エンタメ

菅田将暉の「好きな女性のタイプ」が菜々緖そのものだった!

【この記事のキーワード】

 

 221日、「Newsポストセブン」が『菅田将暉が菜々緖の自宅マンションに13時間お泊まり』と報じている。明日22日発売の「女性セブン」(小学館)201838日号で詳報されるが、2月中旬の夜に菜々緒(29)と菅田将暉(25)は超のつく高級焼鳥店で食事をし、菜々緒の自宅マンションに移動すると一晩を共に過ごしたのだという。

 映画『銀魂』やNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』、それにauの「三太郎CM」で長く共演してきた菜々緒と菅田だが、同記事によると「昨年秋ごろからふたりで一緒に過ごすことが増えた」そうだ。

 実はこのカップル誕生に、まったく意外性はない。というのも、菅田将暉がこれまで「好きな女性のタイプ」だと掲げてきた特徴が、菜々緒そのものといっても過言でないからだ。

 次から次へと主演映画が制作・公開され、そのたびにテレビのトークバラエティ番組や媒体インタビューに応えるかたちでプライベートな恋愛観を明かしてきた菅田将暉。たとえば昨年1月放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、電車の駅(というか街)によって行き交う女性のファッションは異なるが「どの駅の女性が好き?」と質問された菅田は、スラッとした細身の女性が好みだとして「駅で言うと表参道になるんですかね。僕のピンポイントの場所が、骨董通り」と答えていた。

 昨年8月放送の『火曜サプライズ』(TBS系)にも菅田将暉は出演しているが、そちらでは「基本的に(自分は)浮足だっているから、それをちょっと地上に降ろしてくれる感じが嬉しい」と、年上女性か姉さん女房的な女性と交際したい発言。

 

 極めつきは2014年に出演した『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)でのひとこま。好きな女性のタイプを聞かれたら「クレオパトラ」と言うようにしているといい、エキゾチックな雰囲気を持つ女性が好きで特に横顔フェチであると話していた。「ちょっと、恐竜っぽい、鼻が高い」横顔で輪郭がハッキリした顔が好きなのだという。

 旬の若手俳優である菅田将暉ゆえ、曖昧な熱愛情報は常につきまとってきたが、新川優愛、広瀬アリス、能年玲奈、藤井萩花、二階堂ふみ(双方はっきり否定)、石原さとみ、本田翼ら「噂」された女性の中に、菜々緒ほどクレオパトラ感のある女性はいただろうか。否。

 もちろん一晩を二人きりで過ごしたからといって周りが真剣交際だと断定できるものではないが、少なくとも菅田将暉にとって菜々緒はタイプど真ん中なのではないだろうか。理想の女性に巡り合えて良かったね、と言いたくなる熱愛報道だった。ちなみに今日2月21日は菅田将暉の誕生日である。

(清水美早紀)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。