連載

『先に生まれただけの僕』等身大の櫻井翔が感じられる学園ドラマ。ゆとり教員VS会社員校長の戦いにニヤリ

【この記事のキーワード】

 さて櫻井さん。スーツ姿の彼を見ていてふっと思い出したのは『木更津キャッツアイ』(TBS系・2002年)で演じていた中込フトシ(バンビ役)。毎日ビールを飲んで遊ぶことしか考えていないような地元の男5人グループの中で、ひとりだけ大学に通う童貞の真面目な青年役。自身も嵐=男5人グループに所属し、今では当たり前となった高学歴アイドルの先駆者。それが櫻井さんとすごくリンクしていてはまり役だな、と思った記憶があるのです。

 真面目なバンビが鳴海になって戻ってきた、そんな感覚が櫻井さんを通してドラマに見られました。もしバンビが35歳になって会社員になっていたらこんな感じなのかな、と。なんせ、個人的に木更津キャッツアイファンなものでちょっと嬉しかったです。

 最終回までにいろんな伏線が張られていることが予想される物語。第一話はぬるま湯にどっぷり浸かっている教員たちがイラッとさせてくれて、ニヤッとしましたね。第二話が楽しみです。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。