エンタメ

小室哲哉の不倫報道に同情票が多数集まるも、妻・KEIKOの認識は?

【この記事のキーワード】
小室哲哉の不倫報道に同情票集まるも、妻・KEIKO側の認識は?の画像1

小室哲哉のInstagramより

 音楽プロデューサー・小室哲哉(59)の不倫疑惑を「週刊文春」(文藝春秋)が報じている。妻でglobe のKEIKO(45)が実家のある大分県へ帰省中、小室は別の女性と逢瀬を重ねていたという。

 小室は2002年に前妻と離婚し同年KEIKOと結婚。その少し以前から音楽プロデュース業は低迷するようになり、資産売却の末、小室は2008年に詐欺容疑で逮捕される。懲役3年・執行猶予5年の有罪判決を受けた。その後は音楽家として再起を図り、精力的に楽曲プロデュースを続けるが、2011年にKEIKOがクモ膜下出血を発症。幸いにも命は取り留めたものの、記憶障害が残り、現在もリハビリを続けている。

それ以降、不定期にSNSやテレビでKEIKOの病状を伝えてきた小室は、“療養中の妻を献身的に支える夫”としてエールが送られる存在となっていた。だが、その裏で不貞を働いていたと「週刊文春」は糾弾する。

 記事によれば、数年前から小室は柴咲コウ似の美女・A子さんと交際。KEIKOを大分の実家に預ける頻度が高くなり、その間にA子さんをKEIKO不在の自宅に招き入れていたという。A子さんはシングルマザーの看護師で、小室が通っていた「にんにく注射」で有名な都内のクリニックで出会ったそうだ。

 献身夫から一転、“病身の妻を放置して不倫密会を繰り返す不埒な夫”となった小室だが、「週刊文春」の取材には「男女の関係っていろんな言い方がありますけど、僕は病人と看護師さんの関係だと思っています」「(自宅での逢瀬も)治療の延長線上」とA子さんとの肉体関係を否定している。だが、「自分が弱くなっているところで、甘えてしまったとも思います」ともコメントしており、一連の行動が“潔白”とは言えないことを自覚しているようだった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。