『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』『奪い愛、冬』2017年記憶に残るドラマはスピード感&緊迫感がすごかった!

【この記事のキーワード】

BEST1『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』主演・小栗旬、西島秀俊/関西テレビ、フジテレビ系

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』『奪い愛、冬』2017年記憶に残るドラマはスピード感&緊迫感がすごかった!の画像4

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』公式サイトより

 『公安機動捜査隊特捜班』と呼ばれる機密部隊によるアクションエンターテイメント。

 ドラマは、いつも新しさを取り入れて、視聴者の心を揺さぶっていくことが必須事項。そんな新しさを久々にこのドラマで体感しました。まずは取り上げにくい緊迫感ある社会問題を次々に映像化していったこと。毎話、テロリスト、政治家、新興宗教といった脅威たちと特捜班が戦います。そして必ず誰かが悲しい死を遂げる。喫煙シーンだけで視聴者から怒号が飛んでくる時代に、タブー視されがちなテーマを堂々と扱う潔さが逆に良かったのです。

 そして主演の小栗旬さん、西島秀俊によるスピード感あるアクション。その辺に立っているだけでも絵になる2人が飛んだり跳ねたりすることで、さらにかっこよくて眼福。うっとり。

 加えて小栗旬さん演じる稲見の、普段は軽そうな雰囲気で周囲との距離感を縮めているのに、事件となれば「やるときゃやりますよ」とでも言いたげに犯人へ突進するギャップ。バーで次々に女性を口説くシーンも良かったです……。あのバーは都内のどこにあるんでしょうか、常連になりたい。

 最終回のラストシーンは、こちらの想像を掻き立てるように終了しました。特捜班たちが、今度は理不尽なことばかりを要求する警察と対立しそうなんですよね。あの派手な立ち回りよ、アゲイン!

1 2 3

「『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』『奪い愛、冬』2017年記憶に残るドラマはスピード感&緊迫感がすごかった!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。