少女小説とケータイ小説の違い、10代の虚無感を映すケータイ小説文庫/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー

【この記事のキーワード】
少女小説とケータイ小説の違い、10代の虚無感を映すケータイ小説文庫/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビューの画像1

『通学電車 君と僕の部屋 』(コバルト文庫)

『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』(彩流社・2016)の著者で、社会学者の嵯峨景子さんに少女小説の「今」について聞くインタビュー第3弾。嵯峨さんによれば、2000年代半ばに大きなブームを巻き起こしたケータイ小説は、少女小説の近接ジャンルでもあるそうです。今となっては少女小説以上に語られる機会のないケータイ小説。しかし、ブームとともに成長した少女たちにとっての存在感は大人が思っている以上に大きいだろう、と指摘します。

そろそろ、「少女小説」について語り始めよう/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー
20代以上が読む「姫嫁」もの、10代に刺さった『告白予行演習』/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー
少女小説とケータイ小説の違い、10代の虚無感を映すケータイ小説文庫/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー
「女子ども向け」カルチャーは、なぜ大人たちをいらだたせるのか。/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー
マスであるほど語られにくい少女向けカルチャー、その先に/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー

大人たちの知らない大ヒット少女小説――『通学電車』シリーズ

嵯峨 今回、小池さんとぜひケータイ小説の話をしてみたかったんですよ。『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』でも、ケータイ小説のことは近接するジャンルとしてとりあげましたが、あまり深くは語れなかったので。

小池 嬉しいです。ケータイ小説って、コバルト文庫のように「少女小説」と表立っては言われていないですけど、実質的には「少女」が主に読んでいる小説なんですよね。だから、少女小説としての言及も重要じゃないかと常々思っていました。

嵯峨 ケータイ小説が少女小説としても重要だというお話、同感ですね。リアルの少女たちの読書動向を追うデータとしては、今のところ読書調査くらいしかわかりやすいものがないんですけれど、それだけを見てもケータイ小説の存在感は大きいです。私たち大人が思っている以上に、若い人たちの間でしっかり読まれていると私も思います。

小池 大人は『Deep Love』(スターツ出版・2003)や『恋空』(同左・2006)くらいしか把握できていないことが多いですけど、実は他にも読まれているケータイ小説はたくさんありますしね。

嵯峨 あ、その話をしようと思って今回資料も準備してきたんですよ……。小池さん、集英社から展開されたケータイ小説の『通学電車』シリーズ(2010~)はご存知でしょうか。

小池 はい。高校生のベタな恋愛もので、すごく人気がありましたね。最近(201712月)、シリーズ最新刊が出ていて「まだ続いてたのか!」と驚きました。

嵯峨 これはもともと、ケータイ小説投稿サイト「野いちご」に連載されていた作品です。これが、「E★エブリスタ」の「Seventeenケータイ小説大賞」第一回グランプリを取ったことから、最初はコバルト文庫で出版されたんですね。でもそのあとに、集英社がピンキー文庫というケータイ小説レーベルを独自に作って、「通学」シリーズはそちらで本格的に展開される形となりました。実はこれが中高生にかなり読まれていて……。これ、20102012年の読書調査の結果です。

少女小説とケータイ小説の違い、10代の虚無感を映すケータイ小説文庫/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビューの画像2

2010~2012年の読書調査より(編集部作成)

小池 わ、すごい。わざわざありがとうございます。7811位……。たくさんランクインしていますね。

嵯峨 2015年にはシリーズで累計135万部を突破していますから、堂々たるヒット作ですよね。ケータイ小説ブームのあとだったせいか、どうも大人の世界での知名度は低いのですが。

小池 小説の表紙に松坂桃李くんみたいなイケメンモデル・俳優が起用されていたり、千葉雄大くん主演で映画化されたりと着実に若年層に刺さるように作られていましたけど、だからこそ大人の観測から漏れているんでしょうか。

嵯峨 そうかもしれません。映画が公開になった頃、2015年くらいからは逆に、読書調査では見かけなくなってしまうんですけど、2010年代初頭の人気は突出していました。展開としてうまかったと思うのは、「通学」シリーズの刊行に合わせて、集英社のティーンズ向けファッション雑誌「Seventeen」に、コミカライズを載せていたことですね。

小池 ああ、それは「わかってる!」って感じがしますね。ケータイ小説と親和性が高いのは、ファッション雑誌を読むような子たちだったわけですから。

嵯峨 この辺りの戦略に関して言えば、集英社はやはりうまいですよね。「通学」シリーズのような作品には、既存のコバルト文庫読者は食いつきません。だからここは、ターゲット層を完全に分けてマーケティングしたわけです。

小池 そして、その中で明確に「若年層向け」だった方が、大人の世界から見るとよけいわかりづらい、気づきにくいものになっていたと……。うーん、やっぱりここには分断がある気がします。

「不良ラブ」の金字塔『ワイルドビースト』

嵯峨 読書調査といえば……。2010年に、『ヤンキー彼氏と泣き虫彼女』(スターツ出版)という、やはり「野いちご」発の作品がランクインしているんですよ。

小池 きましたね、ケータイ小説の中で絶大な人気を誇る「不良ラブ」、ヤンキーもの。

嵯峨 これだけがポツンと、この時期に突然ランクインしてきたことがちょっと印象的で。ヤンキーものって、この頃から流行り始めたんでしょうかね?

