連載

年収700万円以上を稼ぐ女性はどんな仕事をしているのか?

【この記事のキーワード】
年収700万円以上を稼ぐ女性はどんな仕事をしているのか?の画像1

Thinkstock/Photo by TakakoWatanabe

 発言小町には独特の世界が広がっており、夫婦関係の相談をすればやたらと離婚のプロセスに詳しいコメントが寄せられたり、実家暮らしで働いていないまま40代に突入し婚活を始めたにもかかわらず相手に求めるスペックは異様に高い無謀な婚活男女が登場したりする。どのユーザーも匿名であり、書き込む内容の真偽も当然疑わしくなるわけだが、その実在を確かめるのは、ここ小町では無粋というものだ。だが今回はそんな小町に時折登場する年収700万円の女の存在について問うトピがあったので紹介したい。

年収700万円の女性の本当の正体は?

 トピ主(年齢・性別不明)はいきなりこうぶっこんだ。

「発言小町を読んでいると、普通に出てくる『自称年収700万円』と言う女性達、
もし本当なら もし見栄をはっていないなら
具体的な職業と、どのような経歴でその職業に着かれたのかを詳しく教えて頂けると嬉しいです。
なぜだか年収だけ書かれて職業が書かれていないことが多いので。
こんなにたくさん年収700万円の女性がいるなら、どうやってその職業に着けたのか参考にして、私も今より高収入になりたいです。
本当の事を出来るだけ具体的に教えて頂けると助かります」

「とにかく 発言小町は高収入女性や高収入男性が多いです。
私にとって 高収入とは年収500万円以上という意味です。
特に 女性で年収500万円以上稼いでいる方に憧れます。
年収700万円以上無くても、年収500万円以上稼いでいる方、回答をお願いします」

 なるほど、その存在を疑うという野暮なことはしないが、どんな仕事をしてその収入を得ているのか詳細を教えてくれないか、と問うトピである。また700という数字にはこだわらず年収500万円以上でもかまわない、とのことだ。

 さあ、我こそは高収入という女性たちのコメントが集まりまくった。彼女たちのスペックを順に見てみたい。

「看護師 経験30年超 管理職
夜勤をバリバリやれば、30そこそこで600万超える子もいる」

「ちょうど年収700万円です(税込)。アラフォーのOLです。
特別なスキルはありません。超一流というわけではない、そこそこの大学を出ました。コネもありませんでしたが、人並みに努力して一部上場の企業に就職しました。そこで、つつがなく普通に20年勤務すると700万円くらいの年収になるのです。
これで特別なスキルがある総合職なら1000万円くらいなんじゃないかと思います。
700万円くらいなら、特別な事をしなくても得られる収入だと思います。特に高収入な感じもないです。
これ、本当の事です」

 結局何をやっているのかよくわからないが高収入だというアピールか。

「20代前半女性、700万以上です。
見栄ははっていません。
職業はアクチュアリー(現在は海外勤務、日本でも資格と勤務経験あり)で、
自称ではなく国の定めるところの専門職です。
一度も試験を落としていないため、社内でも評価は得られています。
興味があれば調べてみてください。
数学が得意ならば道は開けるかもしれません。
とはいえ、いまは育休中で専業主婦状態、帰国中ですけどね。
半年で復帰する予定です」

 アクチュアリーは確かに年収1000万以上が基本の職種らしいが、20代前半で社内の評価が高くて育休中って人生ハイスピードで勝間和代のようだ。

「新聞記者です。額面では800万円くらいです。いろいろ引かれて手取りは600万円くらいだと思いますが

 新聞記者が夕方にコメントを書き込めるのか……

「年収700万だったのは過去の話で、今はもう少し増えてます。
仕事は建築設計業。
一級建築士で、個人事業主ですが、建築士事務所を開設しています。(中略)ただ、私は年収700万を超えるまで、17年かかりましたけど。
最初は下積みって感じで、就職したての頃は年収200万なかったです」

