な時間をそんな不憫な関係のためにムダにしていた彼女が私より幸せになるとは到底思えません。主人が私と結婚し、勝ち目がなくなったら私に真実を暴露してしまおうというような考えの女性だから主人からも恋人にはしてもらえなかったのではないでしょうか?」

 さすがに「相手を馬鹿にしたり貶めていますが、矛盾に気づいてないんですか?」などというレスがつきはじめるがそれにも一層燃え上がり、さらに続ける。

「相手女性は被害者ではなく加害者の立場ではないのですか? 彼女がいる相手だと知りながら主人との関係を続けたわけですから。どう考えても、自分が好きな男性と結ばれる事がなかった、彼女にすらしてもらえない、都合良く扱われて過ごした数年は惨めなものでしかないですよね? それを何も知らずに付き合い、結婚した私の方が可哀想ですよ? と私に思わせたくて彼女は私に真実を知らせてきたのでしょう。自分が好きな男性と結婚するという女としての幸せを得たのは私で、それが悔しくて仕方ないのでしょう」

 Aさんは「トピ主夫がしつこかったから伝えれば関係が終わると思って」トピ主にこの話をしたというが、その真偽はさておき、いつしかトピ主の中では「今迄主人と自分の関係性に納得し、楽しい思いをしてきたであろう彼女がもう主人と会えなくなる悔しさで起こした騒動です。私は何も知らず幸せな日々を過ごしていたのに、酷過ぎるのでは?」ということになっているようだ。暴走してるな~。そしてこのレスでも「ずっと遊び相手だった、なんて世の女性誰が見ても不憫です」と下げ発言。以降のトピ主レスでも、Aさんdisは続く。

「もちろん浮気は許せない事です。でも主人がこれを機に浮気をやめ、今後一切浮気しないならば私とは将来的に子供も生まれ誰もが羨む家庭を築けるのでは? 相手女性は自分を大切にもせず、浮気相手でもいいから、好きだから、と日陰の存在で満足するような女性です。男性はそんな女性を恋人や結婚相手に選ぶと思いますか? これからもその様な不憫な関係性しか築けないでしょう」

 などなど、えらい言いようである。最後のトピ主レスでも、こうだ。

「彼女は今頃主人と離れて独り身の寂しさに打ちひしがれているでしょう。周りが結婚していく中、彼女は自分の物にはならない男性を必死に追い続けていた訳ですから。この様な状態でまともな恋愛が出来る女性だとは思えません。これからは私は主人と再構築し、素晴らしい家庭を築いて行きます。好きな男性と結婚した私は幸せです」

 しかし一番悪いのはトピ主夫だ。「結婚1年で、相手にしてくれそうな女性に連絡して口説くって……根っからの女好きか奥さんの事全然大事じゃないか、さすがに周りにもそんな男いませんね」というコメントがあったが、トピ主も薄々そう感じているからこそ躍起になるのかもしれない。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。