小池 そうですね。2009年頃から、似たタイプのヤンキーものの投稿が一気に増えて、人気作が書籍化されるようになりました。特に流行ったのは、「少女が、周りに恐れられているヤンキー、あるいは暴走族のトップに溺愛され、さまざまな危険から守られる中で自分を取り戻していく」という筋書きです。『ヤンキー彼氏と泣き虫彼女』も、普通の女の子がヤンキーグループのリーダーに愛されて……という、まさにそのタイプのお話でしたね。

嵯峨 そのブームって、きっかけになる作品があったんでしょうか。

小池 ケータイ小説投稿サイトとしては最大手の「魔法のiらんど」に、『ワイルドビースト』(ユウ著)っていう人気作があったんですよ。2009年に書籍化されて、本編だけで8巻続くロングヒットになりました。暴走族の総長を「最強にして最凶の王子様」として確立させたのは多分これですね。投稿自体は2008年からで、連載初期からかなり人気があったんです。iらんどの編集者さんも「この作品から不良人気は加速した」と仰っていたので、その前から土壌は整っていたものの、ここがやはりターニングポイントだったのかなと。その後も、「魔法のiらんど」からは『暴走族に寵愛されたお姫様☆』(2010年書籍化)とか『Ocean Blue 運命のカレは最強暴走族』(2011年書籍化)、別サイトの「野いちご」からも『王子様は金髪ヤンキー!?〜My last lover〜』(2010年書籍化)、『極悪彼氏―俺様ヤンキーと最強の恋』(2012年書籍化)など、似たテイストの作品がたくさん書籍化されました。

嵯峨 ああ、『ワイルドビースト』は読みました。あと『桜龍』(アスキー・メディアワークス・2010)という女の子のヤンキーが活躍する話も。

小池 どう思われました?

嵯峨 なんというんでしょうね……ポップですよね。私たちが普通に思い浮かべる「不良」とは違うイメージで描かれている不良だなと。

小池 ケータイ小説界の暴走族は「HiGH & LOW」なので……。

嵯峨 ファンタジーである、ということですよね(笑)。

小池 そうですね(笑)。ケータイ小説ブームが盛り上がっている頃、つまり『赤い糸』(ゴマブックス・2007)くらいまでは、不良キャラというのは小説の中においても現実の「ワル」の影を負っていたんですよ。ドラッグを吸うとか、女性を強姦するとか。でも2008年頃から、それが一気にファンタジック方面に傾いて、「ハイロー」の世界が出現した。強くてカッコよくて常に戦っていて、でも頭も良くて本当の悪事は犯さないイケメン、という。これは、現実の暴走族の衰退とも連動した変化ではないでしょうか(※1)。実態の情報を知らないまま、まったくのイメージで不良を描けるようになったと

嵯峨 なるほど……。不良の描写で面白かったのが、顔立ちや雰囲気の描写自体はほとんどないのに、髪の毛の色だけはやたら明確に指定されているところですね。長くて銀髪とか、短くて赤髪とか。私はケータイ小説についてはまだ不勉強なので、「なんでそこだけ!?」とちょっと気になりました(笑)。

小池 わかります。小説文化というよりは漫画やアニメの影響を感じますよね。アニメって、キャラ分けをイメージカラーでする文化があるじゃないですか。髪とか洋服とか……。キャラクターというものをとらえるときの若い人の意識が、そこにフォーカスしているのかもしれません。

少女小説はハイクラスカルチャー?

嵯峨 それにしても、ケータイ小説の世界で不良というモチーフが特に好まれるのは、少女小説レーベルと比較したときに興味深く思える点です。

小池 あ、やっぱりそうですか。

嵯峨 女子文化全体を見ると、不良っぽいものへのあこがれはあちこちに散見されるというか、メジャーですよね。「女の子はワルい男に弱い」みたいな……。ただ、コバルト文庫みたいな少女小説レーベルではあまり見ないんですよ。響野夏菜さんなんかは、比較的不良的なカルチャーも書く人でしたが。不思議といえば不思議です。

小池 これは私の、単なる読者としての想像ですが……。80〜90年代の少女小説って、基本的にエリート主義っぽいところがありましたよね。こう、ちゃんと勉強して、いい大学に行ったり海外留学したりするのがカッコイイ、帰国子女だと更に箔がつく、というような。

