政治・社会

自民党・杉田水脈議員の歪んだ歴史認識と女性観「女の子は本来…」

【この記事のキーワード】
自民党・杉田水脈議員の歪んだ歴史認識と女性観「女の子は本来…」の画像1

杉田水脈公式サイトより

 今月24日「『待機児童』なんて一人もいない。待機しているのは預けたい親」という主張をtwitterに投稿した杉田水脈衆院議員(自民党)に批判が殺到している。杉田議員は他にも「子どもはみんなお母さんといたいもの」「子供の成長に何がいいのか、一番わかるのはお母さんですよね」といったツイートを行っていた。

 この件についてはwezzyでも、杉田議員の主張が、子供が3歳になるまで母親は育児に専念するべきだという「三歳児神話」に過ぎないことなどを指摘している(杉田水脈衆院議員が「待機児童なんて一人もいない、子どもはお母さんといたい」、背景に三歳児神話)。本記事では、「新しい歴史教科書をつくる会」の理事を務め、以前より慰安婦問題について「慰安婦は性奴隷ではない」「強制連行はなかった」などの主張を行うなど、保守的な思想を持つ杉田議員の「女性観」を紹介したい。

 先日の記事でも軽く触れた通り、杉田議員は歴史観だけでなく、女性観も非常に保守的なものだ。

 例えば、杉田議員は昨年12月23日に出演した生配信番組『みのもんたのよるバズ!』(AmebaTV)の翌日、「日本は江戸時代からの男尊女卑がまだまだ続いている。男性ばかりが決めていると戦争になる。男女平等にして女性の意見も取り入れないとダメだ」というみのもんた氏の発言に一番反論したかった、という内容のブログを投稿している。「江戸時代は男尊女卑ではなく男尊女尊。武家でも財布の紐は女性が握っていた」と解釈する杉田議員の主張はこうだ。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。