エンタメ

松本人志「未成年の女も罰則」発言は、児童を“対等”に扱うフリをして都合よく利用している

【この記事のキーワード】

溢れるミソジニー

松本人志の「罰則を」発言は、未成年が大人と比べてただでさえ弱い立場だとの認識を共有していない。未成年は社会経験に乏しく、法律も社会の仕組みもよく知らず、判断力が未成熟で(成人でもそういう人はいるが……)、大半は自力で生活費を稼ぐ術を持たずお金も権力もない、家族や同世代の友人以外の社会的つながりも薄い。要するに、保護者に頼らなければならない存在だ。未成年を罰することはますますその立場を弱めることになる。

ともすれば、肉体的には成熟して見え同時に相応の賢さも身についているように見える未成年児童を“対等に”扱うことが“尊重”とイコールだという歪んだ意見も出そうに思うが、前述のように弱い立場にある未成年を、責任を付与された成人と対等に扱っていいわけがない。未成年を尊重することと、大人同様の刑罰を与えることとは別問題である。そもそも未成年が過ちを犯す前に止めることのできなかった社会には問題がないのだろうか。その社会をつくっているのは私たち大人だ。「罰則を」発言は、50代の立派な大人であり、地位も金も権力も有する松本が、決して言ってはいけないことであった。自らの幼稚さを暴露してしまったようなものだ。

18歳未満の子供と淫らな性行為をしてはいけないことはルール化されている。健全な判断能力を育成し、児童を保護するための法令だ。いわゆる援助交際(買売春)や最近でいうJKビジネスがネタとして消費されるとき、「クソガキ(女子児童)が成人男性を罠にはめている」という筋書きが用意される。しかし大人が女子児童に“誘惑されて”、魅力に抗えなかったという理由でも性行為に及んだ場合、処罰されるのは自制心を失いルールを破った大人である。もしその子供を娼婦として悪者扱いするとしたら、その人は社会常識を持たない。そこには児童は大人が守る存在だという意識が欠落しているし、それどころか児童と性的にかかわりたいがために、児童を都合よく大人扱いする姿勢すら見え隠れする。もし仮に“誘惑”されたとして、大人であるなら毅然として拒否するべき場面なのだ。大人の甘さを子供に責任転嫁してはいけない。

『ワイドナショー』での松本の発言は、前出のように「ヤフコメ」で賞賛される種類のものが多い。若い女性が裕福な年上男性と関係を持とうとする「パパ活」には、自身の一人娘にはやらないでほしいが、自分は「若い女の子と一緒にご飯食べて『美味しい』と言われたら、嬉しいよね」と、“娘の親”ではなく“パパ(愛人)”側の目線。痴漢問題を取り上げた際には「すーんごいブスがいっぱい乗ってるんでしょ、女性専用車両って」「(男性客が)かわいそうやねん、(女性は)女性車両で優雅に乗っててさ、横(の車両)で汚いおっさん同士ぎゅうぎゅうになって」。ゲストで番組出演した中居正広が独身であることについて「SMAPは結婚する使命がある」「極論、結婚せんでもいい、全都道府県に子供つくったらええ」と言い、少子化対策として「やっぱりジジイがもっと若い女とデキるようにならなきゃいけないでしょうね」。

そんな松本人志が毎週、御意見番として時事ネタに物申すことの危うさ。内心は自由だとしても、言っていいことと悪いことの区別がついていない。自身の発言にどれだけの影響力があるか、わかったうえでの言動なのだとしたら悪質だとすら思う。まず強者の立場というものを、十分に自覚してもらいたい。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。