嵯峨 コバルト文庫は、特に「優等生的」って言われることがあります。

小池 ヒーロー像も、その像に沿っている人が多かった印象があります。イケメンなのはもちろん、出自も良くて、エリートコースを歩んでいて、という。高度経済成長期のドリームを感じる男性像ですよね。藤本ひとみ作品などは特にそういうヒーローが多かった。そういう、社会のハイクラス層がヒーローであってほしいという時代の中で少女小説のブームは起こっていたので、その文化の継承が続いたのではと。

嵯峨 現時点で断定することはできないのですが、感覚としてはよくわかります。これはコバルトが作家の経歴をある時期までオープンにしていたことと関係があるかもしれませんが、書き手にも学歴の高い人が目立つように思います。

小池 そうなんですよね。桑原水菜さんは中央大学の史学科卒で……。

嵯峨 須賀しのぶさんが上智大学の史学科、久美沙織さんも同じ上智の哲学科、若木未生さんは早稲田大学です。もちろん学歴だけの話ではなく、比較的ハイクラスの感性が牽引していたカルチャーではあったかもしれません。

小池 一方ケータイ小説の場合、ヒロインが「地元でも有名なヤンキー高校」に通っていることがめずらしくないんです。『ヤンキー彼氏と泣き虫彼女』もそうですし。昔風のハイクラス的ドリームは、そもそも今の若年層には馴染みづらいものにもなりつつあるし、それに惹かれない人は昭和時代にも当然いたと思います。ケータイ小説には、その人達のドリームとかニーズを可視化させたという面もありそうだと考えています。

ケータイ小説の虚無感は、リアル10代とリンクする

嵯峨 それにしても今回、改めて最近のケータイ小説を読んでみて、ケータイ小説が若い人に読まれる理由がちょっとわかった気がしたんですよ。

小池 おお、どこでそう思われました?

嵯峨 『ワイルドビースト』のヒロインの虚無感というのか、あのドライな感じっていうんですかね。あれって、10代のときだったらすごく感情移入していただろうなって思いました。というかとっくに10代ではない今の自分にとっても、あの虚無感や孤独はどこか心地よいものでした。だから、よくある「内面描写がない」というようなケータイ小説への批判は、ちょっと違うんじゃないかと。

小池 わかります。内面描写がない……まあ、大人は「深みがない」っていう意味で「描写がない」と言うんですけど、まだ精神の深堀りができない状態の子からすると、むしろこっちの方が助かるというか、「自分と近い」という印象は持つんじゃないかと私も思います。ケータイ小説作品の感想を見ても共感の嵐ですし。

嵯峨 ええ。あの寂しさ、孤独感に共感する、という少女が多いのはまったく不思議でないです。ここには、彼女たちの内面世界とリンクするものがある気がします。

小池 ちょっとシラケてて、何も持ってなくて、ちょっとイジけているような。

嵯峨 ですね。これは、今の少女小説にはない要素でもあって。私はケータイ小説と少女小説と両方読んでいるので、その違いがよくわかって面白かったです。

小池 そして、そこがまさに、大人たちの眉をひそめさせるところでもある(笑)。そういう要素がバリバリ表に出てくること自体が、ケータイ小説がリアルの10代にしっかり読まれていることの証でもあるように思います。だから無条件で小説として素晴らしい、と言う気はさらさらないですけど。時々、大人から見ると意味不明な文章もありますし……。

嵯峨 倉庫に暴走族の下っ端が1500人集まるとか、そういう描写には私も笑いました(笑)。

小池 東京国際フォーラムかよ! って感じですよね(笑)。そういうツッコミどころは満載です。ただケータイ小説というのが、素人の投稿小説をコンテンツ化している以上、良くも悪くも「今この瞬間の少女のニーズ」を反映するジャンルであることはたしかだと思うんです。だから、ここを無視しちゃいけないのでは、ということは言っていきたいです。

1 警視庁の発表による暴走族の取り締まり結果を参照すると、集会・走行回数は2005年に4569回だったのが2009年には3572回へと減少、参加人員数にいたっては6903人から35247人へと半減している。警視庁HP:http://www.npa.go.jp

■第四回:「「女子ども向け」カルチャーは、なぜ大人たちをいらだたせるのか。」に続く

嵯峨景子(さが・けいこ)
1979年生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。専門は社会学、文化研究。現在明治学院大学非常勤講師、国際日本文化研究センター共同研究員。単著に『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』(彩流社、2016)、共著に『動員のメディアミックス <創作する大衆>の戦時下・戦後』(思文閣出版、2017)など。

「少女小説とケータイ小説の違い、10代の虚無感を映すケータイ小説文庫/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。