エンタメ

竹内結子、深田恭子、石原さとみ、広瀬すず、吉岡里帆も!! 豪華女優が勢揃いする2018年1月ドラマ、どれを見る?

【この記事のキーワード】

 

『海月姫』公式Twitterより

『海月姫』公式Twitterより

 1月5日スタートの『女子的生活』(NHK総合)を皮切りに新ドラマが続々と放送開始されるが、今クールはいつも以上に豪華女優陣が勢揃いしている。

 まずフジテレビの月9ドラマ『海月姫』の主演・芳根京子(20)。同作は東村アキコ(42)の同名漫画が原作で、相手役を務めるのは瀬戸康史(29)。2014年に実写映画化された際には、同役をのん(24)と菅田将暉(24)が演じており、比較してしまえば決してネームバリューが高い組み合わせではない。

 しかし前クールの『民衆の敵』は篠原涼子(44)、高橋一生(37)、石田ゆり子(48)などの主役級の演者を集結させたにも関わらず、視聴率は5%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を叩き出すほどの大爆死。ドラマとは、出演者も然ることながら脚本が面白くなければ人気を集めることはない。その点『海月姫』は、すでに脚本のファンを獲得しているため、ファンの期待に答える演出がなされれば高視聴率を獲得する可能性は十分にある。

『きみが心に棲みついた』公式サイトより

『きみが心に棲みついた』公式サイトより

 TBSの火10ドラマ『きみが心に棲みついた』では、オリコンが発表した「2017年 ブレイク女優ランキング」で1位を獲得した吉岡里帆(24)が主演を務める。同枠は『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』『あなたのことはそれほど』などの人気ドラマを連続して排出しているため、注目度は抜群。

 同ドラマも、『Kiss PLUS』(講談社)に掲載されていた天堂きりんの同名漫画が原作で、桐谷健太(37)と向井理(35)の間で吉岡が揺れる三角関係のラブストーリー。対照的な性格の2人のイケメンが登場するストーリーは、SNS上で「どっち派!?」などの議論は起きやすいだろう。ネット人気から口コミで火がついた『カルテット』『あなたのことはそれほど』同様の展開になることを期待したい。

『anone』公式サイトより

『anone』公式サイトより

 『過保護のカホコ』『奥様は、取り扱い注意』と絶好調の日本テレビ水曜22時ドラマは、主演に広瀬すず(19)を迎えた『anone(あのね)』。脚本は『Mother』(日本テレビ系)や『カルテット』を手掛けた坂元裕二(50)で、共演者には瑛太(35)や阿部サダヲ(47)が顔を揃えた。生きる意味を問いかける坂元らしい重厚なストーリーとなるそうで、前評判は非常に高い。

 広瀬がドラマで主演を演じるのは2015年の『学校のカイダン』(日本テレビ系)以来3年ぶりだが、その間に『ちはやふる』『四月は君の嘘』『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』など映画界でヒットを連発し、名実ともにトップ女優の仲間入りを果たした。しかし、地上波のドラマで結果を残せなかった場合、低視聴率女優の烙印が押されてしまう。同ドラマは、クランクイン直前に高橋一生が降板したり、情報解禁前に企画書が流出したりとトラブルが相次いでいるが、無事、有終の美を飾ることは出来るのだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[amazonjs asin=”4800273870″ locale=”JP” title=”石原さとみ写真集『encourage』”]