町山智浩×水道橋博士×古泉智浩×枡野浩一「サブカルの歴史を語る~いくつもの枝編」【1】

【この記事のキーワード】

「サブカルの枝がいっぱいあって、僕はその一部」(町山)

博士 ゲーム系の人もいるし、ピテカン系の人もいれば、町山さんとは正反対なオシャレのジャンルの人もいるんですよ。せいこうさんがどこにいるかって言うと、講談社に入社する前にもうTシャツ屋さんで働いてて……。だから山田五郎さん(評論家)曰く、「彼は入社したときからもう、サブカルじゃなくてオシャレ側だよ」と。

古泉 (いとうさんのいた雑誌)『ホットドッグプレス』はオシャレという扱いもありましたもんね。マガジンハウスですもんね。【注:『ホットドックプレス』の版元は講談社】

博士 「言っとくけど、町山はオシャレじゃない」と。

古泉 チェックシャツの側だ(笑)。

博士 そう。そこは二分割するの、絶対。

町山 いとうさんに初めて会ったのは、たまたま大学に行って……。彼、シティボーイズ・ショーっていう……知らないか。

古泉 シティ・ボーイズって大竹まことさんとかの?

町山 うん。竹中直人さんとか学生時代のいとうさんとかも参加して。後にラジカル・ガジベリビンバ・システムって名前に変わるんだけど。宮沢章夫さん(劇作家/演出家)がギャグを書いて、演出して。、オシャレでシュールなコントのバラエティ。スネークマンショー[]みたいな。

枡野 スネークマンショーはサブカルっぽいですけどねえ。

古泉 YMOでもありますよね。

博士 スネークマンショーがあって、桑原茂一さん(音楽プロデューサー)がピテカン(ピテカントロプス・エレクトス)[]をやっていて、その文化が伝承されていないんですよ。

町山 ケラさん(ケラリーノ・サンドロヴィッチ/演出家/ミュージシャン)なんかの劇団の原点みたいな。

枡野 そうケラさん。

町山 ナイロン100%ってバーが渋谷にあってさ。

枡野 それが(ケラさんの)劇団名(『ナイロン100℃』)の元になってるんですね?

町山 そこはニューウェーブ系の店で、テクノとか、まあXTCとかトーキングヘッズ系の趣味の店で、加藤賢宗さん(ミュージシャン)とかがいて、彼はシティボーイズ・ショーから不思議な俳優になっているんだけど。

博士 加藤賢宗さんが東京タワーズ?

町山 そう、東京タワーズ。あと、高木完さん(DJ/ミュージシャン)とかもそういうニューウェーブ系だったんですよ。

枡野 でも六本木WAVE(の映画館)って中原昌也さん(作家/暴力温泉芸者)や阿部和重さん(作家)もバイトしてたらしいですね。

博士 あそこにオシャレ系、モテ系はあるんだよ。だからロマン優光なんかが見ている世界はオシャレ系じゃないんですよ。

古泉 たぶん、『男の墓場プロ』[]みたいな()

博士 そういう側を見てる感じ。

町山 ロマンくんは漫画とか好きだから。僕もはまってたのは、芝居や音楽よりは、雑誌とかマンガ、本の系列だから。たとえば自販機本)とかさ。自動販売機のエロ本とかがアングラ・カルチャーの巣だったんです。あと、「ビックリハウス」という雑誌があって……。大槻ケンヂくん(作家/ミュージシャン)も、音楽よりはそっちの人だよね。

博士 大槻ケンヂも本では語られてないし。

枡野 大槻ケンヂこそ、『サブカルで食う』[]っていう本書いてますしね。

博士 タイトルがもう『サブカルで食う』なんだから!

枡野 まさにサブカルで食ってる人じゃないですか。

町山 サブカルの枝はいっぱいあって、その中の僕は一部なわけです。出版文化の枝にいる。でも、その周りには音楽や演劇とか別の枝もいっぱいあるわけですよ。僕と関わりないのも。それはもう。ただ、みんなが関わりあいなく、それぞれのジャンルでやってたわけだけれども、『宝島』って雑誌を媒介にして、全員が関わりあってたんだよ。

古泉 なるほど!

