連載

スザンヌ・辻ちゃんの息子キス写真もきついが…「息子を他の女に取られたくない!」男の子ママの憂鬱

【この記事のキーワード】

息子に彼女ができて欲しくない

トピ主(女性・年齢不明)には夫との間に大学生の息子がいる。

「息子はイケメンと言われ、性格も穏やかで優しい子です。また医学生でもあり、親の私から見ても、なかなか居ない素敵な男性に成長したと思えます。今のところ彼女はいないですが、彼女を欲しいとは思っているようで、大学でも結構モテてもいるようです」

おっとぉ~開口一番、息子自慢である。やばいニオイがプンプンしてくる。トピ主の息子さんはそのように素敵な男性でモテてもいるというのだが「私は大事に大事に育てた息子を誰にもとられたくありません。。。」というのだ。

いわく、息子の幸せを願ってはいるが、誰かが息子と相思相愛になると想像するだけで、哀しくなるそうで、また息子もそういう母親の気持ちを知っているため、容易く交際に発展しないのだろうとトピ主は推察している。

「主人との夫婦仲は良いですが、私にとっては息子が最愛です。このように子離れできない自分が辛くもあり、呆れてもいます。同じような思いをしているお母様、もしくは、私と同じような子離れできない母親を持っている息子さんから、何か言葉が欲しいです」

という相談だ。

子離れできない母親を持っている息子から言葉が欲しいなら小町に投稿するよりも別のところに投稿した方がよいのではないかと思うが、まずはコメントを見てみよう。やはり息子世代からのコメントは少なく、トピ主と同じ、子育てをした女性からのコメントが多い。

「そうなると、手放すのが惜しい気持ち、痛いほどわかりますよ。
父親が美しく育った娘をどんな男にも渡したくないというのと似ているかな。
まあ、、その気持ちは当分続くのは仕方がないかも。
それこそ息子さんが50歳くらいになったら、、それを想像してみるとどうですか?
さすがにそのくらいになったら、孫の顔が見たいって思いません?」

「たとえ思っていても決して口にしてはいけないことですよ。それが大人ってもの。それを軽々しくこんな誰が見てるかわからないような掲示板に晒してしまっている時点で最早モンスター級のこじらせ女子です。
みっともない。自分を戒めなければいけません。
深く深く反省して二度と口にしないでください。
それを言って誰かにいいことがありますか?何もいいことありませんよね?」

「うちの弟が、やはり母の宝子でした。
イケメンで甲斐性のある心優しい、誰にでも好かれる、いい子です。(人様にも褒められます)
そして母は、そんな弟に執着しました。父と仲が悪かったのも拍車をかけました。
結婚は遅くなりましたが、愛し愛される伴侶を持つことができました。かわいいお嫁さんです。
そして、、、母のいじめが始まりました。実子の私が見ても、それはひどいものでした。
きっと、息子を取られた母の無念だったのでしょう。あんなにお母さん子だったのにと。
結局、母も息子も二人は幸せにはなれなかった。
私は思うんです。結局、母は弟の本当の幸せを願ってなかったんだと」

「いけない事を自覚しつつ止められないって、不倫を聞いてるみたい。
彼とは結ばれない関係。彼は優しく素晴らしい男。彼の幸せを望んでいると言いつつ自分を一番に思って欲しい矛盾。いけないとは思いつつも好意に流される自分。
強烈な熱情は人を蝕みますね。貴女がやられるか彼がやられるかどっちが先か」

ひぃ~~~怖っ!!!!! コメントを読んで恐ろしくなってきた。夏の怪談より恐ろしい。息子を持つ筆者も将来こうなったらどうしようという不安でいっぱいになる。いまから趣味を見つけておかなければ……。『モンスター級こじらせ女子』っていう単語にグッとくる。子離れできない母親はモンスター。こじらせ女子かもしれない。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。