政治・社会

痴漢で遊んだ『ろんぶ~ん』に欠けていた企画の慎重さ

【この記事のキーワード】
痴漢で遊んだ『ろんぶ~ん』に欠けていた企画の慎重さの画像1

『ろんぶ~ん』(NHK)公式サイトより

 28日放送の『ろんぶ〜ん』(NHK)という番組で「痴漢」について取り上げられた。この番組は、『研究者が人生をかけて生み出した「論文」を“ロンブー”田村淳とともに楽しむ知的エンターテインメントショーである』とのことで、28日放送回の題名も「ロンブー淳と論文を楽しむ!「痴漢」のおもしろすぎる論文」というものになっていた。

 被害が軽視されがちな「痴漢」という性暴力がメディアで取り上げられること自体は歓迎できるものかもしれない。しかし、取り上げ方次第では、むしろいっそう痴漢被害を軽視する傾向を強化するものになりかねない。例えば以前、ニコニコワークショップが「どうすればいいんだってばよ!?男性のための痴漢対策ワークショップ」というタイトルの放送をしたが、痴漢被害をネタとして扱い、痴漢冤罪ばかりを強調する問題のあるものになっていた(女性の痴漢被害を笑い、男性の被害者意識だけを叫ぶ「男性のための痴漢対策ワークショップ」のおぞましさ)。

 『ろんぶ~ん』は、放送前の時点から番組コンセプトや告知などをみて、懸念や批判の声が数多くあがっていた。実際の放送はどうだったのか、番組の前半部分を中心に詳しくみていこう。

冤罪のイメージばかりが先行するのは危険

 番組は、ロンドンブーツ1号2号の田村淳氏が、収録後に感想を述べているシーンから始まる。アナウンサーから「さぁ、収録が終わりましたけど」とふられた田村淳氏は、収録を振り返り「痴漢をこんなに深く掘り下げて研究してる人がいるってことにまず驚きましたし、痴漢の語源ってあぁそうなんだーって感じましたし、あと自分のお尻の感覚に自信が持てなくなりましたね」と語り、笑っていた。

 続けて流されたVTRで、満員電車で痴漢を表現する映像と共に「イライラとムラムラが充満する満員電車」とナレーションが入ると、ワイプに田村淳氏が声をあげ笑う様子が映される。その直後、「そこに現れるのが痴漢」というナレーションが入ると表情を変え、「うーん」と真面目な顔で頷く。

 次に番組が街中で行ったと思われるアンケート調査の結果として、「痴漢被害にあったことがある 63%(10代から40代女性300人にアンケート)」というテロップと、女性たちが「キモいですよ、びっくりした」「実際に(痴漢に)あったら言えなくて」と答えるインタビューの様子が映される。

 その直後、「一方で痴漢に対する恐怖は男性にも。えん罪に怯えながら、日々電車に乗る」というナレーションと共に、「痴漢被害に間違われるのが怖い 70%(10代から40代男性300人にアンケート)」というテロップが映し出され、昨年、痴漢を疑われた男性が線路上を逃走する事件が多発していたことが触れられる。

 先ほど例にあげた記事に限らず、痴漢問題が取り上げられると「痴漢被害」よりも「痴漢冤罪」に注目されてしまう傾向がある。もちろん、冤罪は絶対にあってはならないことだ。痴漢被害と痴漢冤罪、どちらの方が辛いかなどと比べられるものではないだろうし、冤罪の辛さが矮小化されることはあってはならない。

 しかし、痴漢について取り上げる際に必ずといっていいほど、被害そのものよりも冤罪に注目するような取り上げた方をするのはいかがなものだろうか。痴漢被害の実態や、訴えにくさなどをあまり伝えることなく、冤罪についての情報が先行してしまうと、痴漢被害に遭っている被害者が「冤罪だ」と言われることを懸念して言い出せず、被害の更なる潜在化を推し進めることにならないだろうか。

 『ろんぶ〜ん』は先のVTRの最後で、「女性にも男性にも迷惑な痴漢」とテロップを流していた。おそらく、女性に比べて痴漢被害に遭いづらい男性に、自分事として「痴漢」について考えてほしいという意図なのだろうが、このVTRでは痴漢被害よりも痴漢冤罪のことをまっさきに考える男性の方が多いのではないだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。