LGBTの次はSOGI? 看板を入れかえるだけでは失われてしまうSOGIの本当の意味と意義

【この記事のキーワード】
LGBTの次はSOGI? 看板を入れかえるだけでは失われてしまうSOGIの本当の意味と意義の画像1

Photo by Véronique Debord-Lazaro from Flickr

世間はまだ「LGBTって、聞いたことあるけどよく分かんない」の段階だというのに、また新しい言葉が生まれてしまいました――

こんにちは、ライターのマサキチトセです。YouTubeでLGBTフレンドリーな英会話レッスン動画をアップしてますが、鳴かず飛ばずの毎日に心が折れそうです。

さて今回皆さんに紹介したいのは、「SOGI」という言葉。

実は今「LGBTに代わる言葉」として当事者やその周りの人たちの間に広まりつつあります。

以下では、SOGIってどういう意味? なんの略? もうLGBTって言っちゃいけないの? SOGIが正しくてLGBTは正しくないの? などの疑問にお答えしたいと思います。

そもそもLGBTって何?

LGBTとは「レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー」の略です。1990年代のアメリカで急速に広まり、ここ数年は日本でも積極的にテレビなどで使われるようになったことから、「聞いたことはある」という人も多いことでしょう。

日常生活でも近所の知り合いの口から「LGBT」って言葉が出てきたりと、日本での認知度が高まっていることを感じます。

LGBTという言葉の問題その1:ビジネス用語として広まってしまった

でも一方で、認知度=理解度とも限らないのが悲しいところ。

日本でLGBTという言葉が急速に広まったのは、ビジネス用語としてでした。LGBT当事者は「未開拓の市場」とか言われて、あたかも商品の付加価値、消費者、労働者、企業のブランディングの道具でしかないようなイメージで語られることが多くなりました。

また、その流行に乗っかって商売をする団体や企業も増えています。中には当事者によるものもあります。LGBTに対する理解を広めるという大義名分を掲げておきながら、実際は「LGBTに理解のある人間になりたい」という人々の心理を作り出しつつそのニーズに応えることでビジネスを成立させるというモデルが確立しつつあります。

つい最近も、LGBTコミュニティの中で有名な活動家兼起業家の杉山文野さんがインタビューで「マーケットになって、はじめて人権が得られるという側面はある」と発言したことが話題になり、ツイッターなどで違和感や反論を表明する当事者も少なくありませんでした。

こうして日本で主にビジネス用語として広まってしまったという不幸な運命に加えて、LGBTという言葉はさらに一つ大きな問題を初めから抱えていました。

LGBTという言葉の問題その2:LGBTからこぼれ落ちるアイデンティティ

それは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー以外の多様な性のあり方を除外しているということです。

人間の性のあり方は究極言ってしまえば人それぞれですから、「レズビアンっちゃあレズビアンなんだけど、でもなんかしっくりこないんだよなあ」と思う人なんかがいるのは不思議なことではありません。

「普通の人」と思われている異性愛の人々やシスジェンダー(トランスジェンダーではないという意味)の人々は多数派だし、「普通」と思われているくらいだから、別に社会的に良いイメージも悪いイメージもありません。一方で「普通じゃない人」と思われている人々は、社会的にあてがわれたイメージをテレビや周囲の偏見の目などから受け取って、それと自分との微妙な違いに悩むことが少なくないんです。

そんな訳で、LGBTという言葉が広まってからも(主に)アメリカでは新しい言葉が次々に生まれました。

パンセクシュアル、デミセクシュアル、オムニセクシュアル、アセクシュアル、クィア、ジェンダークィア、クェスチョニング、ジェンダーフルイッド、ジェンダーヴァリアント、ノンバイナリー、etc…。

こうした、LGBTという言葉では表しきれない性のあり方がある、という認識は、当事者コミュニティの中では長年常にあったんです。それは日本でも同じことでした。

そして今、SOGIを「LGBTに代わる言葉」として理解している人たちの中には、「LGBTからこぼれ落ちるアイデンティティ」を含む、より包括的な概念としてSOGIを捉えている人が少なくありません。

じゃあSOGIって何?

