不妊治療と流産の果てに「子供が欲しいから」と離婚を要求されている女性、「人生だいなし」

【この記事のキーワード】

 この夫、あくまでトピ主視点から見ればだが、スーパー自分勝手である。トピ主はこの夫を好きだというが、どこが良いのかよく分からない。不妊治療がうまくいかないことを理由に夫は離婚を切りだしているものの、それ以前にトピ主に対する夫からの愛情が読み取れない。愛情がなくて離婚したいため不妊を理由にしているだけなのではないかという疑念も生まれてくる。

 一方でトピ主も、「好きだから離婚したくない」などと言いながら、レスを読む限り、経済的な心配の方が強そうだ。夫は収入はあるが結婚時の貯金が思ったほどなかったこと、不妊治療の費用はなぜか夫の収入からではなくトピ主の貯金をつぎ込んだため現在は手元に数10万円しか残っていないことなども綴られていて、離婚はしたくないというが、離婚してからの生活に不安があって離婚したくないというような気配があるからだ。

 なんにしろ、筆者としては不妊よりも夫によるキツイ仕打ちの数々が気になってしまうし「いえ、あなたが夫を捨てるのですよ! そんな無礼な、人間としての誠実さのかけらもない男と一緒にいて人生を無駄にすることはないです。たっぷり慰謝料をとって別れてください」「冷静に考えてみてください。そもそも、その旦那さんと一緒にいて幸せになれるでしょうか…子供ができても、おそらく、その人は変わりませんよ」というようなコメントもぼちぼち見られる。結婚しててもトピ主は夫の高収入の恩恵を受けられていなさそうだし、この男と結婚生活を続けるメリットなんてどこにあるんだろう?

 が、そこは小町。不妊を理由に離婚を切り出されるのは致し方ない、夫の気持ちも考えろ、というコメントが多い! さらには「お金目当ての結婚」、「年をごまかしていたのではないか」「ブライダルチェックをしてないなんて…」などトピ主にかなり厳し目なコメントもある。ちなみにトピ主はブライダルチェックはしていたらしい。トピ主を責めるコメントはたとえばこんな調子だ。

「考えてもみてください、男女平等がこれだけ進んだ世の中にあって、結婚だけは男性が一方的に不利益を被る法制度と運用になっています。

家庭の経済面は男性が将来にわたって支えることを期待される一方で、家事や介護については女性の身勝手な要求だけが押し付けられます。

男性は女性の気持ちを察して日常生活を快適なものとすることまで当然に要求される風潮さえあります。

子供を持てなければこのような不利益しかない契約を維持する意味がありません。

どうかご主人を解放してあげてください」

 ってお前は何様だ。

とはいえキツイ中にも、こんな現実的なコメントがあった。

「離婚理由にはならないと思うので、離婚したくなければ離婚に応じなければいいだけです。ただ別居して一定年数経ったら離婚は成立するので、向こうはそれを狙って行動に出て来るとは思います。

夫が『どんなことがあっても夫婦二人末永く仲睦まじく』という考えではなかったということ。そもそもの根幹部分での価値観が違った、まさに『価値観の相違』だと思います。

それを言われた時点ですでに夫婦関係は壊れた。そういう意味では『浮気された』という事由とさして違いません。それを踏まえた上で、それでもあなたの一存だけで夫婦関係を続けていくのか、あなたの良い条件で離婚するのかはあなた次第です。

良い条件で離婚できるなら今です。あなたの一存で続けて行って、数年たってあなたを愛してくれない夫にあなたが見切りをつけて離婚したいと思ってもその時にはもう条件は悪化しています」

 うんうん、そうしらいいと思う。トピ主はレス終盤で、有利な離婚のために弁護士に相談することを考え始めているようなことを書いていた。最後のレスには「私はもう子供を諦めるしかないから、今までの仕打ちを考えると夫の事を思いやる気持ちにはなれない」と、愛情があると当初言っていたものの、やはり思いやりは持てなくなっていることを明かした。結婚半年でひとりソファに寝かされたら、そりゃ仕方ないと思う。

1 2 3

「不妊治療と流産の果てに「子供が欲しいから」と離婚を要求されている女性、「人生だいなし」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。