サム・ライミ版『スパイダーマン』の「力を持つこと」への葛藤は社会と地続きだ

【この記事のキーワード】

力を持ったものは「普通」でいられるのか

 『スパイダーマン2』でのピーターは、特殊な力を手に入れてしまった自分は普通に生きられるのかという悩みを抱えています。自身がスパイダーマンであることを誰にも話していないピーターは、人知れず悪事を働く人間を退治しています。しかしそんな生活を続けているため、バイトにも大学にも遅れ、思いを寄せているMJとデートすることもままなりません。そしてMJへの思いが強くなればなるほど(普通の生活に戻りたいと思うほど)、ピーターの特殊能力は身を潜めてしまいます。

 「2」のヴィランは、ピーターが尊敬するオットー・オクタビアス博士が変身したドクター・オクトパスです。

 ヴィランになる前のオクタビアスは、優秀な学生というだけのピーターは相手にしないのに、スポンサーであるオズボーン社の代表・ハリーには丁寧に接するというちょっと嫌な人物であることが最初に描かれます。ただ化学や知性の持つ力を信じて、それを正義のために使わないといけないという正しい気持ちも持っている人でもあります。

 そんなオクタビアスは実験中の爆発事故によって、高度な知能を持つ4本のアームと神経が融合し、狂気に取りつかれてしまいます。この事故は、失敗の予兆がみられたにも関わらず自分の研究を成功させたいという強いエゴを優先し実験を中断させなかったために、より凄惨なものになっています。オクタビアス博士も、ノーマン同様に自分の中に潜んでいた悪の部分が増幅してヴィランになったのです。

 普通の生活に戻りたいという思いを持ちながらも、街の中で起きている事件や事故に自分が持つ力を駆使しないことへの葛藤も抱えていたピーターですが、再度実験を行うために手段を選ばず悪事をはたらくオクタビアスに立ち向かいます。最終的に「正しい行いをするには、常に他人のことを考えて、ときには自分の夢でさえもあきらめなきゃならない」というメイおばさんの言葉を聞かせたことでオクタビアスは我に返り、「化け物としては死ねない」と、自らが犠牲になり爆発しかけている実験装置を川に沈めます。

 『スパイダーマン2』を見ていると、正しい行いをするためには、滅私することが重要であるかのようにも思えます。しかし同時に、ピーターは「そろそろあなたの人生を誰かが救うとき」とMJから言われていました。私利私欲のために自分の力を駆使することなく人助けをすることも大切だけれど、自分自身もまた誰かの助けが必要な存在でもある、ということです。

自分の中に悪の芽があったときどうするか

 『スパイダーマン3』では、力を持った人が自身の中に少しでも悪が芽生えたときにどうすべきかが書かれていました。ピーターの中に悪が芽生えたきっかけは、『スパイダーマン1』でベンおじさんを死に追いやった人物への復讐心を持ったことでした。

 同時に、地球外生物の液状生物「シンビオート」にとりつかれ、ピーター自身が、強気で暴力的な性質に変わってしまいます。これは、単に生物にとりつかれたから、というのではなく、彼自身にあったその「芽」が増幅したと考えていいでしょう。これまでのヴィランがそうであったように、悪の「芽」があることは、「悪」と結びつきやすいということです。

 『3』のヴィランは、ベンおじさんを殺したフリント・マルコです。マルコは刑務所から脱走し、迷い込んだ施設で核実験に巻き込まれ、肉体が砂状になるサンドマンと化します。

 このサンドマンもまた悲しい存在です。実際には、病気の娘のために強盗し、誤ってベンおじさんを殺してしまっただけで、純粋な悪役というわけではありません。娘や家族への思いが強かったために殺人を犯し、その上、肉体は脆い砂の塊になってしまったという描写が妙に切ないキャラクターです。

 このヴィランもまた、正気に戻ってピーターと真実を語り合ったあとに、砂となって消えていきます。サム・ライミ版は、スパイダーマンがヴィランを力で葬るのではなく、ヴィランの悔いをピーターが受け止めて成仏させるものなのだということが、シリーズ全体を見てわかります。

 それにしても、サム・ライミのスパイダーマンはなぜ力や正義についてここまでこだわるのでしょうか。おそらく、力や正義について考える必要があるのはヒーローに限った話ではないからなのだと思います。他人よりも少しだけ強い力や権力を持つことは誰にだってあります。自分よりも力を持たない周りの人に、自分の力をどう使うべきなのかというのは、普遍的な問題です。

 世の中にいる悪人というのは、力を自分のためだけに使いたがったり、力に溺れた人でもあります。使い方を誤ると罪人になる。そして、力は人を狂わせやすい。これまで正しく力を使ってきたピーターですら、『3』では、自分が持っていた復讐心とシンビオートが結びついたことによって、己の中の悪を増幅させてしまいました。「シンビオートなんて架空のものだろう」と思うでしょうが、悪を増幅させるシンビオートのようなささやきは、現実世界にもたくさんあります。そこにちゃんと立ち向かわないと、人間は簡単に揺らいでしまうものだとサム・ライミは言いたいのだと思います。

 サム・ライミ版スパイダーマンは力や人間のもつ悪の心に対して非常に意識的な作品となっていました。それではマーク・ウェブの『アメイジング・スパイダーマン』そして現在公開中の『スパイダーマン・ホームカミング』はどうなっているのか、次回以降見ていきたいと思います。

1 2

「サム・ライミ版『スパイダーマン』の「力を持つこと」への葛藤は社会と地続きだ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。