連載

夫と離婚し親権を渡したい女性に「子供は母親のそばにいるのが一番」の説教ブーイング

【この記事のキーワード】
夫と離婚し親権を渡したい女性に「子供は母親のそばにいるのが一番」の説教ブーイングの画像1

Photo by Eduardo Merille from Flickr

 夫婦が離婚するとき、子をどちらが引き取って育てるかは大きな問題だ。女性の平均年収は男性に比べまだまだ低いケースが多く、ひとり親家庭の世帯収入の低さは社会問題化している。養育費が月2~3万円あろうとも、そもそも幼い子を育てているという時点で、一人前に働ける存在ではないと見なされ、低賃金で働かざるを得ない母親がいる。そんな状況で、母親一人、就労と子育てを担うのは困難を伴う。

 どう考えても母子にとって困難だろうと予測できることなのに、「苦労は買ってでもしろ」ということなのか、離婚したら子供は母親が育てるべきという価値観が一般的だ。このトピもそんな価値観のコメントが多く、トピ主は人でなし扱いで叱咤されまくりである。

離婚したいけど生活できなくなるので悩んでいます

 トピ主(25歳女性・パート勤務)は結婚して3年。会社員の夫(35歳)との間に1歳の息子がいる。結婚前を含めて、夫との付き合いは5年になる。結婚の話をしている頃から義両親には「アパートなどで2人暮らしをしても良いが将来的には同居をしてほしい」と言われていた。

 当時のトピ主の考えは本人曰く甘いもので、とりあえず同居OKの方向で結婚はするが「後々ひっくり返してやろう」と思っていたという。あの手この手で同居を避けることができるだろうと考えていたのだ。

 だが、同居するものとばかり考えていた義両親および夫と揉めに揉めてしまったうえ、夫はトピ主と両親の間で板挟み状態に。どちらの味方につくこともできず夫もまた悩んでいた。

 夫婦お互いにストレスが溜まり、耐えられなくなったトピ主は、ひとりで義両親のもとへ向かい、泣きながらこう訴えた。

「やはり完全同居はできない、耐えられない、他の土地に住むことを許されないのならせめて建物は完全に分けたい」

 義両親にはなんとか許しを得て、同じ敷地内に2軒建てて、義両親と若夫婦は別棟に住むということで落ち着いた。その時はトピ主も「それで納得せざるを得ない」と自分に言い聞かせ、心を落ち着かせていたというのだが、いま、悩んでいるのだという。

「契約を済ませた今、私の人生はこれで良いのかと思いを封じきれなくなってしまいました。世間の誰もが何もかもを思い通りに生きていける訳ではないとは思いつつも、私にとって家は1番大切なものだったんです。性格の不一致ももちろん無いわけではないですし、他にも別れたい理由はありますが、今後の生活にずっと関わる、家の事は、苦しいです」

 こうした思いが募り、離婚という二文字が頭をかすめるようになる。

「ですがやはり、子供の事を考えると踏み切れません。私にはシングルマザーとしてやっていく経済力がありません。今はパートで働いていて、キャリアアップも簡単にはいきません。Wワークも許されません」

 経済的な問題を口にして離婚を思いとどまるかと思いきや、夫は「家事も育児もすごく手伝ってくれて私がいなくても完璧にこなし、全て任せられる」ため、トピ主は子供も任せてひとりで出ていきたいと思いはじめている。その方が子供も幸せではないだろうか、という相談だ。

 夫と子供の家族だけで暮らせる場所を求めていたトピ主は、たとえ別棟であっても義両親と近距離で暮らすことに納得がいかない。義両親も譲歩しているわけだが、それでも……というわけだ。結婚前は「なんとかなるでしょ」と思っていたとしても、いざ結婚して生活が始まり現実のものとなると、簡単にはひっくり返せなかったりするもの。また、夫に対しては「守ってもらえなかった」という思いが強いのか……両親と妻を天秤にかけざるを得なくなったとき「妻だけの味方」になってほしいと希望しても、なかなか難しい。トピ文からは義両親の人柄がわからないが、よほどの非常識両親であっても息子にとってはそういう親のもとで育ってきたわけだから今さら違和感などなかったりするし。

 トピ主が離婚の選択で問題にしているのは経済的なことだけであり、まだ25歳と若いので、正社員の職を見つけ、一度少し逃避行してみるのも手ではないだろうか。家も仕事も祖父母(義両親)の手もある夫のそばにいた方が子供の将来にとって良いだろうと考えるのも、理解できる。だが、コメントはやはり小町、「子供に母親は必要」という強めの叱責ものが溢れた。

「子供を置いて家を出るなんてまさか本気ではないですよね?子供には母親は必要です。たとえシングルマザーになったとしても子供とは一緒にいたいと本当は思っていますよね? 冷静になってね」

「子どもさんをご主人に託して離婚するという選択もあります。
ご主人はご両親にサポートしてもらって子育てするでしょう。いずれ、再婚するかもしれませんね。
再婚相手の女性が継子をしっかり、育て、義両親との関係も良好で、敷地内同居で平和に暮らしていたら、どうですか?あなたは身を引いて良かったと納得するのですか?
あなたは自分の我の強さと忍耐力のなさのせいで、バツイチになり、離婚で子どもを手放した情けない母親ということになりますよ。
ご主人に甘え、義両親さんにも甘えて、自分の言い分を通したいあなたは子どもなのです。我が子を守る気概さえないのですね。
あなたが自分の思いのままの人生を送ることは可能なんでしょうか?今、堪えないと、何もかも失って、自信さえも失って、再起不能になりますよ。
あなたは頭の中であれもできない、これもできないと考え、できたのは義両親さんの前で泣くことだけでしたね。
自分を変えたいと思いませんか? 子どもさんのために強くなりましょう。
子どもさんはあなたを母親として選んで、生まれて来てくれたのですよ。あなたを愛し、成長させてくれる存在です」