【第1回の注釈】

『本と雑談ラジオ』
枡野浩一と古泉智浩によるネットラジオ。毎回、課題本を取り上げるともに様々な話題を雑談する番組。ポッドキャストでアーカイブ無料視聴可能。

■『サブカルチャー世界遺産』
扶桑社・刊。≪本書は、『週刊SPA!』の企画を底本に、「サブカルチャー」の総称で語られてきた音楽、ゲーム、マンガ、アニメ、映画、AVなどの傑作をピックアップ。さらに、各界気鋭の評論家によるコラム、サブカル・シーンを主導した5人のインタビューなどで、20世紀末を彩った日本大衆文化を総ざらいします。≫(扶桑社サイト紹介文より)

■新宿ロフト
ライブハウス。1976年・新宿西口にオープン。「ロックの聖地」とされ、全国のロック少年少女およびバンドマンの憧れの「ハコ」だった。1999年に歌舞伎町に移転。系列店に『下北沢シェルター』『ロフトプラスワン』『ネイキッドロフト』『阿佐ヶ谷ロフトA』『渋谷ロフト9』がある。

■『宝島』
雑誌。1973年に晶文社より“植草甚一責任編集”『ワンダーランド』として創刊(植草甚一氏は編集者・ジャズ・映画評論家。エッセイストとしても有名)され、『宝島』に誌名変更した後に第6号で休刊。1974年にJICC出版(現在の宝島社)より復刊される。
1980年代には海外のロックカルチャーやパンクムーブメントや日本のロック、インディーズバンド、ストリートファッションなどを中心記事として、当時の若者サブカルチャーを牽引する雑誌となる。1985年には雑誌発の音楽インディーズレーベル『キャプテンレコード』を設立、「有頂天」、「人生」、「ウィラード」「レピッシュ」「J(S)W」などが在籍、1988年には兄弟誌的な〝画期的音楽実践マガジン?『バンドやろうぜ』を創刊、90年代初頭にはバンドブームが人気のピークを迎え、『宝島』はその代表的雑誌となる。
しかしバンドブームの収束で1992年後半にはヘアヌード雑誌へと誌面刷新、その後はさらにビジネス誌へ路線変更するなどし、2015年に休刊となった。

■『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』
ロマン優光・著。コア新書。≪サブカルほど、意味がわからないものはない。そして、そんなサブカルについて語る人はさらに意味不明。いちジャンルなのか? バカにした言葉なのか? ひとによってサブカルの意味がバラバラなのに、サブカル議論なんて成立するわけがない。そこでここらで一旦サブカルの意味を再定義しよう、というのが本書の狙いである。正しいサブカルの認識を持てば、サブカルおじさんがバカに見えてくる。これが新世代「サブカルのススメ」だ!≫(amazon内容紹介より)

■『ロッキング・オン』
ロック音楽雑誌。株式会社ロッキング・オンとしては多数の雑誌・書籍の出版および「ロッキング・オン・ジャパンフェス」などの音楽フェスを手掛ける。1972年に大学生だった渋谷陽一氏(現在は同社社長)がロック同人誌として『rockin’on』を創刊。1983年に株式会社化した。渋谷陽一氏は出版社社長・編集者・音楽評論家であるとともに、NHK-FM『サウンドストリート』などのDJとしても人気を博した。

■『映画秘宝』
町山智浩氏が宝島社から出向した洋泉社で1995年に一冊ワンテーマのムック本シリーズとして創刊。『エド・ウッドとサイテー映画の世界』『悪趣味邦画劇場』『ブルース・リーと101匹ドラゴン大行進!』『底抜け超大作』などをラインアップし、それまでにない、まさにサブカル的視点ともいえる映画論や映画の見方を提示した。1999年には隔月刊映画雑誌『映画秘宝』となり、2002年より月刊化。『別冊映画秘宝』『映画秘宝EX』なども同時に発行している。

■『東京トンガリキッズ』
中森明夫・著。角川文庫。1980年代『宝島』の看板連載のひとつであり、毎回、文章のBGMとしてロックや歌謡曲などの曲名が挙げられていた。単行本はJICC出版(現・宝島社)より発行されている。 ≪坂本龍一になりたい少年や、ライブハウスのシンデレラ、月曜日が大嫌いな少女や、やさしい瞳のパンクボーイetc、東京に生きる少年少女らの姿をリアルに描いた“小さな物語たち”。「新人類の旗手」とも呼ばれた著者が二〇代の若さで発表した鮮烈なデビュー作。一九八〇年代のまっただなかに書かれ、先端的な若者たちに熱狂的な支持を受けたベストセラー。「八〇年代最高の青春小説」と絶賛された伝説の短編集≫(BOOKデータベースより)

■『日本人の99.9%はバカ』
ロマン優光・著。コア新書。≪この新書は、日本のありとあらゆるバカをバカにするという、大変わかりやすい内容になってます。最近はネトウヨにはじまり、実に様々なバカが日常に潜んでいます。バカしかいない現代社会をサバイブするには、バカについてもっと知るしかありません。そんな意義のもと、ミュージシャン・ロマン優光が、鼻持ちならないバカを冷静に見つめてました。バカ以外にも、バカをバカたらしめんとする世の中の間違った常識にも、正しくもの申します。他では絶対に読むことができない、バカだらけの世の中を生き抜く力がここに…あるかも!?≫(amazon内容紹介より)

