エンタメ

小泉今日子が豊原功補と不倫を認める声明でけじめ「豊原氏にはご家庭があります」

【この記事のキーワード】
小泉今日子が豊原功補と不倫を認める声明でけじめ「豊原氏にはご家庭があります」の画像1

『Kyon30~なんてったって30年!』

 女優の小泉今日子(51)が、所属事務所から独立したことを公式サイトで発表した。“公式サイト”というのは、201524日に彼女がバーニングプロダクションの庇護下でスタートさせた制作会社「明後日」のオフィシャルページだ。小泉今日子の個人事務所でもあり、かつ、所在地は俳優の豊原功補(52)の個人事務所と同じ。小泉と豊原は同時期から、恋愛関係にあることを報じられていた。

 しかし、プライベートを公表せずにきた豊原だが、実は妻子がおり、小泉とは不倫関係にあるのではないかという疑惑も持たれていた。このことについて小泉は、豊原と「恋愛関係」を認めた上で「豊原氏にはご家庭があります」「ご家族にはお詫びの言葉もございません」と綴っている。

 以下、小泉今日子の発表から一部を引用する。

2015年に立ち上げた株式会社明後日は新しい夢のために設立した制作会社です。設立当初から力をお貸し頂いている俳優豊原功補氏は同じ夢を追う同士だと思っております。また一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係でもあります。ですが事実ではない記事も多く、豊原氏の関係者の皆様にはご迷惑お掛けしております。豊原氏にはご家庭があります。最初に写真誌に記事が掲載された時、私はご家族に迷惑を掛けないように守って欲しいという旨をスタッフに伝えました。その結果、事は思わぬ方向に動いてしまったまま数年の時を過ごしてしまいました。インターネットや雑誌などには既に離婚されているという誤った情報が流布されており、そのためにご家族の存在自体が伏せられたような形で報じられ続けてしまいました。この一連の報道に対して豊原氏からの発言の機会を奪ってしまったのも私の行動に一因があったのかもしれません。このようなことになり、ご家族にはお詫びの言葉もございません。そして今まで自らが発言しなかったことには後悔の念しかありません。

事務所から独立した今、一個人として全てをこの身で受け止める覚悟でございます。私事では御座いますが、人間としてのけじめとしてご報告させて頂きます。」

 つまり、豊原功補は今も離婚しておらず、家族がいる。そして小泉と豊原は夫婦ではないが仕事の同志で、恋愛関係でもある。小泉今日子は、報道によって豊原の家族に迷惑がかかることを回避するために「守って欲しい」と、おそらくマスコミ統制に強いバーニングプロダクションのスタッフに伝えたが、「不倫ではない」という情報統制になってしまったのだろう。ふたりの親密交際を報じるメディア自体、少なかった。

 バーニングを離れることで、今後の小泉今日子は芸能マスコミから「守られる存在」ではなくなるのだろうか。そうなる前に、けじめとしての報告をしたとも考えられる。また、このように小泉が発信したということは、豊原もなんらかのアクションを起こす可能性は高い。プライベートの事情についてわざわざ説明をする必要があるのかは疑問だが、小泉と豊原は事実でない誤った情報が広められるよりは、自分たちで発信した情報を信用してもらいたいと考えるだろう。

 さて小泉は「一個人として全てをこの身で受け止める覚悟」で不倫だと公表したが、彼女にもまた、斉藤由貴のように映画やCMからの降板を求める声が上がるかもしれない。あるいは、潔く公表したことを賞賛したり、「コイズミならOK」と判断する人が多いかもしれない。彼女のライフスタイルや価値観を支持する女性は少なくないからだ。小泉今日子のとったアクションに、世の中はどうリアクションするのだろうか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。