マスであるほど語られにくい少女向けカルチャー、その先に/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー

【この記事のキーワード】
マスであるほど語られにくい少女向けカルチャー、その先に/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビューの画像1

『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』(彩流社)

『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』(彩流社・2016)の著者で、社会学者の嵯峨景子さんに少女小説の「今」について聞くインタビュー最終回。嵯峨さんは、少女向けカルチャーの中に、「マスなコンテンツほど語られにくい」という傾向を見出しているそうです。だからこそ、表立って語られづらい少女小説の世界に、今後も探求と考察の目を向けていきたいと語る嵯峨さん。今持っている問題意識と、今後の課題についてお聞きしました。

そろそろ、「少女小説」について語り始めよう/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー
20代以上が読む「姫嫁」もの、10代に刺さった『告白予行演習』/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー
少女小説とケータイ小説の違い、10代の虚無感を映すケータイ小説文庫/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー
「女子ども向け」カルチャーは、なぜ大人たちをいらだたせるのか。/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー
マスであるほど語られにくい少女向けカルチャー、その先に/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー

「少女向け」に我々は何を担わせているのか

小池 少女小説レーベルの話からケータイ小説まで飛び、少女小説をとりまく批評の状況についてまでお話を伺ってきました。少女小説について語るのは、なかなか一筋縄ではいかないなと痛感しているところです……。

第一回でも出た話題ですが、「少女小説」という言葉の扱いが難しいなと思いました。「少女小説」と言ったとき、それが意味するものは二つありますよね。ひとつは、「コバルト文庫やビーンズ文庫など、実質的には20代以上の女性が主要読者であるレーベル小説」。そしてもうひとつは、「リアルの少女、10代の女の子たちが読んでいるもの」。もちろんコバルト文庫を読む10代の女の子もいると思いますが。ここが、「今、少女小説について語る」ことを少し難しくさせているような気もします。

嵯峨 そこは、私も『コバルト文庫で辿る少女小説の変遷史』の執筆を通じて、課題と感じた点のひとつです。今回の作業を通じて、大人が何を読んでいるのかはある程度わかったのですが、リアルの10代が何を読んでいるのかという点についてはもっと探求が必要だなと思ったんですね。それは、既存の少女小説というくくりだけで見ていてもわからないので、やはり青い鳥文庫やネット小説など、隣接領域も広く見ていく必要があると考えています。

小池 コバルト文庫とかのことは、もう別の名前で呼ぶべきなんじゃないか……と今一瞬思ったんですけど、でもやっぱり「少女小説」というパッケージは重要なんですよね。ヒロインも、やっぱり少女と呼ばれる年齢であることが多いし。最近は、ギリギリ20代なかばくらいまでは少女ヒロイン枠に入るような雰囲気になってきましたが。

嵯峨 そうですね。リアルの少女って、自分より少し年上のヒロインに憧れるじゃないですか。小学生のときは中学生がヒロインのものを読み、中学生は高校生がヒロインのものを読む、という。だからブーム期の少女小説は、読者である女の子たちの「少し年上」のヒロインを描いてきました。でも今は、ヒロインの年齢はそこまで大きく変化していないものの、読者の年齢はむしろヒロインより上になったわけですね。憧れというよりも、現実を忘れるための慰安としての読書だからこそ、ヒロインは若い設定で、完璧なイケメンが溺愛してくれる、という構図が好まれるのかもしれません。

小池 これって、男性向けのジャンルにはあまり感じられない空気感な気がします。たとえばKADOKAWAの「Novel 0(ノベルゼロ)」は「大人になった、男たちへ―」というキャッチフレーズで明確に中年男性向けであることを示唆しているし、主人公もアラサー・アラフォーがけっこういるんです。ネット小説界隈を見ても、『異世界に飛ばされたおっさんは何処へ行く?』みたいに、「おっさんもの」には人気がありますし。でも少女小説で「おばさんもの」というジャンルはなかなか難しそうだなあと。

嵯峨 そうですね(笑)。

小池 だからなにかこう、「ヒロインは、大人の女性ではなく『少女』であってほしい」という意識が、私達の中にあるのかなと思うんです。少女にしか代弁させられない、担わせられないと思っている役割があるのかなって。

嵯峨 10代のときに感じていたあの独特なモヤモヤ感というのは、やはりヒロインをその世代に設定するからこそ描けるような気はしますね。だから私も、今でも思春期ものがけっこう好きなんです。

小池 私も、今でもヤングアダルト系をよく読みます。

嵯峨 ただ、学園ものや思春期もの的な方向性の小説を求めると、今の少女小説レーベルの中にはなかなか見つけられないんですよね。慰安としての小説は、やっぱりファンタジーに寄っていきがちなので。だから、少女小説とは言いつつも、かつての「少女のための小説」だったときとは何か違う形態の文化になっているな、というのは私も感じています。

「少女小説が語られる時代」はこれからくる!

