エンタメ

ダルちゃん、インテグレート……「女性の抑圧」を描く作品のモヤモヤ分岐点は”誰に何を語らせるか”

【この記事のキーワード】
ダルちゃん、インテグレート……「女性の抑圧」を描く作品のモヤモヤ分岐点は誰に何を語らせるかの画像1

ダルちゃん」(資生堂「花椿」)より

 資生堂のWEBサイト「花椿」で毎週木曜日に連載されている漫画「ダルちゃん」(はるな檸檬)が話題になっています。

 24歳の派遣社員・丸山成美は、人間に擬態して生きていますが、実はダルダル星人のダル山ダル美というのが正体です。ダルちゃんは毎日、なんとか人様の前に出てもよい人間の女になるよう、シャワーを浴び、メイクをして、ストッキングとハイヒールを履いて仕事に向かいます。ダルちゃんの擬態が他人ごととは思えない女性は多いのではないでしょうか。

 ダルちゃんは、人間の世界に合わせようと必死で暮らすうちに、擬態がうまくなりすぎました。ゴミの片づけやコピー、お茶くみなどをこなしていくうちに、会社に居場所を得たような気にもなっていきます。そんな中、職場の飲み会で同僚のスギタに絡まれ、それも擬態のうちと周囲のやり方を見て笑ってやりすごしていたダルちゃんは、経理のサトウさんから呼び出され「あなたはね、あいつ(スギタ)のマスターベーションに笑顔で付き合わされたの」「簡単につけこまれて人生を支配されちゃうよ」と注意を受けます。

 なぜサトウさんにそんなことを言われなくてはいけないのだろう、と戸惑うダルちゃんですが、次第にサトウさんこそ間違っていると考えるようになり、誘われるままスギタとふたりで飲みにいきます。スギタに認められたと思ったダルちゃんは、サトウさんに対して、女として“勝った”と思うのです。

 こうした描写に対しては賛否両論がありました。男性目線を内面化しすぎたダルちゃんに嫌悪感を持つ人もいれば、ダルちゃんの行動に嫌悪感を抱きながらも、「自分にもダルちゃんのように擬態してやり過ごしてきた経験がある」「ダルちゃんは私だ」と思う人もいたようでした。反対に「サトウさんこそ私だ」と思った人も、「ダルちゃんもサトウさんも私だ」と思った人もいたでしょう。

 私自身も、派遣社員として働いていたこともあり、擬態してやりすごせている人が自分よりうまく会社になじめているように見えて、そうできたらどんなに楽だろうかという気分になったこともあります。だからスギタのことは憎めても、ダルちゃんを嫌いになったり、漫画に嫌悪感を持ったりという気分にはなれませんでした。

 近年は、社会の抑圧が存在することや、そこに過剰に内面化してしまう女性や、その抑圧をはねのけようとする女性を描いた作品がたくさんあり、そのたびに物議を醸してきました。

 そのとき、誰がどう抑圧しているかという設定次第で、読者は安心して見られることもあるし、違和感を覚えたりすることもあるのだということを、「ダルちゃん」を読んだことで整理することができました。

1 2 3 4 5

西森路代

ライター。1972年生まれ。大学卒業後、地方テレビ局のOLを経て上京。派遣、編集プロダクショ ン、ラジオディレクターを経てフリーランスライターに。アジアのエンターテイメントと女子、人気について主に執筆。共著に「女子会2.0」がある。また、 TBS RADIO 文化系トークラジオ Lifeにも出演している。

twitter:@mijiyooon

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。