父になりきれないアイアンマンと、父になりすぎたヒールの狭間で成長するスパイダーマン/『スパイダーマン ホームカミング』

【この記事のキーワード】
父になりきれないアイアンマンと、父になりすぎたヒールの狭間で成長するスパイダーマン/『スパイダーマン ホームカミング』の画像1

(C)Marvel Studios 2017. (C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

 現在公開中の『スパイダーマン ホームカミング』では、ここまで見てきたサム・ライミ版マーク・ウェブとは明らかな違いがありました。

 それは、人がほとんど死なないということ。ベンおじさんの死すら物語では直接、描かれてはいません。また、ほかのスパイダーマンシリーズでは、ヴィラン(悪役)の多くが、細胞になんらかの刺激が加えられて、人間以外の能力を持った何者かになってしまうという話がほとんどでしたが、『ホムカミ』のヴィランであるヴァルチャーは、細胞には何も加えられていないということも、今までのシリーズとの違いです。

 ヴァルチャーのスーツは、宇宙人との闘い(『アベンジャーズ』の敵・チタウリ)で出た宇宙船の残骸などと地球の技術を組み合わせて作られているので、その機能は現実を超えていますが、ヴァルチャー自身は、常に人間らしい性質を保っています。歴代シリーズに出てきたヴィランのように、遺伝子操作された電気ウナギと融合したりとか、実験に巻き込まれて肉体を砂に変えられるようになったり、タコのようなアームが自身の脊髄の神経に接続されてしまって……というように、人間の体が何かしらの変化をしているというものではありません。

 それはスパイダーマンでも同じです。今回、スパイダーマンはクモに噛まれて遺伝子になんらかの変化が起きたことを直接的に描くシーンもありません(セリフにはあるので噛まれて肉体が変化したことは明らかなのですが)し、スパイダーウェブ(クモの糸のようなもの)も、体から直接出るものではなく、糸の素を補給して、体の外に装着している機械から出すことになっていました(もっとも、原作ではずっとそうだったけれど、サム・ライミ版で体から出る仕様になって変わったそうです)。

 遺伝子が組み替えられたり、心が何かに支配されることがないので、ヴァルチャーは正気を失ってしまったり、悪意が増幅したりはしないのです。そのため、ヴァルチャーはずっと行動の原理がはっきりしていました。それは家族を食わせる、ということです。

 実は、ヴァルチャー(通常はトゥームスという名前で生きています)の会社は、市から宇宙ゴミ処理の仕事を請け負っていましたが、トニー・スターク(アイアンマン)の会社と行政が宇宙ゴミの処理を受け持ったことによって、仕事を失ったという過去がありました。しかし、ヴァルチャーはそのことで安易にトニーの会社を恨んで復讐を行うこともなく、政府やアベンジャーズに目をつけられないように、とにかく家族のために事業を続けてきました。ところが、今では宇宙ゴミを盗み、それを使って武器を作り、儲けるという危険すぎる稼業に身を落としていました。それはかつて、トニー・スタークがしてきたこと(人の命を奪う武器を作っていたこと)とも重なるのです。

 スパイダーマンは、そんなヴァルチャーの動きを阻止しようとしますが、その最中に意外な事実を知ってしまいます。

【ここからネタバレ含みます】

 ヴァルチャーはピーターが思いを寄せるリズの父親だったのです。ピーターは、リズとともにホームカミングのパーティ(プロムのような同窓会のようなものだそうです)へ行くその日に事実を知り、リズをおいてけぼりにして、ヴァルチャーを阻止しようとします(女性をおいてけぼりにするのは、トニー・スターク譲りです……)。

 『ホムカミ』のピーターは、恋人の父と父替わりの存在のトニーという、二人の父との衝突と、その中での成長が描かれていたと言ってもいいでしょう。これまでのシリーズでもピーターは父親が不在でしたし、その上、ほかのシリーズでは親代わりであったベンおじさんも『ホムカミ』では不在でした(本作では、メイおばさんに悲しい出来事があったというセリフもありましたので、すでにおじさんは事故にあっているのでしょう)。『ホムカミ』にとってふたりの父という存在はそれだけ大きな意味があったのだと思います。

 それにしても、一度はアベンジャーズの一員としてヒーローの仕事をした経験(その様子は『シビルウォー/キャプテンアメリカ』でみることができます)のある15歳のピーターは、その後も、いつトニーから招集がかけられるかと、トニーやその部下の連絡を来る日も来る日も待っています。大人とは比べ物にならないほど、「認められる」ことへの期待が大きかったんだなということが伝わってきます。そのワクワクが愛らしいのと同時に、期待が報われないことがせつなくも写ります。

 トニーのピーターに対する態度は、あまりにも子供扱いで酷いと思ったものですが、『アイアンマン』シリーズを見てみると、トニーは人一倍「責任」という言葉を意識しているし(気にしているからこそ、いい加減に見える態度をとってしまったり……)、しかも大人でありながら、大人になり切れない人物でもありました。『ホムカミ』はピーターの物語ではありながら、アイアンマン=トニー・スタークのことが妙に気になってしまう一作にもなっていました。現在放送中のドラマ『過保護のカホコ』が、ヒロインのカホコが成長できていないことよりも、母親や父親が実は成長できていなかったことのほうが、実は問題であるということを描いているのもテーマとして似ていますね。

 また、武器を売る家に生まれたトニーは、もともと保守派に支持され、リベラル派に批判されていた人物でもあります。そして自身の考えでビジネスの方法を反転させてからは、逆にヴァルチャーのような「成り上がり」にとっての目の上のたんこぶのような存在になった事実があります。巨大企業の社長であるトニーに対して、煮え切らない思いをもつ市民も多いでしょう

 トニーは、武器を売ってきた(戦争に加担してきた)ことで、多大な富を手に入れてきたという「枷」を背負った人ですす(同時に様々な技術も生んできました)。そして、そこからどう脱却するのかが常につきまとっている人でもあります。だから、物語の中では、自己批判を強いられるキャラクターにもなってしまうのでしょう。

 『ホムカミ』では、そんなトニーという父になり切れない父(父になりきれないくせに、家には帰らずに、もしくは家にいても地下で研究してばかりで仕事一筋という意味では、男性性には縛られまくっています)や、ヴァルチャーという家父長的で父すぎる父という二人の存在と対峙することで、ピーターは成長します。確かに、世の中は、父になりきれない父と、父になりすぎる父であふれています。ピーターよりも、ヴィランよりも、トニーの成長が気になる一作でもありました。

※読者からの指摘を受け、一部表現を改めました。

「父になりきれないアイアンマンと、父になりすぎたヒールの狭間で成長するスパイダーマン/『スパイダーマン ホームカミング』」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。