 これまでのコメントの中で一番リアルな感じがする……。どんどん紹介しよう。

「出産をきっかけに辞めました。
一部上場企業総合職。退職時は35歳・勤務13年・係長職でした。
税込で45/月、ボーナスは100×2回 ほど。
手取りだと550万くらいかなぁ」

「トピ主さんの求める年収ではありませんが、年収650万程度です。
40代前半、メーカーで海外営業事務と貿易事務のような仕事をしています。
ただ海外関係ってなると何でもやりますし、出張もありますので、一応総合職扱いでしょうか。
30歳前後で派遣で入り、2年後に正社員としてそのまま採用いただきました。
正社員になったばかりのときは、年収400万程度だったとおもいます」

「私はもうリタイアしていますが、大卒公務員で、40代で700万以上はあったと思います」

「年収900万(800-1000位で幅あり)、サラリーウーマンです。成果主義でそこそこ変動しますが、大体900万以上はもらえます。電子機器のハードウェアエンジニア技術職です」

「四大卒、業界大手SIerで技術者。プロジェクトのサブリーダーぐらい。
独身、30代で個人の業績評価は上の下ぐらい。会社の業績はまあまあ。
この頃はボーナス込みで額面700万を超えてましたね。
同世代の女性もそこそこいたけれど、皆そのくらいもらってたでしょう」

「年収700万円って高収入ですか?
広告業。3233歳くらいから600700万円です(売上に左右されます)。
有名私大を卒業して、大手人材広告会社に就職。
編集者として勤務した後、現在の会社に転職しました」

30歳当時、年収700万を少し超えるぐらいでした。
MARCH卒で、新卒で金融関連企業に就職し、チーフクラスのときの年収です。
月々の手取りは大したことなかったのですが、ボーナスが大きかったです。
スタッフ部門にいましたが、営業だろうが企画だろうがなんだろうが、
うちの会社のチーフクラスはこの年収でした。
残業は月30-40ぐらいだったかな?
今は専業主婦なので懐かしい思い出です」

「外資系客室乗務員です。
年収は700万円は超えます。
これからまだまだお給料は上がります。
日本在住ですが、仕事は外国拠点です」

2003年女子大卒
2003年金融業契約社員で新卒入社年収300万から450
2006年金融業地域型正社員で転職年収400
2010年昇格年収550
2014年昇格年収650
2015年管理職昇格年収750万」

「マスコミ、42歳、年収1600万、3人の子持ち。
大学は首席卒業だったので、就職氷河期でも職業は選び放題でした。
年収700万は入社2~3年目で実現してました。
私は進学校出身なので医者、弁護士、会計士、コンサルなど男女問わず高級職が多いです。
建築などは日本ではあまり稼げないので海外に出て年収4000万の女友達もいます。
35までに生涯分稼いで引退、ホテル仕様のマンションで悠々自適に暮らしてる友達が資産は一番持っていると思います」

「年収700万なら、保険年金税等、諸経費引かれて実質手取りは500万前後ってところですよ。簡単に見積もると『月収3035万、残業、ボーナスあり』って程度。
見栄を張る必要も無く、その程度の方が多いだけでは?
男性だって、自称年収1000万など山ほどいますが、あれも実質手取り7750万、月収で4550万前後、残業、ボーナスありというところでしょう。
男女共に、稼いでる自営業の方のほうが年収は多いと思いますよ。
(中略)
私はそれに該当しますが、外資系医療機器会社勤務、内勤40代です。
4大卒業後に、まだ支社を立ち上げたばかりの若い会社に入りました、
その後会社が急成長しただけですが、入社後の語学研修等もありましたし、
年収に見合う努力はしてきたつもりです。
査定が厳しいので、その年の評価によっては収入が上下することもありますので、無駄な散財が出来るわけではありません。
日本企業でもキャリアを積んで年数をお勤めの方や、資格職、総合職なら十分可能な範囲では?」

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

twitter:@watcherkyoko

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[amazonjs asin=”B00DMSWL2W” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”十年後の自分をつくる~非エリートのための着実キャリアアップ戦略~ ごきげんビジネス出版”]