エンタメ

今井翼、坂口憲二…相次ぐ難病での無期限活動休止も、奇跡の復活を遂げた欅坂46センターの希望

【この記事のキーワード】
今井翼、坂口憲二が立て続けに難病で無期限活動休止も、病から復活を遂げた欅坂46も!の画像1

タッキー&翼 オフィシャルサイトより

 人気タレントが相次いで病による活動休止を発表している。3月28日にはタッキー&翼・今井翼(36)が、3月31日には俳優・坂口憲二(42)が事務所を通じて無期限の活動休止と、5月末で所属事務所・ケイダッシュを退社することを発表した。

 このたび「メニエール病」再発が発覚した今井翼。2014年にも今井はメニエール病を発症し入院治療して仕事復帰を果たしていた。メニエール病とは厚生労働省の特定疾患に指定されている難病で、めまいや難聴、耳鳴りなどが主な症状。ジャニーズ事務所は29日に「Johnny’s net」で、「治療に専念し、一日も早く皆さまに元気な姿をお見せできるように、当面のお仕事をお休みさせていただくことになりました」と報告した。具体的な復帰時期に関しては不明で、今井翼が主演を予定していた6月公演の音楽劇『マリウス』は代役を立てての公演となる。芸能界では過去に、久保田利伸(55)や八代亜紀(67)、ハイヒールモモコ(54)らがメニエール病にかかっていたことを明かしている。加護亜依(30)も今から10年ほど前に「メニエール病みたい」とブログに綴っていたが、彼女の場合は後に「疲労でした」と訂正している。ハイヒールモモコは、20代で発症し治療によって完治したと思われたが40代で再発した際に病気を公表した。

 今井翼は「当面のお仕事をお休みさせていただく」としているが、それでもファンは心配に胸を痛めている。坂口憲二に関しては「無期限の活動休止」で所属事務所からも退社するというから、ファンの悲哀はいっそう深い。坂口は「特発性大腿骨頭壊死症」という病気にかかっており、こちらも難病に指定されている。坂口は2014年夏に結婚しているが、同時期、右股関節に激痛を覚え複数の病院で診察を受けたところ、右股関節に水がたまっていると診断されたとして1カ月ほどの休養をとっている。当時は痛々しい松葉杖姿を週刊誌に撮られていた。しかし実際は前述の通りの難病だった。メディア各紙に送った書面で、坂口は「手術を受け、約3年間で症状は以前より軽減されましたが、いつまた悪くなるかわからない状態でいざ仕事となったときに自分の力をセーブしながら続けるのも困難だと考え、この度の結論に至りました」「しっかり体調を戻してから、自分のできることをやっていきたいと思います。それが表現の世界なのか、また全く違った世界なのかは、今現在はわかりません」とコメント。昭和を代表する歌手・美空ひばりも、晩年に特発性大腿骨頭壊死症にかかっていたことが知られている。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[amazonjs asin=”4093964211″ locale=”JP” title=”滝沢秀明+今井翼写真集 1+1=∞”]