社会

日本はヒューマン・トラフィッキング大国?~「JKビジネス」「AV強制出演」「技能実習生」

【この記事のキーワード】

日本のトラフィッキング報告ページ

 以下は日本のリポート・ページの一部を訳したものである。なお、本報告書はアメリカの調査によるものであり、日本政府や警察庁のデータと合致しない部分もあるようだ。

***

 日本人、なかでも家出をした十代の少女、外国人や帰化した元外国人の子供、そうした子供たちの外国籍の母親もまたセックス・トラフィッキングの対象となります。

 援助交際と「JKビジネス」は、引き続き日本の子供たちのセックス・トラフィッキングを促しています。

 洗練され、組織化された売春ネットワークは、地下鉄や人気のある若者の溜まり場、学校、オンラインなどの公共の場で脆弱な日本の女性や少女――多くの場合、低所得者や精神障害者――をターゲットとします。こうした女性や少女の一部はトラフィッキングの犠牲者となります。

 モデルや俳優の事務所の中には詐欺的な契約テクニックを用い、日本人男女に不正な契約にサインすることを強制するものがあります。以後、契約違反またはその他の法的措置を理由に脅し、性的行為を行うポルノ出演を強制します。

 日本人の父親とフィリピン人の母親を持つ子供にコンタクトを取り、母親の日本帰化と日本移住を有料でサポートする日本の組織があります。当事者が来日すると組織への支払いのために、母親や子供がセックス・トラフィッキングの犠牲者となることがあります。

 日本人男性はアジアでの児童セックス観光の需要側の源泉であり続けているという報告が続いています。

 強制労働のケースは、政府による技能実習生制度(本来は外国人労働者に基本的な技術を教える)が、短期労働者プログラムとなったものです。「インターンシップ」の期間中、多くの移住労働者は技能実習生制度の本来の目的である技術スキルを教えたり、高めたりはしない職場に就きます。こうした労働者の一部は強制労働を体験し続けます。多くの技術インターンは中国人、カンボジア人、ベトナム人で、雇用には最高10,000ドル(約110万円)を支払って雇用され、辞めた場合には違約金を何千ドルも払います。参加者の送り出し国の団体には、技能実習制度が参加者に過度の手数料と保証金を請求し、労働契約やその他の契約条件に違反した場合、参加者に罰金を科す契約であることが報告され続けています。一部の雇用主は研修生のパスポートやその他の身分証明書を没収し、脱走や部外者とのコミュニケーションを阻止するなど、インターンの動きを管理しています。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。