小池 今回嵯峨さんのお話を聞いて、少女小説――コバルト文庫などだけではなく、広義の意味での少女の読み物についての考察や評論は、まだまだ本当に始まったばかりなんだということがよくわかりました。これまでの歴史を客観的に語るためのデータも、研究の成果が受け入れられやすい土壌もまだ充分ではないんだなと。

嵯峨 そうですね。少女小説の世界って、しっかり読んでいる人たち以外にとっては見えづらいものだと思います。それでも、一時期は大ブームと言われたくらい本当にたくさん売れたし、それだけ読まれてきたジャンルでもあるのはたしかです。それはつまり、それについての記憶を持っている人たちもまた大勢いるということですよね。だから、繰り返しになってしまいますけど、その領域が表立ってはほとんど語られないという状況は歯がゆい。読者とアカデミックの世界の間にいる人間として、これからもそこには働きかけていきたいです。

小池 それは、少女小説界の中にいる人たちも望んでいることではないかという気がします。より「外」に向かった働きかけを、内外で協力して行っていけたらいいですよね。

嵯峨 はい。少女マンガは、その動きにおいて少女小説にかなり先んじていますね。最近は、少女マンガがらみの展覧会がかなり増えてきました。おそらく、関連書籍やグッズ展開で収益を上げやすいなど、ビジネスとしての利点もはっきり認識されてきたからだと思います。

小池 ああ、じゃあ小説の方も、人やお金がしっかりついてくるジャンルだということがわかれば……。

嵯峨 少女小説の方も、たとえば今コバルト文庫は、絶版になった過去作品の電子書籍化を急ピッチで進めているんです。おそらく、古いファンはこれを機にまた昔の作品を読み返すでしょうし、若い人が読む機会も増えるかもしれません。だからその中で、少女小説という財産の価値を、外部に再度注目してもらう機会も作っていけるのではないかと期待しています。今読んでも面白いものって、たくさんありますからね。

小池 わ、電子で古いのが読めるのは嬉しいです。もうタイトルも忘れてしまった作品とかを掘り起こしたい……。コバルト文庫は、最近ウェブ展開に本気を出していますよね。ウェブマガジンで、新作・旧作両方の小説を連載したり

嵯峨 そうなんですよ。私が『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』を刊行した2016年はコバルト文庫40周年、ビーンズ文庫15周年、ビーズログ文庫10周年という節目の年でした。ただそのタイミングでは少女小説界隈が盛り上がったとはいい難く、往年の名作や人気作も絶版のまま埋もれている状態でした。それから一年ほど経ち、201712月に集英社が『コバルト文庫40年カタログ』という公式記録本を出し、また岩見沢の有志による氷室冴子青春文学賞が立ち上げられるなど、コバルト文庫や少女小説の歴史を再考する動きが出てきたように感じています。私の活動が、それについて語る土壌というか、礎のひとつになったら嬉しいです。学術的にも掘り下げていきたいですし、こんな面白い世界なんですよ、こんな興味深い作品があるがあるんですよ、ということをシンプルに伝えたいなという気持ちもあります。

小池 ちなみに今後は、このジャンルについてどのような取り組みをされるご予定ですか?

嵯峨 そうですね、いくつかあるのですが、まず氷室冴子さんについての研究はまとめていきたいです。2018年が没後10年の節目ということもあって、いろいろと発信していくにはちょうどいいタイミングかなと。あとは少女小説ジャンルとはやや話がずれますが、近代日本の少女雑誌を分析した博士論文を準備中です。

小池 おお、それは内容が気になります。

嵯峨 この時期の雑誌で人気なのは実業之日本社から出ていた『少女の友』で、中原淳一が表紙を手掛けていた昭和10年代の誌面は本当にクオリティが高いです。ただ売上的にみると、『少女の友』は実は二位のポジションで、最も売れていたのは講談社の『少女倶楽部』なんですよ。こうした状況にも関わらず、『少女倶楽部』はそれほど語られず、洗練された誌面作りで熱心なファンがいる『少女の友』が歴史化されている現状があります。これもまた、マスな少女文化ほど語られにくいという一つの典型例かなと。

小池 マスな少女文化ほど語られにくい! なるほど、ここまで語ってきたことも、その表現に集約されていくような気がします。

嵯峨 こうした問題意識があるので、私の博論では『少女倶楽部』についても分析していきたいと考えています。近代、そして現代と時代はさまざまですが、大衆的な人気を博したにもかかわらず語られにくい女性向けコンテンツに目を配り、それを研究の俎上に乗せていくスタイルで活動を続けていきたいなと思っています。小説などの読み物だけでなく、ゆくゆくは少女マンガなど、広く取り組んでいく予定です。

小池 楽しみです。私も微力ながら、ケータイ小説についてはウォッチを続けようと思います……。そして今回のお話を伺って、昔の少女小説をいろいろ読み返したくなりました。『破妖の剣』も最後まで見届けていませんし。

嵯峨 そういえば、「少年舞妓」シリーズもついに完結しましたよね。

小池 えっ。気づいてませんでした! どんなラストでしたか。

嵯峨 それがですねえ、なんとマルチエンディングで……。

小池 ええ〜〜〜!! あの、このあと場所を変えて続きの話をしましょう! 今日は長い時間ありがとうございました!

嵯峨景子(さが・けいこ)
1979年生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。専門は社会学、文化研究。現在明治学院大学非常勤講師、国際日本文化研究センター共同研究員。単著に『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』(彩流社、2016)、共著に『動員のメディアミックス <創作する大衆>の戦時下・戦後』(思文閣出版、2017)など。

「マスであるほど語られにくい少女向けカルチャー、その先に/『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』著者・嵯峨景子インタビュー」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。