月経を「生理」と呼ぶのはNG!?  アンネナプキンの登場によって劇的に変わった月経観

【この記事のキーワード】

 状況が一変したのは、1961年の「アンネナプキン」の発売後である。

 アンネナプキンは、坂井泰子さんという27歳の主婦が、女性のために清潔で便利な生理用品を作りたいという一念で設立したアンネ社によって開発、発売された元祖使い捨てナプキンである。発売と同時に爆発的に売れ、愛用者たちからは、その快適な使い心地に対する感謝の手紙が、坂井さんやアンネ社あてに、1日に100通以上も届いた。その手紙の中のいくつかに、月経日を「アンネの日」と呼んでいるものがあった。

当方6年の女児のため用意に購入しました。私どもの最初の不快な印象をムスメ達に与えず愉しく、その日を過ごさせるために……。私、ある方面で40前後の方々のグループにて非常勤にて余暇をカウンセラーとして働いておりますが、私共の仲間の間では貴社のお名前を拝借してこの日を「アンネの日」と呼び合っています。柔らかみを含ませる意味で……。生理、メンスなど一寸ズバリでイヤ味を覚えますから……。(2)

 当時は、「月経」はもちろん、「生理」「メンス」も口にしづらかったことがわかる。

 アンネナプキンの発売の翌年、アンネ社はこうした手紙をヒントに、「『アンネの日』ときめました!」というキャッチコピーを使った広告を制作し、新聞等で大々的にアピールした。その結果、「アンネの日」は月経日の代名詞として、瞬く間に全国に広がった。

 広告制作の翌年には、次のような投稿が新聞の「家庭欄」に掲載されている。

「いつもより帰りが遅いなあ」と少々案じているところへ、小学5年生の娘が息をはずませて帰ってきた。放課後、女の子だけ残って保健の先生からお話があったというのである。私は来るべきときがついに来たと、思わず身体が堅くなるような思いだった。

さりげないふりで「どんなお話だったの?」と聞く私に、娘は今日1時間半ほどあった「初潮について」のスライドやお話をいろいろ話してくれた。(中略)おわりに娘は、「これは言い方もいろいろあるけど、今はアンネの日って言うんだって。アンネって女の人の名前でしょう」という。私はただただ感心して聞き入るだけ。

思えば私がそれを学校で聞かされたのは、女学校に入ってからで、帰宅しても母には話はしなかった。その間に、私は友人から知らされていたのだが、そんなことは口に出すべきことではないと思って、自分の胸ひとつに収めていた。その後1年くらいして初潮を見たが、そのときどんなふうに母に切り出したものかとためらったあの日の気持ちは今でも忘れない。

それに比べて今の子は、私の目の前で何の恥じらいもおそれもなく話してくれた。それは「アンネ」のひびきそのままに、さわやかな感じだった。私は育ちゆく乙女たちの将来が、このようにすこやかに、のびのびとあれかしと心から思った。(3)

 それまでは、月経に関することは母子の間であっても話しづらかったのだが、「アンネ」という言葉がその垣根を外したのである。そして、女性たちが月経を語る言葉を得たことで、月経に対するタブー視も急速に薄らいでいった。アンネナプキン以前アンネナプキン以後とで、月経観が大きく変換したのである。

 月経を口に出すことも憚られた時代から、「アンネ」という代用語を経て、今日女性たちは自分たちに起こる出血現象をためらいなく「生理」と呼べるようになった。そこに不浄視や羞恥心は感じられないし、月経の代用語として使っているという意識もないだろう。

 「生理」には別の意味もあるため、正確を期すなら「月経」を使った方がよい。しかし「生理」を使ったからといって、女性の身体的特性を否定することにはならないし、月経の受容を女性自身が阻むことにもつながらない。

(1)前回、「経血漏れ」について書いたが、これさえ「生理漏れ」と表現されることが多い。しかし、漏れるのは「生理」ではなく「経血」なので、この場合は適切な用語とは言えない。

(2)渡紀彦『アンネ課長』

(3)1963310日付『毎日新聞』朝刊

1 2

あなたにオススメ

「月経を「生理」と呼ぶのはNG!?  アンネナプキンの登場によって劇的に変わった月経観」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。