連載

日経平均が1年半ぶりに2万円台まで回復!……でも日経平均株価って何?

【この記事のキーワード】
生き延びるためのマネー/川部紀子

生き延びるためのマネー/川部紀子

 こんにちは! ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子です。

 2017年6月2日、日経平均株価が2万円を超えたというニュースがあったのをご存知ですか? 実は、日経平均株価の2万円台回復は2015年12>月以来、1年6カ月ぶりなので、そこそこ大きな話題でした。今の日本にとって、2万円は節目と言えますので、覚えておきましょう。

 株価が上がることは、何となく良いニュースというイメージを誰しも持っているようですが、「日経平均株価って何?」という人が大半です。毎日のようにテレビのニュースなどから聞こえてくるにもかかわらず、教わる場面が見当たらないので無理もありません。でも、日経平均株価は日本のお金にとって超重要なメジャー指標なので、大人の常識として知っておいてほしいと思います。今回は、日経平均株価とは何か、そしておまけに「TOPIX(トピックス)」「上場」という用語についてもカンタン解説をしてみたいと思います。ちなみに次回は、「そもそも株って何?」というさらに超基本的なお話をする予定ですので、安心してください。

市場で売り買いされているのは、お肉やお魚だけじゃない!

 市場と聞くとお肉やお魚の市場(いちば)を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実は、同じように株にも市場があります。株の場合は通常「株式市場(しじょう)」と言いますが、ここではあえて「いちば」と読んでみてください。「かぶしきしじょう」よりも「かぶのいちば」の方が、株式市場がどういうものかイメージしやすいからです。

 さて、いろいろな株の市場がある中で、日本で最も活発な売り買いが行われている市場を「東京証券取引所 一部」と言います。略して「東証一部」です。「一部上場」という言葉は皆さんもニュースなどで耳にしたことがあるかと思います。ではこの「東証一部」「上場」とはどういう意味なのか、それは後ほど説明します。

 この「東証一部」で売り買いされているものすごく多くの株の中から、「日本を代表するような会社だ」と日本経済新聞社が判断した「225社」の株のお値段を平均したものが「日経平均株価」です。実は日経平均株価は日本中の会社のたった225社のお話だったのです。略して「日経225」と書いてある場合もありますし、単に「225」なんていう言い方もよく聞きます。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。