ライフ

あびる優や大堀恵、小倉優子の子育て方針と他人への不寛容

【この記事のキーワード】
あびる優や大堀恵、小倉優子の子育て方針と他人への不寛容の画像1

Thinkstock/Photo by bee32

 子どもを連れて公園やショッピングモールに出かけた時、他の親子の振る舞いが気になったり、子ども同士のトラブルでの対応に悩んだりすることは、どこの家庭でもあるだろう。はやりのInstagramでも、おしゃれママさんがおしゃれな写真と一緒にその手のモヤモヤを書き込み、胸のうちを吐露するのを時々見かける。“わざとじゃないけどふざけている友達に巻き込まれてケガをして…大したことなかったんだけど相手からの謝罪はないんだよね……”とか、そんな具合だ。同様の内容を、母親である芸能人がブログやインスタに綴ったりした時の反響はなかなか大きい。最近では、あびる優(31)や元AKB48大堀恵(34)がインスタに公園での出来事を投稿し、話題になっていた。

 タレントのあびる優が、324日に更新したインスタで、公園で座っている長女(2)の写真を3枚載せ、1枚目には「ママは甘やかさないよ」「強く逞しくなってね」、2枚目には「それもこれも人生勉強よ。」、3枚目には「涙目で耐えてたね!!」「誰かにお砂をかけられても誰かに押されても優しくガマンした××(子の名前)頑張ったよ」と書いてある。さらにキャプションには「強く逞しく優しい女性になってね 私はあえて近づかなかったです。本当に危険な時は御節介ババアになりますが、子供には子供社会がありますからね、。 胸は苦しかったけど、いつか娘が逆の立場になることもあると思うから。いじめちゃったりいじめられちゃったりとかさ」ともある。あびるが子ども同士のトラブルに親としてどう対応しているか、という話だ。

 あびるが取った対応を巡って、例によってネット上では賛否の声が上がった。ここでいう対応とは、砂をかけられるなどした長女に敢えて近づかなかったこと、および、長女がそんな状況にいるのに写真や動画を撮っていたことだ。甘やかさず見守る教育方針に「素晴らしい」「同感!!」「頑張ってください」「砂をかけていた子の親は注意してほしい」といった“賛”と、そんな状態の長女を撮っていたことに「胸が苦しいのに動画取るって引く」、静観していたことに「目に入ると危険だから他人の子でも注意すべきでしょ」「相手に注意しなかったことで、我が子がやってもいいと勘違いするかもよ」といった“否”。感情的な批判コメントや、彼女に対して「ろくに育児していないくせに」と根本から否定的なネットユーザーもいる。

 また、元AKB84SDN48所属で現在は3歳の長女を育てる大堀恵は、326日のブログで公園でのマナーについて言及した。「小さな子供でもけっこう放置をしているパパママがいて驚きました」「お砂場でも子供同士のトラブルがあったりと ちょっとヒヤヒヤ」「何度か道路に飛び出しそうなヨチヨチ歩きのお子さんを止めたりと、ちょっと心配になってしまいました」と綴ったところ、やはりネットで賛否が飛び交った。「わかる、そういう親がいるとこっちがヒヤヒヤする」といった“賛”と、「自分はどうなの」「人の振り見て我が振り直せ」といった“否”。こういった反響を受けて、大堀は328日付のブログで“謝罪”した。

1 2 3

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

最新版らくらくあんしん育児 (よくわかる)