エンタメ

成田凌の快進撃続く 『わろてんか』好青年から新米医師、大麻売人まで「出すぎ」状態

【この記事のキーワード】
成田凌『わろてんか』の好青年、大麻売人もハマる底なしの演技力。快進撃が止まらない!の画像1

成田凌 Twitterより

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』でヒロイン・てん(葵わかな)の息子・隼也役を務めた成田凌(24)。今後もさまざまな注目作品への出演が発表されており、立ち止まる気配は見えない。2013年からファッション誌『MEN’S NON-NO』(集英社)の専属モデルとして活動を始めた成田凌。徐々に演技の仕事も始め、2016年の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)では石田ゆり子の部下役だった。

 2017年のドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)では爽やか好青年と見せかけて“実はクズ”な役、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season』(フジテレビ系)では終盤ストーリーの鍵を握るフライトドクター候補生を繊細に演じ、『コード・ブルー』ファンの一部からは「もはや山Pじゃなくて、成田凌が主役?」との声があがるほど重要な役どころだった。ともかく、瞬く間に俳優として大ブレイクしたことは間違いない。

 『わろてんか』で成田凌演じる隼也は、大きな儲け話に乗っかって騙され店に大損失をもたらしたり、つばき(水上京香)と家柄的に許されない恋に落ちるなど、父・藤吉(松坂桃李)同じような道を歩み中。その姿に視聴者は一喜一憂、「隼也とつばきの悲恋が切ない」「隼也とつばきの恋の行方が気になる」との大反響も巻き起こった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。