クールなイメージが定着した江口洋介の『愛は愛で』とぶつかる全力疾走キャラを忘れてはいけない

【この記事のキーワード】

『救命病棟24時 Vol.1』フジテレビジョン

『救命病棟24時 Vol.1』フジテレビジョン

救命医ドラマのパイオニア

 そして、世の江口愛を激しく燃え上がらせたのが『救命病棟24時』(フジテレビ系)。今でこそ、救命救急ドラマといえば同局『コード・ブルー』の山Pかもしれませんが、江口さんがその金字塔を打ち立てたと言っても過言ではありません。

 進藤一生(江口)は、どんな患者も最後まで諦めることのない救命救急医。あんちゃんとは一変、余計なことは喋らない、笑わない天才医師です。医療現場を克明に再現した臨場感とスピード感が話題を呼び、第4シリーズまで放送される人気を得たのです。放送中に大病院へ行くたび進藤先生を探してみたのですが、簡単にはいませんでしたね。

 江口さんは、一本の原稿では言い尽くせないほどたくさんの名作を世に排出してきました。まさに日本を代表する俳優のひとり。今後もたくさんの作品を生み出していくことでしょう。

 ちなみに、私生活は、森高千里さんと結婚したこと以外、あまり多くを語ることはありません。記憶にあるのが1998年にスノーボードで、2009年にはバイク事故で骨折をしたことがあります。10年足らずで2回も骨折するのは一般人でも稀有なこと。ひょっとしたら素顔も全力疾走のあんちゃんキャラなのかな、というのはスナイパー小林の勝手な予想としておきます。

1 2 3

「クールなイメージが定着した江口洋介の『愛は愛で』とぶつかる全力疾走キャラを忘れてはいけない」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。