将来的に価値が下がらないマンションをどうやって見極める? 住宅購入を考える女性のための必読本!

【この記事のキーワード】

 同書を読むと、そこに書かれた10~15%の優良物件の条件は、これまで当連載で取材した”家を買った”方々の購入物件や”家を買い隊”のメンバーが希望する家の条件に合致するところが多いと感じました。本連載の読者の多くは「家であればなんでもよい」のではなく、「便利な場所の優良物件が欲しい」と思っている、そしてそうした物件は今後も値上がりが続く可能性があるのです。

 しかも同書によれば国は今、不動産情報の整備に本腰を入れているとのこと。不動産取引価格だけでなく、インフラの情報や都市計画などを総合的に表示するデータベースを作り、それを開示する予定だそうです。

 そうなれば中古物件も含めたよい不動産を選びやすくなりますよね。でも、簡単に情報にアクセスできるということは、よい物件は値が上がり、掘り出し物を見つけるのがむずかしくなるということでもあります。

 不動産の市場を読み解くことは決して易しくはありませんが、情報が開示される前の、今の段階で行動を始めれば、上位15%に入る好条件な家を、お得に見つけることも不可能ではないのかもしれません。

 不動産業界が大きな変わり目にある今、住宅の購入をしようとする人が知るべき事実が、同書では多く指摘されています。そういったことは、仲介業者はなかなかはっきりとは教えてくれないもの。能動的に学んで、賢い判断をしたいですね。

協力:onnnaiekau_20e

(蜂谷智子)

backno.

1 2 3

「将来的に価値が下がらないマンションをどうやって見極める? 住宅購入を考える女性のための必読本!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。