■『東京おとなクラブ』
同人誌。1982年創刊。編集長は遠藤諭氏。(現在は角川アスキー総合研究所取締役兼主席研究員)。発行人は中森明夫氏。その中森氏が『東京おとなクラブ』出張版として『漫画ブリッコ』に連載した「おたくの研究」により「おたく」は命名されたといわれる。

■『スネークマンショー』
ラジオDJユニット/コントユニット。1976年にラジオ大阪の深夜放送として結成された。中心メンバーは桑原茂一、小林克也、伊武雅刀。YMOのアルバム『増殖』にゲスト参加した後にLPレコード『スネークマン・ショー』、『死ぬのは嫌だ、恐い。戦争反対!』、カセット『スネークマンショー海賊盤』、LP&カセット『ピテカントロプスの逆襲』と作品を発表。

■『ピテカントロプス・エレクトス』
1982年、原宿にオープン。日本初のクラブといわれる。代表は桑原茂一氏。坂本龍一、MELON、ミュート・ビート、高橋悠治、東京ブラボーなどによるテクノ・ニューウィエイブ・ダブ・レゲエ・民族音楽など多様なジャンルのミュージャンによる先鋭的なライブ、さらには高木完や藤原ヒロシによるDJプレイ、他にもアートイベントやパフォーマンスもおこなわれ、海外の有名ミュージシャンやアーティストも多く訪れたという。

■『男の墓場プロダクション』
杉作J太郎氏により旗揚げされた映画製作プロダクション。映画作品に『任侠秘録 人間狩り』『怪奇!!幽霊スナック殴り込み!』『やる気まんまん』『チョコレート・デリンジャー』などがある。

■『サブカルで食う ~就職せず好きなことだけやって生きていく方法』
大槻ケンヂ・著。白夜書房。≪ミュージシャン、小説家、エッセイスト、テレビタレント、ラジオパーソナリティ、俳優……数十年に渡りサブカル界の第一線で活躍してきた大槻ケンヂが、自身の活動を振り返りながら、定職につかずに「サブカルで食っていく」ために必要なことを、若者や元若者へ伝授! 「早起きできない」「勉強・運動できない」「ネクタイしたくない」「モテない」……普通のことができない全てのボンクラのバイブル的一冊。そもそもサブカルって何? 映画『モテキ』や雑誌『クイック・ジャパン』が好きならサブカル? 自分もオーケンみたいに好きなことだけやって食べていけるの? サブカルって儲かるの? モテるの? 何なの?……その答えが明らかに。ライムスター宇多丸とオーケンによる『サブカル対談』も収録。≫(amzon内容紹介より)

_________

◆町山智浩
映画評論家/コラムニスト/在米ジャーリスト。1962年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、JICC出版局(現・宝島社)に入社。1996年に米国移住。現在はカリフォルニア州バークレーに在住。週刊文春『言霊USA』など連載多数。著作に『実況中継 トランプのアメリカ征服』『最も危険なアメリカ映画』『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』『トラウマ恋愛映画入門』などがある。Webストア≪町山智浩の映画その他ムダ話≫では映画解説などの音声ダウンロード販売をおこなっている。
映画評論家町山智浩アメリカ日記

◆水道橋博士
漫才師/コラムニスト。1962年生まれ。1986年にビートたけしに弟子入り。1987年に玉袋筋太郎と漫才コンビ『浅草キッド』結成。2017年、京都芸術大学客員教授に就任。
芸人・タレント活動のみならず、週刊文春『週刊藝人春秋Diary』連載や日本最大級のメールマガジン『水道橋博士のメルマ旬報』編集長も務める。著書に『水道橋博士のムラッとビンビンテレビ』『はかせのはなし』『藝人春秋』などがある。
水道橋博士のメルマ旬報
『水道橋博士のムラッとビンビンテレビ』公式サイト

◆古泉智浩
漫画家。1969年生まれ。1993年『ヤングマガジン』ちばてつや賞大賞を受賞し漫画家デビュー。これまでに『青春☆金属バット』『ライフ・イズ・デッド』『死んだ目をした少年』の3つの漫画作品が映画化されている。夫婦での里親生活を綴ったエセッイ『うちの子になりなよ (ある漫画家の里親入門)』も発表。Webマンガ『特別養子縁組やってみた 漫画 うちの子になりなよ』へと発展している。他の漫画に『夕焼け集団リンチ 古泉智浩作品集』『ワイルドナイツ』『悪魔を憐れむ歌』などがある。
無料Webマンガ『特別養子縁組やってみた 漫画 うちの子になりなよ』
・公式ブログ 古泉智浩の『オレは童貞じゃねえ!!

(構成:藤井良樹)

■編集部より/一部に誤りがあったため修正しました。 2018年2月13日18時40分

1 2 3

「町山智浩×水道橋博士×古泉智浩×枡野浩一「サブカルの歴史を語る~いくつもの枝編」【1】」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。