エンタメ

狂気の毒母役から孫溺愛の祖母役も…斉藤由貴はやっぱり我々のマドンナなのである

【この記事のキーワード】

『お母さん、娘をやめていいですか? DVD BOX』NHKエンタープライズ

『お母さん、娘をやめていいですか? DVD BOX』NHKエンタープライズ

「あなたの気持ちをこの世で1番大事にしているのは……ママなのよ?」

「みっちゃん(娘の愛称)にいらないって言われるぐらいなら死んだほうがいい、お願い……。ママを殺して……」

 こんな常軌を逸したセリフを、斉藤さんが目を見開いて瞳孔を動かさずに次から次へと発するのです。今、高畑充希さん主演のコメディドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系・毎週水曜22時放送中)で、過保護の母親を黒木瞳さんが演じていますが、それよりもっとホラー。暑くなったこの時期にまた見たい作品です。

 私生活のことはあまり多く語らず、物静かな印象の斉藤さん。アイドル時代も、浮かれた雰囲気に流されることない印象でした。でも実は、多くの人が挫折するようなダイエットも、不倫疑惑が報じられた男性医師の指導のもと、ストイックに達成。今回、「手繋ぎ写真」を撮られたことで“魔性の女”と注目を浴びてしまいましたが、コメディも鬼気迫る演技も何でも見事に操る“魔女優”であることも忘れないでいただきたいなと思います。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。