SOGIとは、Sexual Orientation(性的指向)とGender Identity(性自認)の略です。

そもそも何て読むの? って話ですが、「ソギ」「ソジ」の二つがありどちらが正しいわけでもないようです。

先に性自認を説明すると、これは「自分がどんな性別であると認識しているか」ということです。だから「私は女性です」とか「私はクィアです」といった表現がされます。人間の性自認で多いのは「女性」「男性」とされています。

一方で性的指向というのは、性的欲望の向く相手をどんな性別だと思っているか(「あの人は女性だ」と認識している、とか)と、自分の性自認との組み合わせのことです。人間の性的指向で多いのは「異性愛」、そして「同性愛」と「両性愛」とされています。

例えば、Aさんという人がいたとします。生まれた時に医者に「男の子」と言われたかもしれないし、「女の子」と言われたかもしれないけど、そんなこととは関係なく、Aさんは「女性」と自分を認識しているとします。これがAさんの性自認です。もし生まれた時に医者が「女の子」だと言っていたら、Aさんはシスジェンダーというカテゴリーに入れられます

そんなAさんが付き合いたい、セックスしたいと思う相手は、いつも女性です。いや、正確に言えば、「あの人は女性だ」とAさんが認識している人たちです。相手がどんな性自認を持っているか、生まれた時に医者が何て言ったかは関係なく、Aさんの認識において「あの人は女性だ」とされている人たちです。女性として女性に性的欲望を持つAさんの性的指向は、「女性&女性」という組み合わせなので「同性愛」というカテゴリーに入れられます。

このように、人は自分の性のあり方によって様々なカテゴリーに入れられます。その時に基準として使われるのが、性的指向と性自認、つまりSOGIということです。

つまり、SOGIとは「基準」あるいは「尺度」の名前なんです。

これまで使われてきたLGBTという言葉は、人を指す言葉でした。LやGやBやTという人々がいて、その人たちをまとめて呼ぶ言葉でした。そこに無理があるから、こぼれ落ちるアイデンティティがあるわけです。

でも、そもそも誰かをLだとかTだとか言って分類する時には何らかの基準を使っています。それがまさに性的指向と性自認(SOGI)だった。つまりLGBTという概念が成立するために必要な、前提となる概念がSOGIということになります。

例えば身長っていう概念が無ければ「チビ」という概念は生まれませんし、体重という概念が無ければ「デブ」という概念も生まれません。SOGIとLGBTの関係は、「これまでCBDB(チビ、デブ)という言葉がよく使われてきたけれど、そもそも身長と体重という『基準』に注目すべきじゃないか?」と考えて、SCTJ(ShinCho & TaiJu)という言葉を広めようとしている、みたいなものと考えると分かりやすいかもしれません。

SOGIという言葉の意義

なぜ「基準」や「尺度」を表すSOGIという言葉を使おうとしている人たちが多いのか。それは、SOGIがLGBTという言葉からこぼれ落ちるアイデンティティをも含む包括的な概念であることだけではありません。

例えば身長や体重は「チビ」や「デブ」とされる人たちだけに関係するものではありません。なぜなら、身長と体重という概念が存在しなければ「中肉中背」というカテゴリーも存在しなくなってしまうからです。中肉中背の人たちもまた、身長と体重という概念の当事者なんです。

性的指向と性自認(SOGI)もまた、LGBTやそこからこぼれ落ちるアイデンティティだけに関係するのではありません。「普通の人」とされるような異性愛者かつシスジェンダーの人たちもまた、SOGIという基準・尺度によって「異性愛」「シスジェンダー」というカテゴリーに入れられているわけです。

つまりSOGIという言葉の大きな意義は、マイノリティだけではなくマジョリティも「当事者」であると強調していることです。

そうやってマイノリティとマジョリティを横に並べて「SOGI基準でグループ分けしただけ」と考えると、一つ大きな疑問が浮かんできます。

「なんでみんな当事者なのに、あの人たち(異性愛かつシスジェンダー)だけ社会に優しくされてんの?」

という疑問です。

つまり、LGBTという「すでにグループ分けされた人たち」の人権や尊厳について(「かわいそう」とか「恵まれない人々」とか「逆境に負けず頑張ってる勇気のあるLGBT」とか「私たちLGBTも普通の市民です」とか言いながら)考えるんじゃなくて、そもそもSOGIという概念が人間の性のあり方を単純に切り分けてカテゴライズし、その中で優劣を付けているという社会的事実を直視して、そんな社会を変えて行こう! という意気込みが、SOGIという言葉からは読み取れます。

人を指す言葉「LGBT」、基準を指す言葉「SOGI」

英語圏で性の多様性について活動している団体などでも、“SOGI people”(SOGIな人々)という風にSOGIを「人を指す言葉」のように使っているところが無いわけではありません。でもそれは一般的ではなく、わざわざ「一般的ではないよ!」と注意を促している団体(PDF)もあるくらいです。

一方日本では、SOGIを「LGBTに代わる言葉」ととらえている人が少なくありません。「チビデブ」って呼ぶのをやめて「身長体重」って呼びましょう、みたいな話が広がりつつあるわけです。「『身長体重』なら『ノッポ』や『ガリ』も含まれるからさ!」って。そして「標準」とされる中肉中背は、相変わらず「普通」の位置に安住し続ける……。

違うんですよ! そうじゃないんです!

