政治・社会

今井絵理子が自民党会合の接待要員として大活躍――これっておかしくないですか!?

【この記事のキーワード】
今井絵理子

今井絵理子Twitterより

 今年も昨年に引き続き、著名人の不倫騒動が数多く巻き起こった年であったとつくづく思う。私生活を監視して暴いて騒いでいるのは基本的に外野であることを考えれば、「お騒がせしてすみません」と当事者たちが謝罪するのも変な話ではあるのだが、“公人”である以上やはりそうもいかない。

 元SPEEDの今井絵理子参議院議員(34)もそのひとりである。今井議員と妻子ある元神戸市議の橋本健氏(37)の不倫が発覚したのは7月のことだった。今井議員が宿泊先のホテルで撮影された<すっぴん・濡れ髪・パジャマ写真>や、新幹線車内で撮影された<手つなぎ爆睡写真>など、衝撃的な写真の数々が「週刊新潮」(新潮社)の誌面を彩ったのだ。橋本氏は週刊誌に記事が掲載された直後に会見を開き、「(お互い惹かれあってはいるものの)一線は超えてない」「妻との婚姻関係は45年前から事実上破綻」と釈明した。

 今井議員は「(橋本)市議から交際の申し込みがありました」と相手から熱烈に求められていることをブログに綴ったうえで、「一線は超えてない」「略奪不倫では断じてありません」と清廉潔白をアピール。だが、橋本氏の妻は「(夫は)昨年8月に一方的に離婚を言い出し、家に帰らなくなった」と食い違う証言。昨年8月とは橋本氏と今井議員が勉強会を通して知り合った4カ月後となるため、橋本氏の心変わりの影には今井議員の存在があることは濃厚だろうと推測され、ふたりの関係はひどくバッシングされた。

 9月に放送された『Mr.サンデー』(フジテレビ系)は橋本氏の妻が作成したという書面を提示。妻は書面で「今井さんからは謝罪どころか何のご連絡もありません。どう責任を取るおつもりでしょうか。私としてもこのままで終わらせることは一切考えておりません」としており、番組内では今井議員を提訴する可能性があることについて触れていたのだが、この件についての続報はいまのところないようだ。なお橋本議員は市政報告チラシの印刷代を架空請求していたことが発覚し、829日に市議を辞職している。

 そして非難が集中した今井議員も、その後、公の場に姿を現すことがなくなっていた。1219日発売の「女性自身」(光文社)はそんな今井議員の近況を記事にしている。

 12月中旬のある夜、東京都内の高級フランス料理の前に横づけされた一台の高級車を見送るために、店内からぞろぞろと人が現れたそうで、その中にはパンツスーツを着た今井議員の姿が。政界関係者のコメントによると、今井議員は不倫騒動の影響で有権者からはすっかり嫌われてはいるものの、人目を気にしなくてもいい議員同士の会合ではやはり人気が高く会合によく呼ばれているのだという。つまりは体のいい接待要員ということか。

 彼女も彼女で自身の不倫騒動で所属する自民党の足を引っ張ってしまったとの思いが強く、先輩議員に呼ばれたら必ず会合に顔を出すようにしているというのだが……。いや、ちょっと待ってくださいよ。これってドラマ『民衆の敵』風に言わせてもらうなら「世の中、おかしくないですか!?」ではないだろうか。

 今井議員は20167月の参院瀬で当選したばかりのまだまだ新人議員である。当選直後に『池上彰の参院選ライブ』(テレビ東京系)の中継で、池上彰氏に自身の出身地である沖縄の基地問題についてどう考えているのかを問われると「これから向き合う」と理解を深めていない様子を見せていた。この返答には池上氏も「沖縄の問題については認識を深めて、自身はどのように考えるのか、自民党の政策はどうなっているのかを知った上で立候補されているのかと思っていましたが……。ある意味正直ですが、ちょっとびっくりしました」と戸惑いを見せており、今井議員が本当に政治に興味があるのか、一体どうして立候補したのか正直わからないと筆者も疑問に思った。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。