エンタメ

AKB48コンサート転落事故で指原莉乃が失言炎上! 問われる安全なステージ運営

【この記事のキーワード】
AKB48コンサート転落事故で指原莉乃が失言炎上! 問われる安全なステージ運営の画像1

指原莉乃Twitterより

 AKB48グループのコンサートで発生した出演者の転落事故が、現在、議論を呼んでいる。331日に行われたHKT48のコンサートと、翌41日に行われたAKB48のコンサート(どちらも会場はさいたまスーパーアリーナ)において、アリーナ上に設けられた3メートルほどの高さの花道から出演者が転落。HKT48の秋吉優花(17)が足の薬指と小指の中足骨を骨折し、AKB48の稲垣香織(20)は頭蓋骨の後部にあたる後頭骨を骨折した。稲垣の怪我は命に関わる危険な場所だが、AKB48劇場支配人を務める細井孝宏氏のツイッターによると、入院中ではあるものの意識もはっきりしており、快方に向かっているという。

 現状では、不幸中の幸いにも大事には至らなそうではあるが、一方で、この事故に関する指原莉乃(25)のツイートが大炎上している。42日、彼女は、AKB48グループ総監督の横山由依(25)による〈事故防止策をスタッフの方々と改めて練り、再度、全力のパフォーマンスをみなさまにお届けしたいと思います〉とのツイートを引用リツイートするかたちで〈対策も何もないです、こればかりはステージに立つ人間が気をつけるしかないです。イヤモニでずっと「落ちないでね!気をつけてね!」と声がけはしてくれてます。気を引き締めてステージ立ちましょ!〉とツイート(すでに削除されている)。さらには、〈本人たちは絶対に自分の不注意だってわかってるから。。なんでも運営運営ていうのは違うんですよねえ。。〉ともつぶやいた。

 確かに、事故防止に際して演者の注意も大事ではあるが、それにしてもあんまりなタイミングでのツイート内容に大炎上。また、指原は〈対策も何もない〉と言うが、事故が起こったメインステージとサブステージをつなぐ花道は道幅が狭く、転落防止柵や手すりなども備え付けられていない。パフォーマンス中は近くの席のファンに気を配りながら花道を進むことを考えると、転落防止柵や手すりはあっても良さそうなものだ。

細い足場とイヤモニ問題

 また、これとは別にファンの間では、指原のつぶやいた「イヤモニでの安全管理」にも疑問が指摘され始めている。というのも、SKE48の須田亜香里(26)がライブ配信サイト「SHOWROOM」(41日配信分)にて、イヤモニに指示を送るスタッフから「いま、どこどこ走ってる、誰だあれ! めっちゃ前と隙間空いてるぞ!」と怒られた、と語っているからだ。

 須田は「細い通路のところ、細い花道のところはちょっと怖くて」「足場とギリギリ人の顔を見ながら歩いてたから」と話し、「ああいう大きいコンサート会場ではイヤモニをつけてるんですけど、みんなでゾロゾロ歩くときに、私、本当に足場怖くて、オドオドしながらゆっくり走ってたら、『いま、どこどこ走ってる、誰だあれ! めっちゃ前と隙間空いてるぞ!』ってイヤモニで怒られて。『でも無理だし』って思いながら(歩いていた)」と、実状を明かしている。

 さらに彼女はこれに続けて「多分、スタッフさんも注意はしたものの、安全を確保するのが大事ってのはわかってくれるから『まぁ、いいか』と思って、図太く行きましたそこは。安全第一を私は死守しました」と言うが、耳元でスタッフから「めっちゃ前と隙間空いてるぞ!」なんて怒号が飛んできたら動揺してしまい「図太く」ゆっくりは行けずに焦るメンバーもいることが想定され、かえって危険だろう。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

[amazonjs asin=”B0794T5NR1″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”51st Single「ジャーバージャ」初回限定盤”]