エンタメ

マドンナは本当にセクシーなのか~おっと、セックスの話はダメだなんて知らなかった

【この記事のキーワード】
マドンナは本当にセクシーなのか~おっと、セックスの話はダメだなんて知らなかったの画像1

マドンナツイッターアカウントより

私たちの姐さん、マドンナ

 常々、女性ミュージシャンを「姐さん」と呼ぶのはちょっとダサいことも多いと思っているのですが、世の中にはどうしても姐さんと呼びたくなる方もおられます。私の場合、それはマドンナです。たぶん、マドンナだけはどうしても姐さんと呼ばざるを得ないという方はけっこうおられると思います。

 姐さんというのは、時代劇などでヤクザが女親分を呼んだり、芸者衆が先輩を呼んだりする時によく使われるような言葉です。「姉さん」はきょうだいのうち年上の女性を指す言葉ですが、「姐さん」は実際に血がつながっていない擬似家族的な集団でリーダーになる女性を指すようです。つまり、人望や才能があって、メンバーから慕われつつグループににらみを利かせ、世間的にはちょっと堅気でないような稼業もこなす女性というニュアンスでしょう。

 マドンナを姐さんと呼ぶ時、私たちは無意識に妹分とか弟分のような気になっているのかもしれません。80年代からこのかた、マドンナのファッションや音楽を真似るファンやアーティストのことを「マドンナ・ワナビー」(マドンナになりたいちゃん)と言うことがありますが、たぶん円錐ブラや筋トレを真似なくても、マドンナを姐さんと呼んでしまう人はみんなマドンナ・ワナビーなのです。姐さんの才能とか押しの強さ、堅気でない感じに憧れているのです。

 マドンナ姐さんのこの「堅気でない」感じはいったいどこから来るのでしょうか? 一言で言うと、セックスに関する自分の考えを型破りかつ主体的に語っているからだと思います。今回の記事では、マドンナがアーティストとしてセクシュアリティを探求していた時期について考えてみたいと思います。

自分を表現すること

 常に自分のイメージを刷新し続けてきたマドンナですが、ひとつ変わらない核があるとすると、それは自分の気持ちを正直に表現すべきだという理念です。上に貼ったのは1989年の「エクスプレス・ユアセルフ」のビデオです。この曲はタイトルが示しているように、女性に「自分を表現しなさい」と呼びかける励ましの歌です。さらには恋する女性に対して「感じてることをカレに言わせるように」(“Make him express how he feels”)しなさいとも言っており、女性が主体となって男性にも自分の気持ちをはっきり言わせるよう促しています。つまり、恋愛において男性側に「察してほしい」というような甘えや、「女と話しても埒が明かない」というようなバカにした気持ちがあっては実りのある関係は築けないから、対等かつ正直にお互いを大事にする気持ちを表現することが重要だということを訴えています。

 もとから大胆な表現を好んでいたマドンナですが、この曲を発表した後、90年代になると、セックスに関してよりあからさまな表現を探求しはじめます。1990年には同性間のセックスやBDSM(緊縛といった嗜虐的あるいは被虐的な性的嗜好)などを描いた「ジャスティファイ・マイ・ラヴ」のビデオがMTVから放送を拒まれます。1992年には、BDSMや同性愛、グループセックスなどを主題とする写真集『セックス』と、同様のテーマをシャープなダンスサウンドで彩ったアルバム『エロティカ』を発表しました。どちらも女性としての自らの性的ファンタジーを追究した作品です。

 既に「女の子がムラムラしてはいけないの? イギリス文学における女と性欲」でも解説したことですが、女性が自らの意志で主体的に性欲を表現することは歴史的にタブーとされてきました。今からすると、『セックス』はおしゃれでアートなモノクロ写真集、『エロティカ』はキレッキレの90年代ポップで、とくに過激とは思えないでしょう。しかしながら90年代はじめにおいて、メインストリームの女性アーティストが主体的にセクシュアリティを探求した作品を作り、自分の性欲とファンタジーを男性に媚びない形で芸術に昇華させるというのは革命的なことでした。

 どちらの作品も大きな議論を呼び、ネガティヴな反応を示す人もたくさんいました。誰もこういうものを見聞きしたことがなかったので、反応しづらかったというのもあるでしょう。今では評価も好意的になり、ロックの殿堂は『エロティカ』を女性による性表現の幅を広げた画期的なアルバムだと評しています。このアルバムが作られていなければ、クリスティーナ・アギレラもレディ・ガガもリアーナも今ああいうふうには活躍出来ていないでしょう。みんな姐さんの妹分なのです。

1 2

北村紗衣

北海道士別市出身。東京大学で学士号・修士号取得後、キングズ・カレッジ・ロンドンでPhDを取得。武蔵大学人文学部英語英米文化学科専任講師。専門はシェイクスピア・舞台芸術史・フェミニスト批評。

twitter:@Cristoforou

ブログ:Commentarius Saevus

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。