連載

「読モ」に憧れて上京した香川出身女子が「女優」として脱ぐ理由/上京女子・ケース5

【この記事のキーワード】

カメラの前で脱ぐ仕事。彼氏には言わない

最近の仕事について聞いてみると、麻耶は出演作品をいくつか教えてくれた。

最近撮り終えたという作品は、私でも知っているような有名な監督が撮った映画だった。その監督の最新作のため、かなり大がかりなオーディションが行われ、麻耶は準主役を勝ち取ったそう。

「嬉しかったけど……少しだけ迷いはあったかな」

聞くと、その映画は、脱いだり、俳優との絡みがある作品だという。

「全国公開の映画だし、私の出身地って田舎だから、家族に迷惑をかけるのは嫌だった。『映画には出たいけどどうしよう……』って思ってお母さんに電話したんだよね。でも、『ここまで頑張ってきたんだから、満足できるまでやりたい』って言ったらお母さんも応援してくれて。それで踏ん切りがついたかな」

しかし、元俳優の彼氏には言えないでいるそうだ。

「彼氏とはそういう話はタブーなんだよね。映画でキスしたりハグするだけでも嫌な人だから。私も彼氏がそういうことしてたら嫌だし」

二人は付き合ってもうすぐ3年。結婚も意識し始めているという。

アイスケーキを食べながら語り合った

アイスケーキを食べながら語り合った

今東京にいるのは、大事な人がここにいるから

彼氏と結婚するということは、ずっと東京に居続けるのだろうか。そもそも、女優の仕事を続けるのであれば、東京以外で仕事をするのは難しいだろう。

「それはわからないかな。今、私が東京にいるのは、彼氏とか親友、大切な人が東京にいるっていうのが一番の理由。仕事は二番だから」

彼女の親友は同じ駅に住んでおり、毎週どちらかの家で語り明かす仲らしい。

「もちろん女優の仕事だけで生活していけたらそれが一番理想だけど、最近はいつ仕事変わってもいいかなって気持ちもあるんだよね。女優に固執しなくなって、他の仕事でも可能性があるんじゃないかって」

最近、手伝う機会があり「物作り」にも惹かれ始めているという。

夢追い人が集い、お互いをさらけ出す場所

最後に、読者モデルという華やかな世界に憧れて上京し、期せずして女優という仕事に巡り合った麻耶に、今の自分の居場所について聞いてみた。

「居場所っていうと、彼氏とか親友とかといる時間、かな。私って自分をあまり出せないタイプだから、自分のことをすべてさらけ出して、このままでいいんだって思わせてくれる人たちの存在がとても大切。その人たちがいるから、東京でも私に居場所があるんだって思えるんだと思う」

彼女の親友も、女優になる夢を追って東京にきた上京女子のひとりだ。

夢を追って上京した人のうち、一体何人が最初に思い描いていた夢を叶えているのだろう。多くの人の夢は上京してから更新されていく。挫折して夢を諦めた人もいれば、新しいことに惹かれ、流されていくうちに、意図しない場所にたどり着く人もいるだろう。

それぞれの夢を追って東京に辿り着いた人たちは、お互いに頼り合いながら夢の形を変形させていく。他人の目には、「夢を諦めた」「上京した意味ないじゃん」と映るかもしれない。

しかし、上京したことで、夢を語り合える仲間や、すべてをさらけ出せる友達に出会えたのだとしたら、それだけで上京した価値はあったんじゃないかな、と思う。その上で、夢が叶ったり、新しい夢に出会えたら、最高だけど。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。