連載

「日本人男性はNG」長崎出身バリキャリ帰国子女が肌で感じた“外国人男性との違い”/上京女子・ケース4

【この記事のキーワード】

長崎には絶対帰らない。今はここが私の居場所

本連載では、いつも最後に「いつか故郷に帰りますか」という質問をしてきた。でも彼女の場合、聞くまでもなく答えは明らかだった。

「長崎には絶対帰らない」

「当然だ」といわんばかりに友梨佳は断言した。「彼女の居場所はどこなのか」と尋ねると、

「ちょっと恥ずかしいけど、仕事が上手くいって、最高のチームで心の底から笑えた時に、ここが私の居場所なんだなって思う」

さらに、仕事を続けながら、将来的には、アメリカかヨーロッパに移住しようと考えているそう。

「会社の海外支部に転勤させてもらえないか交渉しているところ。なんとなく骨を埋めるのは日本じゃないって気がしてるから」

「激務だし、上手くいかなくてひとりで落ち込むこともあるけど、今は仕事が一番楽しいから、一生仕事は続けたい」

バリバリ仕事に打ち込んでいる彼女だが、いつも仕事が順調なわけではもちろんない。それでも彼女の冒険は、まだまだ続きそうだ。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。