連載

隠れストーカーたちは『偶然を装った』つきまとい行為を繰り返す

【この記事のキーワード】

「同じような方知ってます。
悩んで悩んで上司に相談しても、暫くしたら元の木阿弥。パートじゃなく正社員ですが、毎日怯えていらっしゃいましたね。
相手は病気なんです。
正直、仕事も求められていないから時間もある。会社からも厄介者扱いされてると思います。
効果があったかなと思うのが、オドオドしない、他の男性複数名とちょっとチャラそうにはしゃぐ、でしょうか。憶測ですが、向こうが勝手にガッカリしたんだと思います。
他の清楚そうな独身の女の子にターゲットが変わっただけですけど
トピ主さん、おとなしく、優しそうな雰囲気ではないですか?ちょっと鼻っ柱の強そうな女性を演出されてみては? その人の姿が見えたら下品そうにしゃべるとか、原色の服とか」

「私も過去2人につきまとわれました。トピ主さんがされたことにそっくりです。お気持ちお察しします。上司、同僚に相談して、同僚が本人に注意してくれましたが、ダメでした。公的機関に相談しても、特に対策もなく。愛着の対象、で調べてみて下さい。トピ主さん、納得いくと思います。残念ですが、退職するなど、その男性から物理的に距離を置くしか解決策はないと思いますよ」

「似たような被害にあったことがあるので、お気持ちわかります。こういう時って、最初は『私の思い込み?』『気のせいだよね』と思いたいので、自分にそう言い聞かせます。でも頻繁に続くと、無視できないほどあからさまな状況になります」

「ものすごくお気持ちわかります。私も現在進行形で同じような目にあっているからです。相手はお客さんなので何も言えないし、出来ません。もう何年も付け回されているので苦痛で仕方ありません。
でも、一番辛いのは、その状況を理解してくれない人がいることです。思い込みだとか勘違いだとか自意識過剰だとか。自分か経験していない、あるいは執着されてもさほど深く執着されたことがない人は軽く考えて、こちらに非があるように言います。
相手は病気なんだろうけど、本当に気持ち悪いし迷惑ですよね。そしてそれを理解しない、そのうえなぜだか嫉妬する人にも苦しめられます」

「新しく入った職場で、私の出勤にあわせてコピー室から出てくるということをされました。
45日くらい続いたところで、さすがにおかしいと気付きましたので、それまでは新しい職場に早く馴染もうと愛想よくしていた挨拶をやめ、無表情で俯きながらしたところ、待ち伏せは止まりました。
廊下ですれ違いのタイミングを合わせられるのは、ある時にすれ違った後に振り返ったら、バチっと目が合いました。
その時に私がつきまといに気付いている事を察したんでしょうね。その日から止まりました。
私の場合の相手は女性に人気があるタイプで、女性を引っ掛けているつもりだったんだと思います。だから、しつこくなかったんでしょうが、女性慣れしていないタイプだと、上手くいくかわかりません。
外見を派手にする事も効果があると思います。その手の男性はギャル系が苦手です」

 同様被害の多さに、本当に驚いた。こんな不気味なもらい事故で会社にいづらくなったり退職する羽目になるなんて、ひと事ながら腹が立ってくる。

 ただ、このようにコメントを集めてみるとある種の共通項があった。そのような行為を続ける人は「ギャル系」を嫌うというのだ。ろくに話をしたこともない女性に対して、最強に不気味なつきまとい行為を続けられるメンタリティは異常で、病みを感じる。とはいえ派手めの女性を敬遠するというその傾向には、自分の行為を大問題にはしないだろうという計算が働いているように思え、「病気なので仕方がない」では済まされなさそうだ。皆それぞれ上司に相談したり席替えをしたりしているが、どうも最も効果のある対処法は見た目を変えることのようだ。それもそれで腹立たしいが。

 また同じく多かったのが「気のせいではないか」というコメントである。こうした目線が、つきまとい行為を行なっている当人を増長させている構図だ。だが体験者によれば「上司からの忠告は短期間しか効かない」ことが共通している。これを「気のせい」で片付けることはできないだろう。本人たちは、「被害を大きく申告しなそうな」「清楚系」を狙い、相手や周囲が「気のせい」だと思うさじ加減を熟知したうえで行動しているのである。

 しかし今回のトピは本当に怖かった。この問題、いつかテレビ番組でちゃんとした特集を組んで大きく取り上げて欲しいとすら思ってしまった。悩んでいる人が想像以上に多そうだ。もちろんこれを一方通行の恋愛とか、笑い話としてバラエティ的に取り上げてはいけない。大迷惑行為であって、全然笑えないからだ。

 トピ主レスによれば、その後、夫と相談し退職を願い出たが上司に止められ席を替えてもらったという。しかし、未だにつきまといは続いているそうだ。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。