エンタメ

松本人志「未成年の女も罰則」発言は、児童を“対等”に扱うフリをして都合よく利用している

【この記事のキーワード】

 よい被害者ではないから責める

小出恵介の所属する芸能事務所・アミューズは15日、「610日に示談が成立した」と報告。示談成立といっても、これで“帳消しになった”わけではなく、「示談におきましても、相手方の女性が警察当局に真実を明らかにしていただくことにつきましては、一切妨げておりません」「刑事事件に関しましては、当社は事態を把握後速やかに警察にご相談をさせていただき、以降、当事者である本人と相手方女性の間で交わされたものを含む一連のやり取り、示談及びその交渉の経緯等の資料・情報につきまして、当社が把握しうる限りを、順次警察に提出・提供させていただいており、本件につきまして全てのご判断を委ねている所存です」。

松本の「罰則を」発言とそれへの支持は、小出との淫行を「フライデー」(講談社)に告発した17歳の女子児童が、“よい被害者”に見えないということが影響しているだろう。以下、当該女子児童をA子さんとするが、雑誌発売直後からA子さんのものと思しきLINEのやりとりのスクリーンショット等がネット上にUPされ、様々な憶測がまるで確定した“真実”であるかのようにあちこちで語られた。

その“真実”は総合すると『容貌が派手(あるべき青少年のルックスでない)/17歳だが女子高校生ではなく無職のシングルマザー/半グレ集団の女/女子本人は小出と関われて喜んでいる文面をLINEで書いており「無理やりの性行為」ではなさそう/金をせびるために告発した/金をせびるために「合意がなかった」とウソをついている/そもそも金目的で行為に至った(美人局・ハニートラップ)』といったものになる。そのほか民族差別的な憶測も飛び交っている。

こうした憶測を“真実”として受け止めた結果、「未成年側にも罰則を」という発言が出たのではないか。特にネット上では、A子さんが週刊誌に「無理やり、避妊なしの暴力的な性行為をされた」と話していることに対して、「ウソだろう」あるいは「だとしても自業自得だ」という見方が強まっているように感じる。A子さんが性行為を拒絶していなかったにもかかわらず金目当てに訴えを上げた嘘つき女だ、と。その見方は事件発覚から一週間が経過し、「週刊文春」(文藝春秋)と「フライデー」で再びA子さんが詳細を語った今も、覆っていないどころか猛威を奮っていると私は思う。また、示談が成立したことで「やっぱり金目当てだったんじゃないか」と非難する向きも強い。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。