エンタメ

海猫沢めろんインタビュー ホストが語る「愛」は、子育てには通用しない――ホストのイクメン小説『キッズファイヤー・ドットコム』

【この記事のキーワード】

破天荒すぎるホスト時代

umineko_04

――私、元ホス狂いなんです。1年くらいホストに貢いでいました。子育て経験はないのですが、その経験を買われて(?)今回このインタビューを担当することになって……。なので、今回は子育てだけじゃなく、ホスト時代についてもおうかがいしたくて。

海猫沢めろん(以下、海猫沢) 1年通ったんですか! それは相当金を使いましたね……。ホストクラブに行っていた人がこの本を見て、どう思いましたか?

――「風林会館」や「野郎寿司」とか、歌舞伎町の名物スポットの名前がバンバン出てきて……神威の出勤ルートが鮮明に浮かびました(笑)。あと神威たちって“今っぽい”ホスト、いわゆるネオホストじゃなくて、昔ながらのホストだなと。表紙のイラストも、ちゃんとスーツ着ていますし。

海猫沢 今のホストって、めちゃくちゃカジュアルですよね。2015年に取材をしたんですが、その当時はスーツとカジュアル半々でした。2軒のホストクラブを取材したんですが、どっちの店でも「服はKAWANOで買っている」と言っていましたね。

――KAWANO!!(注:新宿伊勢丹の近くにある、“ザ・ホスト”なスーツを取り扱っている店)私の担当ホストも「新人ホストは、みんなKAWANOでスーツを買わされる」と言っていました。

海猫沢 今まで読んだホストの小説とかで、KAWANOが登場するものはなかったから、「これは書こう」って決めていました。

――海猫沢先生は元ホストなんですよね。何歳の時に勤めていらっしゃったんですか?

海猫沢 19歳とか18歳の時だから、もう20年以上前ですね。しかも田舎のめっちゃくちゃ辺ぴなホストクラブですよ。今のホストクラブとはまったく違う世界です。

――どういうホストだったんですか?

海猫沢 以前出した小説『全滅脳フューチャー!!!』でも書いてますが、、完全にオタク。“オタクホスト”でした。ひどいファッションでしたよ。当時のホストもやっぱりスーツが定番だったんですよ。でも僕はオタクの上に中二病で、しかも天邪鬼だったので、「絶対スーツは着ないし、お前らのやっているようなリア充の仲間にはならないぞ」って思っていて。ラッセンの絵がプリントされているズボンにロング丈の英字プリントシャツを着て、首には十字架のネックレスを付けていました。

――かなり破天荒なホストですね。指名の姫はいたんですか?

海猫沢 いるわけがない(笑)。あと当時って永久指名制ではなかったんですよね。店にホストが何人かいて、みんなでもてなす、みたいな感じでした。でも僕、酒が飲めないんですよ。一気飲みしているフリして全部こぼしていましたね。お客さんに「なんか歌ってよ」と言われても、仏頂面でアニソンを歌って場を凍りつかせていましたし。すごくひどいホストでしたね。本当になんでホストやっていたのかわからない。憎しみを持っていました。「みんなを嫌な気持ちにさせてやる」って。

――ホスト文化に憎しみすら持っていたのに、なぜ主人公をホストにしたのでしょうか。

海猫沢 職業の中でもキャラクターが立っているからですね。この設定でサラリーマンは難しかったと思うんですよ。サラリーマンっていっても、勤めている会社によってみんな違うから。でもホストって存在がわからなすぎて、最初から共感するとかもないじゃないですか。取材をして今のホストの知識も得ましたが、この本においてはリアルに描く、というよりはキャラクターライズしていますね。

――でも、神威に関しては超典型的なホストだなって感じでした。売り上げのためにいろいろしてきたんだろうな……って。ここまで物事を考えているホストはいないだろうなとも思いましたが。

海猫沢 ホストクラブにいるホストって、世界観がジャンプみたいなんですよ。男同士で「イェーイ」「頑張ろうぜ」みたいな。チーム感あって。男からすると、本当に楽しいんだろうなって思いました。ノリもすごいですよね。仕事を離れると、どういう感じだと思いましたか?

――わりとただの若造って感じだと思います。

海猫沢 ですよね……。僕も彼らと話していて、あんまり物事を考えていなさそうだなというのは感じました。自己啓発書を読んでいるって言っていたけど、表面的で、頭がキレるホストはいるけど、わりと場当たり的だなと。でも彼らって、基本的にスクールカーストの上位にいた子が多いから、空気を読んだり盛り上げる才能はすごい。

――この本を読んで思ったのが、実際のホストが子供を押し付けられたら、逃げそうだなと。クラウドファンディングで子育てをする展開にはならないかと。

海猫沢 ならないですよね。でも、あまりホストの世界をリアルに描くと、『闇金ウシジマくん』みたいになっちゃうじゃないですか。ホストって掘り下げていくと、絶対「女の人に金を貢がせている」という問題が浮上するんですよ。しかも、女性に貢がせていることに彼らは罪悪感をおぼえていない。共感能力がある子はできない職業ですね。

――そうですね。女に貢がせることに遠慮しちゃう人は売れない世界だと思います。だから、売れている神威はそういうことを考えずにやった人なんだろうなって。

海猫沢 そこのバランスが難しいですね。リアルすぎるとその問題が出てくるので、ある程度ファンタジーにしておかないといけないなと思いました。実際売り掛けの話とか笑えないですし。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。