連載

子供ができたら不倫癖は治る? 不倫をやめさせるための妊活トピに漂う虚しさ

【この記事のキーワード】

「再構築の為に子供を利用するという思考については 賛同できないし憐憫の思いもありますが お子さんは、あなたにとって人生の希望となるでしょうから ご主人が傍にいなくても、そのうち気にならなくなって来ますよ」

 さらには義母を味方につけろというアドバイスも見られた。

「お家が広いなら義母さんに来てもらって味方につけましょう。かわいい孫を見たら夜遅く帰ってきたり休日に出かける御主人を説教してくれると思いますよ。別れたら孫には会えなくなるんですから。
あなたからはご主人が嫌がるようなことは言わず義母さんに言って貰うのです。
義母さんとうまくいっているならその女性のことを相談しても良いのでは?
(不倫相手が)年上の女性なら子供は産めないでしょうからその点でもあなたのほうが有利です。
浮気をされて腹が立っているというより悲しいという表現をすること。何と言っても義母さんにとっては可愛い息子ですから下手にね」

 この『義母を味方に』作戦はアリかもしれない。

 もうひとつ、そもそも「トピ主よりも前から不倫相手との関係が続いていたのになぜ夫は不倫相手と結婚しなかったのか」という疑問を呈するコメントが複数書き込まれていたが、それにはトピ主は答えないままだ。トピ主レスはひとつだけ。

「愛情でつながることも重要かもしれませんが、子供を持つことで家族になれると思いました。
夫は人とのつながりを長い間大事にしてる人です。
子供ができれば、夫はつながりを大事にする人だと思います。
家族になれば、別れることもないと思います。
私には優しい夫です。怒ることもほとんどありません。時々朝帰りもしますが、不倫相手といるとは限らないと思います。夫も離婚するとは言わないし、私も離婚するつもりはありません。今さら他の女性に夫を渡したくありません」

 つながりを求め、子供をもうけるために妊活を継続するか、それとも別れを選択するか。仲間の妊活報道が本当なら、今後も気がかりである。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。