「身長体重」って概念を中心に考える理由は、まさにその「中肉中背」ポジションにいる人たちをその「普通」の位置から引き摺り下ろすためなんです!

みんな「身長体重」の当事者でしょ? って。

身長とか体重で人を馬鹿にしたり崇めたりするのはやめない? って。

SOGIもそうです。

「SOGIならパンセクシュアルもデミセクシュアルもジェンダークィアも(中略)含まれるから、LGBTじゃなくてSOGIって呼ぼう!」じゃないんです。

異性愛者かつシスジェンダーの人たちを「普通」の位置から引き摺り下ろすんです!

みんなSOGIの当事者でしょ? って。

性的指向(SO)とか性自認(GI)とかで人を馬鹿にしたり崇めたりするのはやめない? って。

SOGIが差別の基盤?

何かを「普通」とみなす社会通念や、それを前提とした社会構造のことを、ノーマティビティと言ったりします。「ノーマ」は「ノーマル」の「ノーマ」です。

だから、SOGI概念を使うことの意義は「異性愛とシスジェンダーを優遇する現代社会のノーマティビティに対して批判を投げかけること」とも言えます。

私たちはSOGIという基準で勝手にカテゴライズされてるんだ、SOGIによって異性愛かつシスジェンダーの人たちが「この人たちだけは優遇します」と特別扱いされてるんだ、というわけです。

実際、性的指向(SO)によって人間の性のあり方を分類するようになったのには、たかだか百年ちょっとの歴史しかありません。それも「同性愛」は、「同性とのセックスをするような人間は、脳や精神医学上の問題を抱えているに違いない」と思った当時の知識人たちの、差別心のこもった命名でした。

そう、性的指向という概念は、初めから差別を目的に作られたものだったんです。

その後性自認という概念が加わり、今では先進国の多くで人間の性のあり方はSOGI基準で理解されています。これが未来永劫続くとは限りませんし、新たな基準が生まれたり、合体したり、消滅したりする可能性はありますが、少なくとも今のところ、私たちはSOGIという枠組みを使って人間の性のあり方を理解する文化に生きています。

この基準こそ、現在のLGBTその他に対する差別の基盤と言えるのではないでしょうか。

批判の力を削がれた「SOGI」に意義はあるか

SOGIが差別の基盤としての側面を持っているとはいえ、人間は周囲の環境に影響されて文化を形成するものです。差別を受ける当事者は、暴力の恐怖、社会的孤立、福祉のネグレクトなどの差別からも影響を受け、当事者独自の文化を築いてきました。

例えば、差別され孤立しがちな当事者同士だからこそ、強固な友人ネットワークが大事にされて来たという歴史があります。「家族」というものから突き放されたトランス女性やゲイ男性は、「ハウス」という独自のコミュニティを形成し、「母」「父」と呼ばれるまとめ役がメンバーを守り育てるというボールカルチャーを築きました。また、反差別の運動を通して連帯が生まれ、運動の戦略や技術が人から人へと共有されて来ました。

こうした文化をLGBTやその他の人々みんなが楽しんでいるわけでもなければ、内部の同調圧力に息苦しい思いをしている人ももちろんいます。いずれにしてもそこには豊かな歴史と文化があり、「普通」とされている異性愛かつシスジェンダーの人々の文化と違うところがたくさんあるんです。それがたとえ、差別の結果であったとしても。

SOGIは、一見中立な基準です。
全ての人を横並びにし、分類する概念です。
しかし実際には、一部だけを優遇するようなノーマティビティの力が社会全体に働いています

このまま「LGBTの代わりにSOGI」という安易な言葉の入れ替えが起きてしまって、SOGI概念を使う意義としてのノーマティビティへの批判という側面を私たちが忘れてしまったら、どうなるか。

そこに残るのは、「みんな多様だよね」という、それ自体は確かに事実だけれど、そんなこと言ってても何も解決しないという事態でしょう。さらにそこには、差別を受けてきた歴史やそれによって皮肉にも生まれてしまった豊かな文化の記憶は、受け継がれないでしょう。

「みんな多様、LもGもBもTも異性愛者もシスジェンダーもみんな色々あるよね、みんな当事者、みんな今のままでいい、個性だもん、社会なんて関係ない、互いに個人的に寛容になって、それぞれハッピーに生きよう!」

そんな風に、批判の力を失ったSOGI概念は、いとも簡単に社会の問題を「個人の問題」に矮小化し、差別の構造や仕組みを温存する方向に行ってしまう気がします。
(マサキチトセ)

「LGBTの次はSOGI? 看板を入れかえるだけでは失われてしまうSOGIの本当の意味と意義」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。