不妊治療と流産の果てに「子供が欲しいから」と離婚を要求されている女性、「人生だいなし」

【この記事のキーワード】

「男性不妊です。離婚して欲しいと言われました。」

 トピ主(男性・30代前半)は妻(20代後半)と結婚して3年目になる。結婚して子供がなかなかできないので検査をすると妻には不妊原因はなく、トピ主の重度の男性不妊が原因であることがわかった。1年半ほど不妊治療に取り組んだが「いちども陽性判定はでませんでした。医師いわく、精子の状態があまりにも悪いので、あまりいい受精卵ができないと言われました」という。

  そんな中、妻から離婚を切り出された。言い分はこうだ。

「自分に不妊原因がないのに、不妊治療で肉体的、精神的に辛い思いするのは、もう限界で嫌だ、あなたが男性不妊じゃなかったら、こんな目に遭わずにに済んだし、周りはみんな普通に妊娠してるのに、なんで私だけがこんな辛い思いをしないといけないのか納得いかない」

 こう言って妻は離婚届を置いて実家に帰ってしまった。その後、トピ主が2人の同性の友人に相談したところ、独身の1人はこう言った。

「自分も子供が欲しいから、子供を産める年齢の人と結婚をしたいから離婚を考える気持ちが分かる」

 既婚子持ちのもう1人はこう言った。

「子供の問題は大事だから、奥さんが離婚して欲しいと言うのなら、受け入れるのも優しさだ。仮に離婚になったら、大半の女性は子供を欲しがるから、年齢的に子供が無理な女性を探した方がうまくいくんじゃない?」

 この言葉にトピ主はショックを受けたという。離婚はしたくないがやはり離婚しかないのか、という相談だ。

 男性不妊という言葉が広まったのはここ最近のことであり、子供ができないのは「女だけが悪い」と長らく思い込まれてきた(産めない女性は“うまずめ”と呼ばれたり)。不妊治療においては女性が義両親から心無い言葉をかけられているトピもよく見かける。「私だけが精神的な辛い思い」という妻の言い分はこのあたりのことなのだろうか?

「周囲から『子供はまだ?』『いつ孫が出来るのか?』と言われ続けるのも辛いものです。

旦那さんに言えばいいのに、意外と妻側にしか言わないとか、友達関係で子供話で仲間に入れず、つらい思いをするのです。

奥さんは旦那<子供だったのだと思う。子供が本当に欲しいと思っている人。別れてあげた方がいいと思うよ。辛いですがね」

「女性が言い出すのって、不妊治療中の夫の態度に問題ありな場合が多いです。治療に付き添ったり、治療した後は肉体的に辛いから家事を積極的にしたり、妻を労ったりしましたか? 文面からして、あんまりしてないんじゃないかな? どこか他人事な態度取ってませんでしたか?」

「奥さんに言われて辛かったですね。ただ…奥さんの気持ちもわかるんです。不妊は女性が原因だと思われがちなんですね。責められるのも女性だし治療で体に負担がかかるのも女性なんです。私の場合精神的負担がきつかったです。主人は自分が悪いのにそれをまったく言わなかったので私だけが義父母に責められました。男のプライドもあるでしょうが『私だけが悪いのではないのに…』と落ち込んで離婚したかったのも事実です。もし奥さんがそのような立場であるなら自分の親や相手の両親に伝えてあげることです」

 トピ主レスがないので、不妊治療中に夫婦がどのように過ごしてきたかは全く分からない。このあたりのことは想像になってしまうが、一般的な不妊治療における女性側の苦労がよく分かるコメントが多かった。不妊治療は女性の心身に大きな負担がのしかかる。

 先のトピ主と同様に、好きな人とずっと一緒にいることというよりも、子供を持つことが結婚の主な目的となっている場合は、不妊は大きな問題だ。こうした夫婦は、不妊治療がうまくいかなかった場合、やはり離婚しかないのだろう。同じようなコメントもあった。

「結婚15年、40代半ばの子供のいない夫婦です。

子供が授からなかった原因がどちらにあるのか調べたこともなく、当然、不妊治療もしたことがありません。

子供がいようがいまいが、二人で共に生きて行くという気持ちに何ら変わりはありませんし、基本的に二人で一緒に生きて行くというのが結婚だと思って結婚したのですから、子供の有無は関係ないというのが、私達夫婦の一致した考え方です。

でも、私達のようなご夫婦ばかりではないでしょうし、結婚して子供を生んで…ということが結婚だと考える人がいるのも当然だと思いますし、夫婦の間でその考え方が一致しないこともあるでしょう。

二人で生きて行くことだけが結婚ではなく、子供を生むまでが結婚と考えるのなら、残念ながらあなたでは奥様の望む結婚にも、人生にもならないのです。

離婚したくない、子供がいなくても二人で生きて行きたいというあなたの気持ちは分からなくもありませんが、奥様にはあなたと二人だけで生きて行く人生が考えられないのですから、残念ながら離婚は仕方ないのかなと思います」

 トピ主の奥さんはまだ20代で若い。なおさら子供に対する思いが強いのかもしれない。妻の中ではもう離婚は決まっているようだが、今後別の人と結婚した時のために、もう少し、妻と話し合いをして、どんなことを苦に感じてきたかヒアリングしておいた方がよいのではないだろうか。

1 2 3

「不妊治療と流産の果てに「子供が欲しいから」と離婚を要求されている女性、「人生だいなし」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。