連載

パート主婦の収入を阻む6つの「壁」をざっくり解説。さらに見えづらい問題点も……

【この記事のキーワード】
パート主婦の収入を阻む6つの「壁」をざっくり解説。さらに見えづらい問題点も……の画像1

生き延びるためのマネー/川部紀子

 こんにちは! ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子です。

 2018年も3カ月が終わろうとしています。新年度に向けてアルバイトやパートという働き方を検討中の主婦の方もいらっしゃるのでないでしょうか。

 現在、夫の扶養の範囲内でパートをしている方も多いと思います。今回は、そんな方々に今一度確認してほしい税金や社会保険料について取り上げたいと思います。いわゆる「○○万円の壁」と言われる法律のルールです。最近は、毎年のように法律が変わって複雑になっています。

 細かい仕組みは大胆に省いて、できるだけ簡潔に結論が分かるようにお伝えしていきたいと思います。今回のテーマに男女の別は一切関係ないのですが、ここでは「夫が会社員、妻がパート」という夫婦で解説を進めていきます。また、「夫の年収1120万円以下」の夫婦を対象とします。

壁だらけ!100万円、103万円、106万円、130万円、150万円、201万円の壁

 主婦がパートをする場合、必ずぶつかる「○○万円の壁」問題。近年、続々と壁が増えており、考えるのも面倒になるほどです。

 まずは、ザックリ解説、オススメ対処法、その理由、支払いイメージを表に記載していきたいと思います。

20183月現在の法律で作成していますので、法律改正の際は注意しましょう。
※金額イメージは、所得税・住民税は年額ですが、健康保険・厚生年金は月額です。
※住民税は翌年に払います。
※夫の税金については、所得によって大きく違うので記載していません。
106万円の壁、130万円の壁は、年収+交通費で考えましょう。

1 2

川部紀子

ファイナンシャルプランナー(CFP® 1級FP技能士)。社会保険労務士。1973年北海道生まれ。大手生命保険会社に8年間勤務し、営業の現場で約1000人の相談・ライフプランニングに携わる。その間、父ががんに罹り障害者の母を残し他界。自身もがんの疑いで入院する。母の介護認定を機に27歳にしてバリアフリーマンションを購入。生死とお金に翻弄される20代を過ごし、生きるためのお金と知識の必要性を痛感する。保険以外の知識も広めるべく30歳でFP事務所起業。後に社労士資格も取得し、現在「FP・社労士事務所川部商店」代表。お金に関するキャリアは20年超。個人レクチャー、講演の受講者は3万人を超えた。テレビ、ラジオ等のメディア出演も多数。新刊『まだ間に合う 老後資金4000万円をつくる!お金の貯め方・増やし方』(明日香出版社)が発売中。

twitter:@kawabenoriko

サイト:FP・社労士事務所 川部商店 川部紀子】

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。