 うわぁ~~~。個人的にとっても苦手な絵本作家のぶみ『ぼく、このママにきーめたっ!』の世界ではないか。もしくは胎内記憶信じる派の「子供はあなたを選んで生まれてきた」か。女性が家庭から離れたいと叫ぶと、子供や夫のためにとそれを諌める勢力が現れるのはなかなか辛い。

 子供には母親が必要、というか適切な養育環境が必要だ。また、「母親さえいれば父親などいなくてもいい」なんてことはない。そして母親と父親が別々に暮らすとなれば、子供はどちらかの親とだけ共に暮らすことになるとはいえ、別居親も子供との面会交流はできる。なんなら元夫婦が近距離に住んで(通園通学の問題があるため)週の半分は母・半分は父と生活したっていい。

 トピ主は「しなくていい苦労をわざわざ選択しない」タイプだと思うし、感情的に「この子は絶対私が育てなきゃ!!」と意気込んで母子共に苦難に喘ぐより、子供が平和に暮らせる道を提示している。にもかかわらず、「子供を捨てる気か!」「母親失格!」と憤るコメントが非常に多いので辟易してきた。子供を捨てる、なんて言っていないではないか。

「それでいいと思うよ。ただし、子供には二度と逢えない覚悟で。旦那さんだって再婚を考えるだろうし、育てないけど母親だとしゃしゃり出て子供を混乱させるようなことはやめてほしいです。
子どもはまだ小さいし、あなたを忘れて生きていけると思いますよ。
私の親戚にも親が離婚した子供がいますが、本当の父親のことは覚えてないしもう会いたくないと言ってます。親が再婚した相手と上手くいっているので、このまま幸せになってくれたらって思います」

 二度と会えないって……。なんだかなあ、である。面会すればいいじゃないか。

 とまあ多くが「自分勝手な理由で離婚するんだから、子供に会えると思うな」の論調で、自由を手にするのであればそれ相応の制裁を受けろと言わんばかりのコメントなのであるが、中にはこんなコメントもあった。まずは経済的な理由からたしかに夫側に子がいたほうがよいのではないかというものだ。

「テレビでシングルマザーの貧困問題を見ますけど お金がないのなら子供のために、子供はお金があるほうが育てたほうがいいと思います(子供への虐待などがあれば別)
本人の意思ではなく経済的理由で中卒就職もしくは高校は絶対に公立と決められ公立に落ちるわけにいかないので、かなりランクを下げて受験したり そもそも、塾に通えずに受験すら厳しい こんなの子供のためには絶対にならない
母親が育てなければならないなんていうのは母親の妄想じゃないかと思います
高校に行きたいのに、家が貧乏だから働かなければならない これってどう思いますか?」

 これには完全同意である。筆者も母子家庭育ちなので進学面において様々な制限があった。当時はこのことでよく親を恨んだものだ。いまはもう、昔のことをあれこれ言っても仕方ないと思うが、子供の成長に何が必要で、どうするのがベストか、それはケースバイケースであり、決して「子供は母親の元にいるのが一番幸せ」なんて宗教に近い思想だけではことはうまく運ばない。

 また、一度だけの人生なので後悔しない道を選ぶべきというコメントもあった。

「殆どは『何を贅沢言っているんだ、それでも母親か』という意見でしょうが、私は人生は一度だけだから例え誰かを泣かせても好きなように生きたらいいと思います。
家族・子供を捨てて成功と幸せを勝ち取った人はいます。
ただ覚悟は必要です。
子供には一緒恨まれるかもしれないし、貧乏をするかもしれません。
離婚して子供を置いて出るには覚悟がいります。
でも、このまま理想ではない結婚生活を選ぶのも、これも覚悟がいります。
どちらにしても、覚悟を決めて自分で選んだ道なら後悔しても納得はできるでしょう」

 さらには、離婚してひとりになった女性を知人に持つというコメントも。

「そういう選択肢もあると思う。
あなたはとても若い。苦しくて今から耐えられない人生を送るのは無理です。
子を夫に任せて離婚してよいと思う。
男の子で、しかも夫や夫家族が普通の人で、虐待などはしないような環境なら、置いて離婚するのも、人生の選択肢だと思う。
(略)
さて私の知人も、男の子を夫の家において離婚しました(同居ではない)。連れて出たかったけど、経済力が無くて、親に反対されて諦めました。子どもは元気に良い子で育ち、社会人になっています。母親の苦労はよく分かっていてくれるらしいですよ。交流もあるようです。その女性は離婚後に再婚して、別家庭を持ち、子もいます。別れた夫の方がずっと一人で親と一緒に子を育て独身です。
いろいろな人生があります。
世間は母親だけに『子のために我慢しろ』と言いますが、いろいろな意見があってもあなたの人生はまだ長いです。6570年もあるのです。
耐えられない生活はできません。
昔から 夫とはうまくいっていても 夫の親のことで揉めて離婚するケースは、ありました。
女性にとって結婚とは、義家族が深くかかわってきて、本当に面倒で煩わしいものです。
そこであなたが追詰まるなら、子を置いて離婚も止む無し~と思う。
トピ主さんも悩むでしょうが答えは自分で出すしかありません」

 トピ主レスはない。どういう決断を下したか、報告があると良いのだが……

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

twitter:@watcherkyoko

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。