エンタメ

元・愛内里菜の不倫疑惑報道で「子供を置いて男と出かける女」非難、未婚シンママ宣言の直後というタイミングの良さ

【この記事のキーワード】
垣内りか

垣内りかInstagramより

 116日発売の週刊誌2誌が、歌手の愛内里菜(37)に関する記事を掲載している。ひとつは「FLASH」(光文社)だ。「80S&90Sヒットチャートを賑わせた あの美人歌姫20人の今!」のタイトルで特集された紙面には、「シングルマザーはペット事業に奮闘中」のキャプションで自社商品を両手に当時と変わらないにっこり笑顔で微笑む愛内の写真が掲載されている。そしてもうひとつは、「女性自身」(光文社)だ。『愛内里菜 2歳長男を置いて援助社長とタイ不倫旅行』のタイトルがついた記事で、愛内が大阪の会社経営者A氏と2年以上の不倫関係にあるという“愛内を知る人物”からの証言を掲載している。どちらも同じ版元だが……。

 愛内里菜は2000年に歌手としてデビューし、4枚目のシングル「恋はスリル、ショック、サスペンス」がアニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)のオープニングテーマに起用され大ヒット。一気にブレイクを果たし歌番組の常連となった。2003年にはNHK紅白歌合戦にも出場している。

 だが2010年に甲状腺の病気を理由に歌手活動を引退し、2013年に「愛内里菜」から「垣内りか」に改名。そのため本来なら垣内と書くべきかもしれないが、各週刊誌の表記は依然として旧芸名の<愛内里菜>のままなので、このコラム内でも愛内としたい。

 一度は歌手活動を引退した愛内だが、2015年に病気が落ち着いてきたとのことで歌手活動を再開している。現在は歌手活動に加え、母親と妹と共に経営するペットグッズ通販会社「Bon Bon Copine(ボン ボン コピーヌ)」が年商5,000万円。ドッグリフレクソロジスト、愛護動物取扱管理士やドッグヨガトレーナーなどの資格も取得している。

 今回「FLASH」に掲載された写真は今年1月に神奈川で開催されたペットイベントに登場した際のもので、昨年末に彼女が未婚の母であることをカミングアウトしたことにも触れられており、愛内は「大切な息子のため、ネットや噂話ではなく、母親が本当のことを言った、という事実を残しておきたかったんです」と語っている。

 愛内里菜が未婚の母をカミングアウトしたのは昨年124日放送の『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)である。筆者もちょうどこの回を見ていた。番組内で愛内は自身に20153月に出産した2歳の長男がいること、子供の父親である男性と破局後に妊娠が発覚したため男性には知らせずひとりで産んで育てていることなどを告白。また、大阪で暮らす愛内と息子に密着し、ふたりの暮らしぶりも放送したのである。

 番組放送後に同番組タイトルと愛内の名前はトレンドワード上位に入り、そこには「子供を愛していることが伝わってきた」「応援したい」など好意的な言葉のほかに「元カレ、連絡してくるんじゃ?」「番組で放送しちゃったら、自分の子供だってわかって元カレともめないのかな?」など愛内と長男の父親である男性との今後を心配する声も多くあがっていたように記憶している。筆者も番組視聴中に、同じようなことを考えたひとりである。果たして元カレが今の今までなにも知らないってあり得るのだろうか? など邪推していたのだが……。

 この番組に出て、急に注目度が上昇したせいだろうか。「女性自身」が報じた不倫疑惑は、“愛内を知る人物”から、あまりに行動が目に余るとして情報提供されており、相手の既婚男性A氏の妻も取材に応じて彼らの不倫を確信していると明かしている。

 前出『もしズレ』で紹介した愛内の現在の住まいは大阪で、広々とした高級感のあるマンションの一室だった。これは現在の所属事務所の持ち物で、愛内は格安の家賃で借りているとしていたが、「女性自身」によればその部屋はA氏が所有する物件で愛内は“丸抱え”つまり愛人状態だという。

 愛内はA氏に妻がいることを知っており、同誌の取材でも奥さんがいるとご存知か問われ「ハイ、ハイ、ハイ、ハイ」と答えている。ただし愛内本人は、「これまでずっと支えてもらったので、マネージャー的な感覚でついてきてもらっている」「(不倫関係は)絶対にないです」「ずっと仕事で一緒なのでそう思われがちなんですけど…」と不倫を全面否定したのだが。

 同誌が不倫の根拠としているのは、「愛内のマンションからA氏が出てくる姿を何度も目撃」したことや、「数人の友人らと共にUSJで遊んだ後、二人だけで愛内のマンションへ帰って行った」こと、「1月2日からタイ・プーケット島へ複数人で旅行したがA氏と愛内は同部屋に宿泊していたと聞いた」ことなど。そしていずれの場面でも、まもなく3歳になる愛内の長男はそこにいなかったという。

 誌面には絶叫マシーンに乗る愛内とA氏の写真や関西国際空港ロビーでの写真などが掲載されているが、真偽の程はわからない。また、彼らがもし本当に恋愛(不倫)関係にあるとして愛内が語った「息子のために頑張る」という言葉が嘘偽りだということにはならないだろう。ただしこの報道が、再びタレント・歌手として活動中の彼女にとってマイナスでしかないことは、どう考えても間違いない。そして息子や家族にとっても。

 折しもこれだけ「不倫」が大騒ぎされるご時世。愛内とA氏は「デートする際は、いつも誰かといっしょに行動してカムフラージュ」しているというが、ということはつまり、彼らの関係を複数の友人知人が知っていることになる。もし交際が事実ならば、不倫であるにもかかわらず周囲に隠そうという素振りが見られないのは不思議だが、それだけ心を許した友人たちだったのか、あるいは不倫自体が捏造なのか。ただ、いずれにしろ愛内がテレビ出演さえしなければ、このタイミングで不倫疑惑が報じられるようなことはなかっただろう。長男の父親が誰なのかについては週刊誌内には触れられてないが、このような記事が出たいま、ネット上では父親はA氏なのではと想像する声も出ている。

 「女性自身」冒頭には、「本誌が目撃したのは、子供を置いて男と出かける女の姿だった――」とあり、ラストは「長男は帰らぬ母をどんな思いで待っていたのだろうか――」と締められている。母親ならば、まして片親ならば男と遊び歩くなどもってのほかで育児に専念するべきだという憤りが伝わる一文だ。特に前述のようにテレビでは「育児に奮闘する未婚のシングルマザー」という側面を切り取って強調したため、そのギャップは大きい。『もしズレ』で愛内に抱いていたイメージを刷新し好意的な印象を受けた視聴者は多そうだったが、この報道によりその視聴者が一斉に敵に回るだろう。人は「欺かれること」が大嫌いだからだ。

 このままでは噂話はどんどん一人歩きするだろう。先に引用した「FLASH」のインタビューで愛内は「大切な息子のため、ネットや噂話ではなく、母親が本当のことを言った、という事実を残しておきたかったんです」とテレビ出演の理由を説明しているが、この報道についても本当のことを言わなければならないかもしれない。

(エリザベス松本)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。